Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」

 この日飲んだのは、岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、大森精子「オリオン座」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、わずかにオレンジ色がかった褐色。アロマは、バナナ香というか、ヴァイツェンらしいしっかりとしたクローブ香を感じます。
 飲むと、口当たりはまったりと柔らかく、ボディはしっかりめなミドルレベル。しっかりなクローブフレーバーを感じ、まったりとした飲み口とモルトのコク、6%という高めのアルコール分もあり、飲み応えもしっかり。いい感じでじっくり飲めますね。
 銀河高原ビールだけあって、いつも普通にヴァイツェンらしさのあるものを作ってくれます。こういうスタイルのビールを手軽に手に入れられるようになったのも、比較的メジャー(厳密な定義はおいといて)なクラフトブルワリーのおかげでしょう。最近では、“大手クラフト”と“小規模クラフト”に分かれてきたようにも感じますが、自然に住み分けができてるのでしょうか。国内では、最近また新たなクラフトブルワリーも増えてきたようで、次なる波が来つつあるように思います。増えたら増えたで、また大変ではありますが、作り手の意地で頑張ってほしいものです。

「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」
○原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ
○アルコール分:6.0%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー60kcal,たんぱく質0.9g,脂質0g,糖質5.4g,食物繊維0.3g,ナトリウム1mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.