Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
醸造場所は岡山県 「吉井高原ビール ドイツの森 Adel Munchen」(アーデル・ミュンヘン)
2012,08,25_blog
8月25日(土)の日記 (2012)
 この日の夜に飲んだのは、「吉井高原ビール」の「ドイツの森 Adel Munchen」(アーデル・ミュンヘン)。ラベルをよく見ると、「製造場」は岡山農業公園ドイツの森クローネンベルクとなっていますが、「醸造者」(会社)としては、株式会社ファームっていう愛媛県の会社が記載してあります。醸造場所は岡山県ですが、メーカーとしては今は愛媛県のブルワーになっているようです。

 さて、グラスに注ぐと、色は概ね透明なブラウン。アロマは、香ばしいモルトの香りです。飲むと、穏やかなモルトのフレーバー、ほのかなモルトの甘味とコクを感じます。苦味はほとんど感じられません。モルト感が支配的ですが、重くはありません。穏やかな味わいで好きなタイプですね。普通に美味しいです。

「吉井高原ビール ドイツの森 Adel Munchen」(アーデル・ミュンヘン)
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:500ml
○製造者:株式会社ファーム(愛媛県)
http://www.farm-group.jp/
※製造場:岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク(岡山県)
http://www.farmpark.co.jp/doitsunomori/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.