FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」

 この日、飲んだのは、アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」。「隅田川ブルーイング」というのは、20年以上前に設立されたアサヒビールの子会社で、クラフトビールの製造・販売や、他のクラフトビールメーカーに醸造指導などをしてきたブランドです。この商品は、隅田川ブルーイングの製造ではなく、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品」だそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(西野七瀬)「つづく」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、ゴールド。ほんのわずかに濃いめかな。アロマは、穀物っぽいと言うか少しシリアルっぽいようなホップの香り。
 飲むと、口当たりはさらりと柔らかく、意外にモルトを感じますが、炭酸の刺激の関係なのか、一部の国産大手のビールでも感じられるような、なんというか、酸味ではないけど、そんな感じ(どんな感じ)の味わいもあるような気がします。
 軽いモルト感と味わいの後に、軽い苦味を感じますが、苦味は大して強くありません。世の中のヴァイツェンより、やや苦いかなといったくらいの苦味です。後口には、弱い苦味の余韻が、それでもじわじわと残る感じです。
 缶には、「華やかなコクと爽やかな後味」と書いてありますが、言葉自体の意味も、飲んだ実感も、正直、ちょっと分かりにくいです(笑)

 まあ、飲みやすいビールだと思います。なんというか、グイグイ飲む感じの…。10年くらい前、東京で、当時、アサヒビールの子会社だった(株)隅田川ブルーイングのカフェで、ビールを飲んだことがありますが、そのときのビールは、もう少し個性的だったような気もします。
 現在も、「隅田川ブルーイング」というブランドは存在しているのですが、別個の会社としてまだ存在してるのか、ちょっとよく分かりません。一応、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品です」となってるので、開発自体は、「隅田川ブルーイング」がやってるようです。よく分かりませんが、今回飲んだビールは、何と言うか、“アサヒっぽい印象”も強く感じました。それが悪いとは言いませんが、昔飲んだときはどうだったかなと思いつつ。いろいろ振り返ってあれこれ考えながら飲んでしまいました。

「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー44kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質3.3g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.