FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・三島ファームの「穂波安納 (オリジナルエール)」

 この日、飲んだのは、島根県・三島ファームの「穂波安納 (オリジナルエール)」。製造元の地元である島根県浜田市産の安納芋を使用したビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「細雪」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、何とも不思議な黄土色っぽい褐色、というか、蜂蜜色というか、そんな色です。
 アロマは、ちょっと硬い印象のホップの香りと、それと一緒になって感じられるというか、その向こうにあるというか、何か違った香りを感じます。芋っぽいような、芋っぽくないような感じですが、おそらく芋由来の香りではないかと思います。特別おかしな香りではないです。
 飲むと、飲み口は軽く、ボディはライト。おとなしめにホップのフレーバーが少し感じられ、同時に、猿とは異なる香りアロマにもあった何かてんてんてんおそらく芋由来の香りを少し感じます。
 確かに、ラベルには、「こんなにも安納芋を使用したクラフトビールはないのではないかと思えるほど、たっぷり使用しています」と書いてあるくらいなので、量的にかなりの芋が使われてるんでしょうね。独特の副原料感には、好き嫌いがあるところですが、まあ、これもある意味、地産地消なのでしょう。
 芋を使った国内のクラフトビールといえば、コエドの「紅赤」が比較的メジャーな気がしますが、まあ、それに近いといえば、それっぽいのかな。まあ、私自身も、意外に「紅赤」をそんなに頻繁に飲んでいるわけではないので、比べてどうなんだと言うと、ちょっとよくわかんないとこありますが、芋のキャラクターがあるといえばあるような気はします。

 やはり、食べ物に合わせるなら、サツマイモ料理なんでしょうね。スイートポテトとか、さつまいもの天ぷらとか、そういうものには合わせやすいのかなという気はします(スイートポテト食べながら、あまりビールは飲まないけど)。しかし、以前も書きましたが、この三島ファームは、最近開業したばかりのブルワリーですが、ほんと変わったスタイルばかり作ってますね。1回、現地に行ってみたいような気もしますが、浜田は遠いんですよねぇ。

「穂波安納 (オリジナルエール)」
◯原材料:麦芽、さつまいも、ホップ
◯麦芽使用率:50%以上
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社三島ファーム(島根県)
(http://mishima-farm.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.