Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
オーストリア・ザルツブルクのブルワリーGUSSWERKの「BLACK BETTY」
2016,03,20_blog
 この日飲んだのは、オーストリア・ザルツブルクのブルワリーGUSSWERKの「BLACK BETTY」。ホップだけでなく、ニガヨモギなど複数のボタニカル系な副原料が使われたビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ギガ200「200ギガあげちゃう!」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、結構暗い褐色。アロマは、弱いものの、やや爽やかな印象のホップの香りと、濃色モルトによるかすかに香ばしい香りを感じます。
 飲むと、ボディは軽めのミディアムくらい。ホップのフレーバーはかなり弱く、モルトの香ばしさも、それほど強くはない様子。それらの複数の香り要素が合わさって、ひとつの印象を形作っているようですが、なにかスパイス(ほどではないのですが)のような香りがあるような気もするのですが、あるっていうほどの強さでもないように思います。
 苦味は弱く、モルトのコクはありつつも甘味は強いわけでもありません。全体印象として、色の割りには、サラリとあっさり飲めるビールですね。
 なんだか不思議。
 ニガヨモギなど、いろいろな副原料が使われてますが、意外にそれほど主張はしてないのかなといった印象でした。おもしろい。

「BLACK BETTY」(有機農産物加工酒類)
○原材料:麦芽、ホップ、ニガヨモギ、カキドオシ、イワミツバ、セイヨウナツユキソウ
○麦芽使用率:50%以上
○アルコール分:5.4%
○麦芽使用率:50%以上
○内容量:330ml
○原産国:オーストリア
○輸入者:合同会社グローバルグロサリー
(http://www.glgr.co.jp/)
○製造者:AUS DEM BRAUHAUS GUSSWERK
(http://www.brauhaus-gusswerk.at)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.