FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
キリンの「一番搾り 匠の冴 氷点下熟成」

 この日、飲んだのは、キリンの「一番搾り 匠の冴 氷点下熟成」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Aldious「愛しい男」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、それなりに清涼感のある、穀物系、シリアル系なホップの香りです。
 飲むと、口当たりは普通にスムースで、とても控えめだけど、シリアルっぽいホップのフレーバーを感じ、モルトの軽いコクを感じつつ、ホップのそこそこの苦味を感じます。飲んでると、ホップのフレーバーの印象が少し変わり、干し草っぽさも出てくるかな。
 苦味は特別に強いわけではないけど、程よい感じ。飲み口はスッキリしてますが、後口の印象は意外に苦味の印象が強い感じかな 。でも、結構飲みやすいし、普通に美味しいのかなという気がします。苦味とモルト感のバランスは、軽い方のベクトルでランスが取れていて、程々のビールらしさもあるし、普通に美味しいかな。
 「氷点下で熟成させた」っていう部分にどれぐらいの意味合いがあるのかよく分かりませんが、栄養成分表示をよく見ると、100ml当たりのエネルギーは39kcalと書いてあります。この手の国産大手のビールの100ml当たりのエネルギーは、だいたい45kcalぐらいが多いので、そういう意味ではちょっとだけライトなのかな? ほんの少しだけどね。

「一番搾り 匠の冴 氷点下熟成」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー39kcal,たんぱく質0.3-0.6g,脂質0g,糖質2.3g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.