Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ドイツ・SCHLOSSBRAUEREIの「Holledauer Weisse」(ホレダワー・ヴァイス)

 この日は、ドイツ・SCHLOSSBRAUEREIの「Holledauer Weisse」(ホレダワー・ヴァイス)を飲みました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、GLORYHAMMER 「Angus McFife」。

 グラスに注ぐと、色は、まさに"白濁"というレベルの色と不透明感で、ミルクセーキのような色です。注ぎ方が下手だったのに加え、カメラの用意に手間取ってしまったので、泡が落ち着いてしまいました。
 アロマは、まさにクローブといった感じの香りです。いわゆるバナナ香はほとんど感じられませんが、ヴァイツェンとしては、ベーシックな感じ。
 飲むと、アロマと同じく、クローブフレーバーをしっかりと感じ、コクと合わせて、はっきりとした酸味を感じます。炭酸刺激は比較的細やかな印象です。
 飲み口としては、少しトロみがあり、酸味もあわせて、なんだか「濁り酒」のような印象ですね。ある意味、好みが分かれるところかもしれませんが、ヴァイツェンの幅を感じる1本でした。

「Holledauer Weisse」(ホレダワー・ヴァイス)
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.3%
○内容量:500ml
○原産国:ドイツ
○輸入者及び引取先:株式会社徳岡
http://www.tokuoka.co.jp/
○製造者:SCHLOSSBRAUEREI
http://www.auer-bier.de/index.php
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.