Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
山梨県「富士桜高原麦酒」の「ピルス」
2014,03,08_blog
山梨県「富士桜高原麦酒」の「ピルス」 (2014.3)
 今回のビールは、山梨県「富士桜高原麦酒」の「ピルス」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Impelliteri 「Stand In Line」。

 富士桜高原麦酒の商品は、操業以来「500ml瓶」でしたが、つい先日から、「330ml瓶」に変更になりました。富士桜高原麦酒はもちろん美味しいのですが、いかんせん500mlだと、その分価格が高めだったのは事実なので、個人的には、330mlになったのは嬉しかったりします。

 され、グラスに注ぐと、色は概ね透明なレモンイエロー。アロマは、軽やかかつ、少し穀物っぽさ、シリアルっぽさのある印象のホップの香りです。
 飲むと、アロマよりもやや干し草っぽい感もあるホップのフレーバーと、ほどよいモルトのコクを感じます。のど越し前後には、しっかりとした苦味を感じます。後口には、苦味の余韻が意外に後を引き、なかなかにしっかりと、ちゃんとしたビールといった印象です。
 相変わらず、富士桜のビールは手堅く美味いすね。

「富士桜高原麦酒 ピルス」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:%
○内容量:330ml
○製造者:富士観光開発株式会社(山梨県)
http://www.fuji-net.co.jp/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.