Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サッポロの限定醸造商品「百人のキセキ 至福のブラウンエール」

 この日の夜に飲んだのは、サッポロの限定醸造商品「百人のキセキ 至福のブラウンエール」。缶には、「ビール愛好家約12,000人とサッポロがSNSで協働開発した~」と書いてあります。ちなみに、"エール"ですから、ちゃんと「上面発酵」だそうです。

 グラスに注ぐと、色は、透明でやや赤みがかった褐色。アロマは、わずかに柑橘系なホップの香りらしきものを感じます。
 飲むと、炭酸刺激はやや強め。ホップのフレーバーを感じますが、香りの中の柑橘感は、アロマほどはハッキリとは感じられないような気がします。のど越しには、しっかりと、かなり強い苦味を感じます。モルトのコクは感じますが、苦味が強いため、モルトの甘味はほとんど印象には残りませんでした。
 アルコール分は7%と高く、飲み応えはかなりあります。アルコール感が強く、ホップのフレーバーをやや脅かすほどですが、アルコール感が去った後には、少しホップ感が戻ってきますね。
 苦味は強いです。IBUがいくらなのか分かりませんが、かなり苦い。
 ゆっくりと飲んで、室温に馴染んでくると、だんだんとモルトの甘味を感じられるようになってきますが、それでも、苦味はしっかりですね。

 ホップの香りはともかく、ここまで苦味が強いということは、「ブラウンエール」とはいっても、イギリススタイルではないようです。アメリカスタイルのブラウンエールには、苦味が強いものもあるようですが…。アルコール分の高さといい、苦味の強さといい、「IPA」として出されても違和感はないかもしれません。個人的好みではないけど、客観的には、これはこれで有りかと。

 「ビール愛好家12,000人」の意見がどんなものだったのかは分かりませんが、ビール愛好家だったらこそ、なおさら、「IPA(高アルコール)ブーム」、の影響があったのかも…。「苦い」、「高アルコール」という個性は、愛好家の方々の意見が反映されたものだと思いますが、個人的には、「ブラウンエール」という「スタイル的着地点」が、ビール愛好家の皆さんの意見から導き出されたものかどうかは、疑問に感じてしまいます(あくまでも個人的感想ですが)。
 「IPA」でも良かったように思いますが、大手の販路で一般販売するには、確かに「わかりにくい」かもね。

「百人のキセキ 至福のブラウンエール」
○原材料:麦芽、ホップ
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー58kcal,たんぱく質0.6-1.0g,脂質0g,糖質4.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
○アルコール分:7%
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.