Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・Ballast Pointの「HABANERO SCULPIN」

 この日の夜に飲んだのは、アメリカ・Ballast Pointの「HABANERO SCULPIN」。通常の「SCULPIN」ではなく、「HABANERO SCULPIN」。そう、なぜかあの“ハバネロ”を使ってしまったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ALESTORM 「Hangover(Taio Cruz Cover)」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、ややオレンジ色がかった褐色。アロマは、ジューシー感のある、柑橘系なホップの香り……ですが、よく香ってみると、その中に、スパイシーな唐辛子のような香りを感じてしまいます…。

 飲むと、最初の一瞬こそ“普通”っぽくはありますが、口に含んで一瞬の後、突如としてビリビリと強い辛さを感じます。一応書いとくと、ホップの柑橘系フレーバーはしっかりする(はずな)のですが、そんなことはどうでもよくなるくらい辛い。

 ぐわぁぁぁぁぁ辛い。辛い。辛い。激辛です。

というより、ビール飲むのに、こんな辛さを感じるなんて想定してないので、かなりツラい。ぐあぁぁ……

 一口飲んだだけでも、かなり辛く、いつまでも口がヒリヒリします。口周りだけでなく、胃の辺りも妙な温かさが…。
 一言感想を言うなら………「まったく、なにしてくれるだよ…」

「BALLAST POINT HABANERO SCULPIN」
○原材料:麦芽、ホップ、ハバネロ
○麦芽使用率:95%以上
○アルコール分:7.0%
○内容量:12FL.OZ.(355ml)
○原産国:アメリカ
○輸入者及び引取先:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
○製造者:BALLAST POINT BREWING COMPANY
http://ballastpointbrewingandspirits.com/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.