fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ベルギー産「Ichtegem's OUD BRUIN」をホットビールとして GOLDEN GARDENにて

12月12日(水)の日記2
 仕事の懇親会で飲んだこの日の夜。最後に、中央通りそばにある、いつものビアバー「GOLDEN GARDEN」にちょっとだけ立ち寄りました。
 この夜は週の真ん中の割にはお客さんが多かったようで、カウンターの一番手前側に座りました。注文したのは、冬の企画として先日からはじめられていた「HOT BEER」。ホットビール用というわけではなく、マスターがチョイスされた3銘柄、「OLD PECULIER」(イギリス)、「Lindemans Tea Beer」(ベルギー)、「Ichtegem's OUD BRUIN」(ベルギー)の3本からチョイスできるとのことだったので、私は飲んだことが無かった「Ichtegem's OUD BRUIN」を選択しました。

 ホットビール用グラス(Liefmans Gluhkriekのもの)でじっくりと頂いたホットビールは、ぬるくは無いけど熱々でも無いという絶妙の温度で温めてありました。ホットの「OUD BRUIN」を飲むと、最初にホットな酸味が少しキュンときました。そして酸味の後には、コクと軽い甘味、そして苦味が少しだけ。じっくりゆっくり飲んでると、なかなか結構、体が温まりますね♪

 私が選んだこのビールの場合、それ自体、酸味をもつビールをホットで飲むことになるので好みは分かれるかもしれませんが、温めて飲む「グリューワイン」にも酸味はある(あちらの方が、よりスパイシー)ので、これくらいなら普通に問題無いような気がします(好みの問題)。
 もともとヨーロッパでは、(地方にもよりますが)ビール(エール)やワインを温めて飲む習慣もあり、専用の温め器具(Ale Warmer)もあったくらいですから、イメージ的には日本の熱燗のようなものでしょうか。確かに温まります♪
 ホットビールで温まった後は、時間も遅かったため、珍しくさっさと帰宅しました。体が冷え切る前に帰宅したいですしねw
 
「Ichtegem's OUD BRUIN(イヒテヘムズ アウトブライン)」
○原材料:麦芽、小麦、ホップ、酵母、砂糖
○アルコール分:5.5%
○内容量:250ml
○原産国:ベルギー
○輸入者及び引取先:株式会社きんき
http://kinki.mnc.to/index.html
○製造者:BROUWERIJ STRUBBE
http://www.brouwerij-strubbe.be/

(↓楽天でゲット♪ 1本\470♪)


みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます

にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
ホットビールは知りませんでした。
これは早速お店に行って試してみないと・・・と思っても今は繁忙期なので年内は無理。
トホホ!
寒い間はまだありますよね。
2007/12/17 (月) 16:44:03 | URL | ゾウアザラシ #5wnbzLc.[ 編集]
>ゾウアザラシ さん
ホットワインなら売ってることもありますが、ビールの場合はそうゆう売り方は、まずしてませんもんね
このサーブの仕方は珍しいのは確かです

いつまでかは聞いてませんが、寒い間はやってると思いますよ多分w
2007/12/17 (月) 21:05:58 | URL | Water Dragon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.