Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」

 この日、飲んだのは、島根県・びあヘルン(島根ビール)の「檸檬Weizen」。広島県尾道市瀬戸田町のレモンが使われてます。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「スカウトマン」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、やや暗めのレモンイエローぽっい色。カーキ色っぽい、明るい褐色とも言うかな。アロマは、酸味を予感させる、何と言うか、ストレートに言うと「レモン果汁っぽい」ような香り。そこに少しだけ控えめに、クローブっぽい香りを感じる辺り、ベースがヴァイツェンなんだなということを感じさせます。
 飲むと、酸刺激は細やかで、ボディーはライト。モルト感はとても軽く、甘味を感じるより前に、レモンの酸味…いや、実際は酸味が強いのではなく、レモンのフレーバーが強いのかな。ベースのヴァイツェンの、クローブ的なフレーバーに、レモンのフレーバーがプラスされて、独特の爽やかなフレーバーになっています。なんというか、ほぼレモンな感じにも思えなくもないですが(笑)
 爽やかでフルーティなフレーバーで、缶のラベルにも書いてありますが、肉の香草焼きや、魚の塩焼きなんぞと合うかもしれませんね。ちなみに、「魚の塩焼き」のところに、( )して「のどぐろ、…」って書いてあるあたり、島根のご当地感を感じました(笑)

「檸檬WEIZEN(レモン・ヴァイツェン)」
◯原材料:麦芽(小麦麦芽含む)、広島県産レモン(果皮、果汁含む)、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:島根ビール株式会社(島根県)
http://www.shimane-beer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・FULL SAIL BREWINGの「IPAPAYA PAPAYA PAPAYA INDIA PALE ALE」

 この日、飲んだのは、アメリカ・FULL SAIL BREWINGの「IPAPAYA PAPAYA PAPAYA INDIA PALE ALE」。なんだか、思った以上に写真が暗い気がしますね。すんません。
 ちなみに、この日のビールタイムは、乃木坂46の推しメン2人(斎藤ちはる、相楽伊織)が卒業発表したニュースの録画をBGM代わりに観ながら…(傷心)。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁りというより、霞みのあるカーキ色っぽい褐色。アロマは、おっ!と少し驚くぐらい、トロピカルな印象です。まさにこれはパパイヤですね。独特な、華やかでトロピカルな香りを感じます。

 飲むと、口当たりは意外にまったりとした感じ。ボディーはライトです。
 飲むとすぐに、パパイヤなフレーバーが トロピカルに溢れ、同時に、軽いけど、しっかりとした苦味を感じます。アルコール分は6.2%とややしっかりめですが、フレーバーのせいか、さらりとイケる感じに思えます。口には、苦味と共に、少しアルコール感があるかな。
 これからの季節、夏に向けて、イメージぴったりのビールですね。なかなかいい感じです。

「IPAPAYA PAPAYA PAPAYA INDIA PALE ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ、香料
◯アルコール分:6.2%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社友和貿易
http://www.yuwatrade.com/index.html
◯製造者:FULL SAIL BREWING COMPANY
(https://fullsailbrewing.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

Far Yeast Brewingの「Nightcrawler NORTH EAST IPA」

 この日、飲んだのは、東京都渋谷区に本社をおく Far Yeast Brewingの「Nightcrawler NORTH EAST IPA」。副原料として、オーツ麦麦芽とオーツ麦(麦芽でなく)が使われています。このビールを醸造している「源流醸造所」は、山梨県に所在しているようです(当ブログのカテゴリーとしては悩ましいところですが、Mikkellerの場合も、実際の醸造所がある国で分類してるので、今回も「ビール系(信越・北陸)」として分類させていただきます)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、打首獄門同好会「布団の中からでたくない」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、結構暗めの褐色。アロマは華やかで爽やか、シトラスっぽくもありつつ、とても華のあるホップの香りです。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ホップのフレーバーが、個性と共に、清涼な印象で感じられ、続いて、モルトの味わいに下支えされたホップの苦味をしっかりと感じます。
 まったりとした飲み口なのですが、甘味の印象は強くはなく、フィニッシュは、ホップのしっかりとした苦味の余韻です。わずかにスパイシーな印象があるような気がするのは、オーツ麦によるものかな?
 アルコール分は6.3%で、飲み応えもしっかり。実際には、モルト量も多いはずですが、ホップの苦味とのバランスがいいですね。苦味がしっこりとしていつつも、まろやかな味わいが楽しめました。美味いす。

「Nightcrawler NORTH EAST IPA」
◯原材料:大麦麦芽、オーツ麦麦芽、オーツ麦、ホップ
◯アルコール分:6.3%
◯内容量:330ml
◯製造者:Far Yeast Brewing株式会社(本社・東京都、醸造所・山梨県)
(http://faryeast.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

デンマーク・Mikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」 製造はベルギーのブルワリー

 この日、飲んだのは、デンマークのコントラクトブルワリーMikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」。Mikkellerは、自前の醸造所を持たず、他の醸造所と委託契約(contract)して製造して(もらって)いるブルワリーです。このビールの製造者は、ベルギーのDe Proefというブルワリーのようです。なのでベルギー産ですね。
 スタイルは「Belgian Pale Ale with Yuzu juice added」。つまり、柚子果汁を加えたベルジャンペールエールだそうです。しかし、なんで「らーめんビール」なんでしょう。テーマ自体は分からなくもないですが、Mikkellerがなぜこのテーマでビールを作ったのかは謎です(笑)  → と、思ってたら、このビールのブランドサイトを見たところ、どうやらMikkellerは、デンマークでラーメン店の経営もやってるみたいです。このビールを出してるのか…?!?!。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SILENT SIREN 「天下一品のテーマ」。

 グラスに注ぐと、色は少し霞みのある、やや濃いめの褐色。アロマは、爽やかと言うか、スパイシーと言うか、不思議な印象の、独特の香りです。どうやら、これが柚子由来の香りのようですね。オレンジピールに近いような、そういうタイプの香りです。
 飲むと、ボディはライトで、すぐに独特の、爽やかかつ、スパイシーな香りを感じます。確かに、柚子かもしれん…。最初に、ホップのややしっかりめの苦味が感じられ、その後、モルトの軽い味わいを感じます。で、その後に、また苦味が戻ってくる感じ。
 んー個人的には、ラーメン食べながら飲むなら、ピルスナーとか、ライトラガーとかそのへんかなと思ったりするんですが、なぜ、柚子入りのベルジャンペールエール? ラーメンに合うとは思わないんだけど…ちょっとよく分からないです。

 ちなみに、原材料として、普通の酵母(yeast)のほかに、“brettanomyces”というものが使われているようです。この酵母は、ワイン作りの世界では、ワインにオフフレーバーをもたらす存在として知られている(忌避されている)そうで、ビールの世界では、ベルギーのランビック酵母(自然酵母群)から分離される酵母として知られているそうです。この酵母を、あえてビールに使うことの利点などはよく分かりませんが、ハッキリと原材料として記載されているので、何か意味があるんでしょうね。

「らーめんビール(らーめんとビール)」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、柚子ジュース、酵母、brettanomyces酵母
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:De Proef Brouwerij(ベルギー)
◯企画者:Mikkeller(デンマーク)
(http://mikkeller.dk/)
(http://ramentobiiru.dk/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・ANCHOR BREWINGの「BREWERS' PALE ALE NELSON HOP BLEND」

 この日、飲んだのは、アメリカ・ANCHOR BREWINGの「BREWERS' PALE ALE NELSON HOP BLEND」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「Return to Zero」。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞みのある、カーキブラウン。アロマは、とても清涼な印象の、洗練されたシトラスのようにも感じるホップの香りです。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、口当たりは意外に、少しばかりのまったり感もあったりしますが、ボディーはライトです。
 口に入れると、すぐにしっかりとしたホップの苦味を感じます。苦味はしっかりとしていますが、IPAのようにガツンとくるようなわけではなく、しっかりとしていつつも、落ち着いた感がありますね。
 アルコール分は5.3%ですが、比較的軽く飲める印象です。苦味はしっかりで、後口にも、苦味の余韻はじわじわと残ったりしますが、バランスが取れていて、なかなか美味しいです。
 飲みやすいし、バランスが取れてる中でも、ちゃんとホップも主張はしてくるし、美味しい ペールエールだと思います。

「BREWERS' PALE ALE NELSON HOP BLEND」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.3%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:三井食品株式会社
http://www.mitsuifoods.co.jp/
◯製造者:ANCHOR BREWING CO.
(http://www.anchorbrewing.com)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.