Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
チェコ・Pardubiceの「Pardubický Porter Original Dark Beer」

 この日飲んだのは、チェコ・Pardubiceの「Pardubický Porter Original Dark Beer」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「オキノタユウ」。

 グラスに注ぐと、色は、一見黒っぽい、暗い褐色。アロマは、濃色モルトによる、しっかりとしたトースト香。香ばしく、外国製のミルクチョコレートを思わせる香りにも感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはフルに近いミドルレベル。しっかりと強いモルトの甘味、コクを感じ、さらにモルトの焦げ苦さメインの強い苦味をかなりつよく感じます。
 甘味もかなりしっかりなのですが、苦味もかなりしっかりです。バランスが取れてるというよりは“両方大盛り”といった感じ。
 アルコール分は8%と、なかなか強めのポーターで、しっかりと飲んだ充実感があります。というか、量的にも500mlと多いので、量的な意味でも飲み応えがありますね。この8%の焦げモルト感を500mlも飲むと、なかなかな感じです。苦味の余韻もしっかりです。夜遅い時間なのに、このビールに負けない、しっかりめのフードが食べたくなってしまいました(ガマンしました)。

「Pardubický Porter Original Dark Beer」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:8%
○内容量:500ml
○原産国:チェコ
○製造者:Pivovar Pardubice
http://www.pernstejn.cz/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

イギリス・Magic Rock Brewingの「CANNONBALL INDIA PALE ALE」

 この日飲んだのは、イギリス・Magic Rock Brewingの「CANNONBALL INDIA PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、坂道AKB「誰のことを一番愛してる?」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、ややオレンジ色がかったような、明るめの褐色。アロマは、わずかに土っぽく、“青い”印象の、少しシトラス系なホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは、かすかにしっかりめのライト。口に入れると、軽快な柑橘系なホップフレーバーを感じますが、口に入れると、フレーバーよりも先に、結構強い苦味を感じます。うあ、苦い。
 モルト感もありはしますが、それを遥かに上回る強い苦味。モルトの甘味なんて印象に残りません。とにかく苦いす。 ただ、苦味がトゲトゲしくはないので、その辺は、モルトによる下支えがあるからかなと思います。
 当然ながら、後口には、結構いつまでも苦味の余韻が残り、フィニッシュもとにかく苦い。目が覚めるなぁ。 私の好み的には、ちょっと苦過ぎですが、好きな人はかなり好きなんだと思います。

「CANNONBALL INDIA PALE ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:.%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス
○輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:Magic Rock Brewing
(https://www.magicrockbrewing.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

フィンランド・LAPIN KULTAの「CHRISTMAS BEER」

 この日飲んだのは、フィンランド・LAPIN KULTAの「CHRISTMAS BEER」。おもいっきり時期外れですが、その名のとおり、クリスマスビールです。確かによく見ると、ラベルの左上には、サンタクロースのソリが描かれてたりとクリスマス感が満載。ていうか、フィンランドといえば、サンタクロースの“本場”ですもんね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、FINNTROLL「Under Bergets Rot」。

 グラスに注ぐと、色は、概ね透明な、暗褐色。焦げ茶色です。アロマは、固い印象のホップの香り。モルトの香ばしさもあるように思いますが、かなり控えめかなと。
 飲むと、炭酸刺激は細やかでしっかり。ボディはライトで、控えめなホップのフレーバーと、少しだけ香ばしいモルトのフレーバーを感じます。苦味はそれほど強くはありませんね。

 じっくり飲んでいると、ホップの控えめなフレーバーとモルトのフレーバーと甘味がバランスよく感じられ、なかなか美味いす。聞くところによると、スタイルはミュンヘナーらしいですが、ミュンヘナーは私の好きなスタイルの一つでもあります。
 クリスマスビールといえば、高アルコールでストロングな“winter warmer”的なものが多いように思いますが、こういう、飲みやすくて適度に飲み応えのあるクリスマスビールはいいですね。個人的には、こういう方が好きです。

「LAPIN KULTA CHRISTMAS BEER」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:4.6%
○内容量:350ml
○原産国:フィンランド
○輸入者:株式会社 廣島
http://www.worldbeer.co.jp/
○製造者:LAPIN KULTA
(http://www.lapinkulta.fi/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・ALLTECH'S LEXINGTON BREWINGの「KENTUCKY BOURBON BARREL ALE」

 この日は、仕事で出かけた帰りに、少しだけ飲んだのですが、気になってたものがあったので、それを飲んで帰りました。飲んだのは、アメリカ・ALLTECH'S LEXINGTON BREWINGの「KENTUCKY BOURBON BARREL ALE」。オーク(樫)製のバーボン樽で熟成させたビールです。
 店内の照明の関係もあり、正確な色はよく分かりませんが、グラスに注ぐと、濁りがある褐色な感じ。アロマは、モルトの甘味を予感させる香りと、少しだけアルコール香もあるかな。
 飲むと、口当たりはまろやかで、ボディはフルボディに近い印象。でも、飲んでいると、意外に、飲み口はあっさりしてるような気も。
 バーボン樽に限らず、ウイスキー樽で熟成させたビール自体は、最近ではそこまでレアではなくなってきた感もありますが、個人的には、ウイスキー樽熟成のビールというと、アルコール分が10%越えのバーレイワインみたいなのが多いイメージがあります。このKENTUCKY BOURBON BARREL ALEは8%なので、ウイスキー樽熟成ビールの割には、それほど強くはないというか、優しい印象ですね。
 とはいえ、8%といえば、そこそこのアルコール分ですから、当然、飲み応えは十分。バレルエイジドの熟成感と、ほどほどの飲みやすさを両立したビールとも言えるように思います。

「KENTUCKY BOURBON BARREL ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:8.0%
○内容量:12FL.OZ.(355ml)
○原産国:アメリカ
○輸入者:ユーラシア・トレーディング株式会社
http://www.eurasiatrading.co.jp/
○製造者:ALLTECH'S LEXINGTON BREWING CO.
(http://www.kentuckyale.com)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・PIZZA PORT BREWINGの「GRAVEYARD'S PALE ALE」

 この日飲んだのは、アメリカ・PIZZA PORT BREWINGの「GRAVEYARD'S PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Stitched Up Heart「Grave」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのあるカーキブラウン。アロマは、とてもジューシーな印象の、柑橘系なホップの香り。アロマからして、これぞアメリカンIPAって感じです。ちょっと青い感じの、土っぽいホップの香りもあり、そこがまたアメリカン。
 飲むと、口当たりは軽いのですが、すぐに、強い炭酸刺激と、かなりつよいホップの苦味をガツンと感じます。
 モルト感もありますが、苦味がそれを遥かに凌駕しているので、印象は、ただとにかく苦いです。 アルコール分は6.2%と少し高め。強い苦味と高めのアルコールの印象が強く、ボディがよくわからなくなってしまう感もありますが、ボディは、多分ミディアムくらいなのかな。でもややライトめな感もあります。

 しかし苦い。後口には、余韻なんてかわいいレベルでない、とても強い苦味がいつまでも残ります。うぁー苦いよ。苦い。
 かなりガツンとやられるアメリカンIPAです。個人的好みでは、そこまで苦いビールを求めないので、私にはちょい苦過ぎでしたが、ホップヘッドな皆さんには、たまらないビールでしょうね。

「GRAVEYARD'S PALE ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.2%
○内容量:16FL.OZ.(1pint=473ml)
○原産国:アメリカ
○輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
○製造者:PIZZA PORT BREWING CO.
http://www.pizzaport.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.