Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
ベルギー産「Keizer Karel Charles Quint Blond」(カイザーケーレル・チャールズクイント・ブロンド)
2012,02,01blog
2月1日(水)の日記 (2012)
 この日の夜に飲んだのは、ベルギーの「Keizer Karel Charles Quint Blond」(カイザーケーレル・チャールズクイント・ブロンド)。グラスに注ぐと、色はほぼ透明なゴールド。ただし、結構な澱が漂ってます。
 アロマは、花のような、フルーティーな香り。飲むと、フルーティーさは意外に控えめで、炭酸刺激は強く、のど越しから後口にかけて結構強い苦味を感じます。後口には、苦味の余韻をしっかり感じますね。
 8.5%のアルコール分もあり、飲み応えもかなりしっかり。飲み始めたときには既にちょっと眠かったので、飲み終えたときにはかなりの眠気が…。飲み終えた後は、早々に就寝してしまいました。

「Keizer Karel Charles Quint Blond」(カイザーケーレル・チャールズクイント・ブロンド)
○原材料:麦芽、トウモロコシ、ホップ
○アルコール分:8.5%
○内容量:330ml
○原産国:ベルギー
○輸入者及び引取先:ユーラシア・トレーディング株式会社
http://www.eurasiatrading.co.jp/
○製造者:Brouwerij HAACHT
http://www.haacht.com/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.