Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
キリン「アイスプラスビール」 今回は氷を入れてみた
2011,08,22_2301~01
8月22日(月)の日記 (2011)
 この日の夜に飲んだのは、キリンの「アイスプラスビール」。前回は、あえて氷を入れずに飲んでみましたが、今回は販売側のオススメどおり、氷を入れて飲んでみました。

 飲むと、氷を入れてるだけあって、しっかり冷たい。キューっとくる冷たさです。元ののビールがちゃんとしてるから、冷たいながらも味わいもコクも感じられます。途中までは、そんな感じなのですが、飲んでいくと、だんだん氷が溶けてきて薄まってしまい、やはり水っぽくはなってしまいますね。薄まっていない状態が美味いのに…。ただ、キリンは「氷を入れて飲む」飲み方を推奨しているということは、氷を入れた状態(最初~薄まるのも含めて)が一番美味しく飲んでもらえる状態だと自信を持っているのでしょう。ということは、少々薄まった状態が一般消費者にとって受け入れられやすい状態であるという判断なのかもしれません。ということは、「氷を入れずに飲む」薄まらない状態が美味いと感じる私や他の方々とは、そもそもの「美味い」の方向性というか捉え方が違うということなんでしょうね。その辺り、非常に残念な感じです。

 とはいえ、先に書いたように、このビール自体は美味いと思います。(公式webによると)キリンにしては珍しい上面発酵ビールですが、氷を入れて薄まるのを前提で、ベースを濃いめのビールにしつつ、麦芽量を特別に増量せず、アルコール分をあまり高くせず…というのを考えると、ピルスナーの様な下面発酵ではなく、馥郁たる香りとコクの上面発酵ビールを選んだのはそれなりに意味のあることなのかもしれません。薄めるのではなくそのままで充分美味しいビールだということも、もっと知られていいのではないかと思いますが…。夏だけで終わるのはもったいないなぁ。

「アイスプラスビール」(ICE+BEER)
○原材料:麦芽、ホップ、スターチ、糖類(乳糖)
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー49kcal,たんぱく質0.2~0.5g,脂質0g,糖質4.1g,食物繊維0~0.1g,ナトリウム0mg,糖類1.7g
○アルコール分:5.5%
○内容量:350ml
○製造者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.