Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ニュージーランド・Renaissance Brewingの「Little Ripa Session Red IPA」

 この日、飲んだのは、ニュージーランド・Renaissance Brewingの「Little Ripa Session Red IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、伊藤万理華「はじまりか、」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、結構暗い褐色。焦げ茶色です。アロマは、濃色モルトの香ばしい香りと、清涼な印象の、わずかにハーブっぽいような気もするホップの香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、意外にひかえめな香ばしいフレーバーと、ホップのフレーバーを感じます。
 色と香りからは、もっとモルトの甘みが強いのかなっていう予想もありましたが、飲み口が軽く、意外にあっさり。
 アルコールは、4.7%とわずかに軽め。確かに、セッションレッド IPAなのかな。飲み口が軽いのに、意外にコクを感じました。個人的には、こういう軽いのが好きなので、嬉しくはあります。軽いけど、ほどほどモルト感もあるってのがいいですね。

「Little Ripa Session Red IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4.7%
◯内容量:330ml
◯原産国:ニュージーランド
◯輸入者:コルドンヴェール株式会社
◯製造者:Renaissance Brewing Company
(http://www.renaissancebeer.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.