Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サンクトガーレン「Un Angel Wheat Wine」(ウン・アンヘル ウィート・ワイン)
2012,11,16_blog
11月16日(金)の日記 (2012)
 この日は、ワイン、ボジョレー・ヌーボーの解禁日ですが、今年もボジョレーと同じく解禁になったビールがあります。神奈川県のサンクトガーレンが作る、バーレイワイン(麦で作る、ワインのようなビール。ワインではありません)がそれですが、今年は例年お馴染みの大麦原料の「El Diablo Barley Wine」(エル・ディアブロ 悪魔の意)の他、新たに小麦を原料とした「Un Angel Wheat Wine」(ウン・アンヘル 天使の意)がリリースされました。毎年、ボジョレーの解禁日に合わせて発売され、日本各地のビアパブなどで樽が解禁になります。

 ということで、この日の夜に飲んだのは、「Un Angel Wheat Wine」の方。グラスに注ぐと、色は濁りのある、深い暗褐色。アロマはビロードのような艶やかなホップの香りと、小麦のものらしき香り。飲むと、抑え気味でありながら厚みのあるホップのフレーバーと、独特の小麦由来と思しきフレーバー。余所のウィートワインとは結違う印象です。
 サンクトガーレンの個性がよく出てるウィートワインといったところですね。今年からの限定の新定番。来年以降も、毎年の味わいが楽しみです。

「Un Angel Wheat Wine」(ウン・アンヘル ウィート・ワイン)
○原材料:麦芽、ホップ、酵母
○アルコール分:9.5%
○OG:1.092
○IBU:55
○使用ホップ:Nugget、Cascade、Chinook,
○内容量:300ml
○製造者:サンクトガーレン有限会社(神奈川県)
http://www.sanktgallenbrewery.com/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.