Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・SHMALTZ BREWINGの「CONEY ISLAND ALBINO PYTHON」
2013,08,04_blog
8月4日(日)の日記 (2013)
 この日の夜に飲んだのは、アメリカ・SHMALTZ BREWINGの「CONEY ISLAND ALBINO PYTHON」。「WHITE LAGER BREWED WITH SPICES」と書いてあるので、小麦とスパイスを使ったラガーのようなビールなのかもしれません。

 グラスに注ぐと、色は少し濁りのあるカーキブラウン。色度数は、6SRMくらい。わずかに生姜のようなアロマを感じます。
 飲むと、口当たりはスムースですが、炭酸刺激はそこそこ強め。やはり生姜っぽいフレーバーと、そこに小麦っぽいフレーバーを感じます。モルトのコクと、のど越しには軽い苦味を感じ、後口には再び生姜っぽいフレーバーが蘇ってきます。
 爽やかというほどではありませんが、スパイシーな味わいのビールです。

「ALBINO PYTHON WHITE LAGER BREWED WITH SPICES」
○原材料:麦芽、ホップ、水、ジンジャー、他香辛料
○麦芽使用率:94%以上
○アルコール分:6%
○内容量:355ml
○原産国:アメリカ
○輸入者及び引取先:有限会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
○製造者:SHMALTZ BREWING COMPANY
http://www.shmaltzbrewing.com/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.