Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
島根県・石見麦酒の「セゾン744」
2016,08,22_blog
 この日飲んだのは、島根県・石見麦酒の「セゾン744」。使用麦芽は、大麦と小麦の両方を使用。また、米などの糖質副原料のほかに、柚子が使われているようです。柚子の産地は、益田市の真砂地区で、その地区には日晩山(ひぐらしやま)という山があるそうなんですが、「セゾン744」の“744”は、日晩山の標高なんだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、藍井エイル 「翼」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、やや暗い、くすんだようなカーキ色。アロマは、クローブを思わせる、小麦系ビールな香りを感じます。この香りの中のどこかには、柚子の香り要素も入っているかも。
 飲むと、口当たりはマイルドで、細やかな炭酸刺激を感じます。やはりクローブっぽいような、そして少しハーブっぽいフレーバーを感じます。モルトの味わいがありつつも、さっぱりとしたクリスピーな印象があるのは、副原料の米によるものでしょうね。

 アルコール分は4.5%と軽めで、さらりとイケますが、軽いだけでなく味わいもちゃんとしる感じ。爽やかな香りもいいですね。

「セゾン744」
○原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米、ホップ、柚子
○アルコール分:4.5%
○麦芽使用率:50%以上
○内容量:330ml
○製造者:株式会社石見麦酒
(http://www.iwami-bakushu.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.