Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ドイツ・Reichenbrand醸造場の「Original Ritterguts Gose」
2015,04,25_blog
 この日は、ドイツ・Reichenbrand醸造場の「Original Ritterguts Gose」を飲みました。あまり一般的ではありませんが、「ゴーゼ」というスタイルですね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、dxgxllo「El amo del calabozo」。

 グラスに注ぐと、色は結構な濁りのある、やや暗めの褐色。 飲むと、モルトの甘さを一瞬感じた後、ジワッと、だけどハッキリとした酸味を感じます。
 不思議な酸味を感じつつ、モルトの甘味、コクもやはり感じるので、酸味だけだ尖ってるといった印象ではありません。

 初めて飲むと、少し驚くかもしれませんが、少し爽やかで、コクもある独特の味わいは、なかなかに面白く、とても印象に残ることでしょう。
 酸味は、本物のランビックほどではなく、まだ飲みやすいレベルだとは思います。とはいえ、以前飲んだ際には、もう少し酸味が際立ってたようにも思うので、少し寝かせてしまったがために、ちょっとおとなしくなってしまった可能性はありますね。

「Original Ritterguts Gose」
○原材料:大麦、小麦麦芽、酵母、ホップ、食塩、コリアンダー
○アルコール分:4.2%
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者及び引取先:
○製造者:Brauerei Reichenbrand
http://www.brauerei-bergt.de/
http://www.leipziger-gose.com

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.