fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
神奈川県・サンクトガーレンの「el Diablo Barley Wine(2012)」

 さて、お呼ばれして宴会に参加した話の続きです。私が持ち込んだビールは、2本あったのですが、1本目のイタリア産「CURMI」を 飲んでしばらくした後、2本目のビールも、栓を抜きました。
 2本目は、神奈川県のサンクトガーレンが毎年リリースしている“名物”バーレイワイン「el Diablo Barley Wine(2012)」。2012年に購入し、冷蔵庫に入れていたのですが、特別な時に飲もうと思いつつ、なかなか飲むタイミングがつかめず、なんだかんだで、あっという間に5年たってしまいました。既に、いつ飲んだらいいか、自分でもよく分からなくなってたので(笑)、この機会に持ち込ませていただきました。

 さて、グラスに注ぐと、色は、少し濃いめの褐色。アロマは、すごく控えめで清涼な、わずかにハーブ感というか、いい感じに爽やかなフレーバーを感じます。柑橘系なホップのフレーバーもあるのでしょうが、あまり柑橘感はないですね。
 飲むと、ホップの爽やかなフレーバーを感じます。アルコール分は、10%と高いので、モルト感、甘味はもちろん、飲み応えもありますが、飲み自体は、意外に軽く、するするとイケます。苦味もそれほど強くは感じられません。製造時のデータでは、IBU(ホップ由来苦味成分値)は91もあるのに、さすがに5年も寝かせてただけあって、すごく丸く、マイルドになってますね。アルコール分は10%もあるのに、超飲みやすいです。おかげさまで、好評を博して、あっという間になくなってしまいました(笑)

「el Diablo Barley Wine(2012)」
◯原材料:麦芽、ホップ(Nugget、Cascade、Chinook)、酵母
◯アルコール分:10%
◯IBU:91
◯内容量:300ml
◯製造者:サンクトガーレン有限会社(神奈川県)
http://www.sanktgallenbrewery.com/
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.