Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
スコットランド・BREW DOGの「BAVARIAN WEIZEN」
2014,02,blog1 (2)
2月某日の日記 (2014)
 さて、「Hoegaarden SPECIALE」を飲んだ後、勢いついてもう1本。続いて飲んだのは、スコットランド・BREW DOGの「BAVARIAN WEIZEN」。「ヴァイツェンといいつつも、ヴァイツェンらしからぬ1本」らしいとの話を聞いたので試してみました。

 グラスに注がれると、色は。飲むと……バナナやクローブな香りはほぼ皆無で、代わりに、ホップの荒削りなフレーバーと、結構な苦味を感じます。後口は、やはり結構強い苦味の余韻。苦い。
 アルコール分の高さから、最初はボックっぽい印象だったけど…。飲んでいくうちに、後口に残るホップの強い苦味がどんどん、さらに強くなっていき…後口はIPAを飲んだときの後口以外の何物でもないかと(笑)
 面白いけどなぁ…(笑)

「BAVARIAN WEIZEN」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.3%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス(スコットランド)
○輸入者及び引取先:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:BREW DOG BREWERY
http://www.brewdog.com
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.