Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サッポロが製造、プレミアムブリューなる会社が販売してる「クラフトラベル Wheat Ale 爽やかに香る小麦のエール」
2015,10,14_blog
 この日の夜に飲んだのは、サッポロが製造、プレミアムブリューなる会社が販売してる「クラフトラベル Wheat Ale 爽やかに香る小麦のエール」。プレミアムブリュー社は、サッポロの100%子会社だそうです。会社名や「クラフトラベル」というブランド名からして、いかにもクラフトビール“ブーム”を機に作った会社なのかなという印象を受けますが…。
 通常、サッポロは“販売者”として表示されているので、“製造者”として表示されているのは珍しいですね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID 「Don't Let Me Down」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、華やかなタイプではあるようだけど、かすかなホップっぽい香りを感じます。
 飲むと、アロマと同様のホップ?らしきフレーバーが少し…。のど越しには、少しだけ、軽い苦味をわずかに…、というよりたいして苦くはないかな。後口には、もしかしたらウィート的な香り?という余韻のような香りを、わずかに感じられるような、感じられないような…。

 これは何でしょう。ウィートエールといいつつも、ウィートの個性がほぼ(たいして)感じられません。缶には、「爽やかさ」が5段階で4、「シトラスの香り」が5段階で2として記載されてます…。どのくらいが最大値の5なのかという問題はありますが、個人的には、爽やかさは3くらいかなぁと。
 つうか、ウィートエールでシトラスの香りをアピールするのね。いわゆるウィートエールのハーブ香やオレンジピールの香りを「シトラスの香り」と表現したかったのか? でもそもそもこのビールの原材料は麦芽(大麦、小麦)とホップだし。ホップの香りも弱いし。
 うーむ、何を目指して「ウィートエール」を謳ったのか。これなら、「小麦を使った(ちょっと)爽やかなエール」くらいにしとけばいいのに。

 現実問題として、大手メーカーは、一般消費者に対する発信情報量、影響力が多大なので、「ウィートエール」と謳うのであれば、一般消費者が飲んで、はっきり「ウィート」の個性を感じられるようなものを作ってほしいなぁ…というのが正直なところです。

「クラフトラベル Wheat Ale 爽やかに香る小麦のエール」(限定醸造)
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.5g,脂質0g,糖質3.7g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:ジャパンプレミアムブリュー株式会社
(ブランドサイトhttp://www.craftlabel.jp/)
○製造者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.