Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
イタリア・Birra Del Borgoの「ARCHEO BIRRA ETRUSCA」
2015,09,04_blog
 この日の夜に飲んだのは、イタリア・Birra Del Borgoの「ARCHEO BIRRA ETRUSCA」。古代に、ワイン作りに使われた“テラコッタ”(素焼き)の壺で熟成させたビールだそうで。ただテラコッタで熟成させただけではなく、原材料には、変わり種のフルーツやナッツが、かなりいろいろ使われています。
 ラベルには、よく見ると、ぱっと見、ルーン文字っぽい文字で何やら書いてあります(ラベルの下の方)。が、よく見ると、よくわからない文字もあるので、完全なルーン文字ではなく、“ルーン文字っぽい”文字なのかもしれません。"ETRUSCA"とは、"エトルリアの~"という意味なので、古代文明的な雰囲気作りのためなのでしょうか。イタリアなのに、なぜルーン文字っぽくなってるのかは不明(笑)
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、映画「イタリアは呼んでいる」の予告編をBGM替わりに。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある明るめのカーキブラウン。アロマは、とても甘い印象の、でも酸味のようなものも予感させる複雑な香り。原材料にもなっている、レーズンのような、ザクロのような、ドライフルーツを思わせる香りを感じます。
 飲むと、まずはしっかりと強い酸味。アロマで予感できた印象よりもはるかに強い酸味だったので、少し驚きました。微細な炭酸刺激と合わさって、さらに酸味を強く感じるかも。なかなかのサワー感。
(注:このボトルの底には、ワインボトルなどと同様に、凹み(=澱を沈殿させて避けるためのもの)があるので、製造者は“澱を全て注いで飲むこと推奨していない”と判断し、底の方の澱は注がずに飲みました。)

 ボディは、多分、ミドルレベル。多分というのは、強い酸味と炭酸刺激で、なんだかボディが分かりにくいのです(笑)
モルトの甘味、コクもあるのですが、酸味の厚い壁の向こうにある感じで、基本は酸味ですね。フレーバーは、やはりレーズンやドライ柑橘のような、香りです(柑橘類は使われてませんが)。
 後口にあるフレーバーは、やはりザクロによるものなのかな? 苦味はあるとは思いますが、やはり酸味の影に隠れた感じかも。

 しかし、10%という、ランビックなどよりも強いアルコール分により、酸味だけでなく、飲み応えもあります。が、酸味のおかげで、アルコール分はそれほど強くは感じない気もします。飲むのに相応しいシチュエーションを考えてしまうと難しいかもしれませんが、面白いビールです。

「ARCHEO BIRRA ETRUSCA」
○原材料:麦芽、はちみつ、レーズン、ざくろ、ざくろジュース、ヘーゼルナッツ、リンドウ根エキス、ホップ、イースト、糖
○アルコール分:9.3%
○内容量:330ml
○原産国:イタリア
○輸入者及び引取先:ホブゴブリンジャパン株式会社
http://www.hobgoblin.jp/
○製造者:Birra del Borgo
http://www.birradelborgo.it/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.