fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
バー「BAR AIL AIN II」は輸入ビールの穴場!? イギリス産「SAMUEL SMITH OATMEAL STOUT」
昨日も一日中バタバタしておりまして、夜は飲んでダウンしたため、更新できませんでした。なので今頃更新ですw
 実は水曜日の夜、バトゥブランの後に、もう1軒 別のお店に寄り道してたので、そのお話を。


 この夜、最後に立ち寄ったのは、(広島市中区)中央通り沿い、ビルの二階にあるバー「BAR AIL AIN II(アイルアイン2)」。姉妹店である「BAR AIL AIN」と共に、比較的、雑誌とかにもよく紹介されてるので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 店内は細長いスペースになっており、長いカウンターがあります(店内の端の方には、最大7人、11人くらい座れるテーブル席も有り)。私は、カウンターの一番奥の席に座りました。

 最近、知人にカクテルが飲める雰囲気のいい店を聞かれたのですが、昔はカクテル好きでバーに行ってた時期もあったものの、最近はもっぱらビールの人になってるため、あまり店名を挙げられませんでした。なので、久々にこの系のお店で飲ってみようと考えたわけです。

 さて、そんな理由で入ったこのアイルアイン2ですが、メニューを見て驚き。ありましたよ、輸入ビール。それも結構珍しいものが。比較的定番のコロナやバスペール、ベックス辺りの定番、シメイ赤といったメジャーどころの他に、なかなかマニアックなものがいくつかありました。
 最近は輸入ビール置いてる店も確かに増えたので、定番的なものなら珍しくはありませんが、ここのはなかなか。


 私が飲んだのは、イギリス産「SAMUEL SMITH OATMEAL STOUT」(\850)。スタウトらしい色と口当たり。コクと共に酸味も有り。
 飲みながら、店の雰囲気を楽しみ、お店の方との軽いお話も楽しみました。

 OATMEAL STOUTを飲んだ後は、この夜の〆として、久しぶりにカルバドス「BOULARD X.O」(林檎の蒸留酒)のロックを頂き、ほどよくいい気持ちで帰宅しました。ただ雰囲気とカクテル目的で訪れたバーで、思いがけず外国ビール発見。輸入ビールの穴場を見つけてしまいました♪


「SAMUEL SMITH OATMEAL STOUT」(サミュエルスミス オートミール スタウト)
○原材料:大麦麦芽、ホップ
※(水、大麦麦芽、砂糖、焙煎大麦、酵母、ホップ、オートミール、海藻由来清澄剤、二酸化炭素)
○アルコール分:5度
○内容量:355ml
○原産国:イギリス(イングランド)
○輸入者及び引取先:日本ビール株式会社
http://www.nipponbeer.jp/

※ 日本語表示ラベルには、原材料は大麦麦芽とホップしか記載されていませんでしたが、元々の英語ラベル表示を見ると、これだけたくさんの原材料が記載されていました。原材料としての「水」は表示省略が可とされているにしても、その他の原材料くらい、まともに表示してほしいものですね。

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
Water Dragonさん、こんばんわです。
「BAR AIL AIN II」はいいBARですよね。
私の好きな薬草系やナッツ系のリキュールもいろいろあったりして、ごく、たまに行ってます。
何気にフードも美味しいですよ。
それにしても、輸入ビールも何種類かあったんですね。
全く、気づきませんでしたぁ・・・・・・。
2007/03/10 (土) 21:51:34 | URL | じゅえい #mQop/nM.[ 編集]
>じゅえい さん
こんばんわー^^

品揃えは結構いろいろあるようですね
私もメニューを全てしっかり見たわけじゃありませんが、輸入ビールのほか、カルバドスも、この夜飲んだもの以外にさらに2銘柄くらいあったのが密かに嬉しかったりw
今度、飲み会の二次会とか三次会とかで、人を連れてってみようかなとか思います
このお店でも、気づかないうちにすれ違ったりするかもしれませんねw
2007/03/10 (土) 22:26:06 | URL | Water Dragon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.