fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒの「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」

 この日、飲んだのは、アサヒの「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」。ファミリーマートだけの限定商品らしいです。缶ラベルによると、ピルスナー&エール2種類の麦芽100%の絶妙ブレンド」だとか。え? ピルスナーにエールをブレンドしたってこと? それとも麦芽が2種類使われてるってこと? なんだかよくわからん→と思ったら、いずれも麦芽100%のピルスナーとエールをブレンドしたものだそうです(総合的つっこみは後述)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Время и Стекло「VISLOVO」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。やや濃い色ですね。アロマは、ちょっと硬い印象のホップの香り。少しモルトの甘さも予感させるような香りです。
 飲むと飲み口はマイルドで、ボディはライト。口当たりは、結構柔らかく感じます。軽いモルトのコク、甘味を感じつつ、おとなしくも硬い印象のホップのフレーバーと、特段強いわけではないけど、実はじわじわと結構来るホップの苦みを感じます。 後口のは、やはりじわじわとホップの苦味の余韻を感じます。
 まあビール自体は……普通っちゃ普通な印象。“ピルスナー”と“エール” のブレンドが 効果的に作用しているのかと言うと、どうなんでしょうね。

 さて、改めて“ピルスナー&エール”っていう書き方についてですが、まず、 ピルスナーエールという二つの言葉は 同じ基準でビールを表す言葉ではありません。現在のビールは、醸造に使用する酵母の種類によって、大きく分けて、主に“ラガー”と“エール”という、大きなカテゴリーに分けられます。
 ピルスナーというのは、大きなくくりであるラガー系のビールの中の1つのスタイルに過ぎません。一方で、エールというのは、ラガーという言葉に対応する大きなくりのビールのカテゴリー分けを表す言葉です。
 ビール専門店などで、ビールに詳しくない人に説明するときに、例えば「ワインに白ワインと赤ワインがあるように、ビールにもラガーとエールという分け方があって……」という説明がよく聞かれますが、まさにその通りです。

 ビールの大きな種類分けの対比で表現するのであれば、ピルスナー&エールと書くのではなく、ラガー&エールと書くべきでしょう。ピルスナーは、ラガーのうちのひとつのスタイルでしかありません。エールという大きな括りとの対比で書くのであれば当然、ラガーと書くべきだと思いますが、その辺は消費者に正しく情報を伝える事の必要性を感じていないっていうことなのでしょうね。
 もしかしたら、この場合の“エール”は、エールの中の1つのスタイルである“ペールエール”のことを指すのかもしれませんが、(大多数はその辺のことをよく知らない)消費者に対して、正しい情報を伝えず、勝手に省略するなんて、責任ある大手メーカーとしてどうなのかなと思いますね。まあ、個人的感想ではありますが。

「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー37kcal, たんぱく質0.2-0.6g, 脂質0g, 炭水化物2.0g,糖質2.0g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0-0.02g
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.