Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
新潟産「宮島ビール」 でも採水地はちゃんと宮島 
2010,11,03blog
11月3日(水)の日記1 (2010)
 文化の日だったこの日は、午前午後と買い物に出かけ、いろいろ用事を済ませました。ついでに、ひろしま美術館で「本を彩る美の歴史展」にも行けたし、なかなか有意義な1日でした。

 さて、この日の夕食時に飲んだのは、「宮島ビール」。以前も書きましたが、製造してるのは新潟麦酒(新潟県)です。中身は、「宮島ビール」オリジナルのものとして、かなりの時間と労力をかけ、いろんな人による試飲などを経て作り上げられた「オリジナル」なものだそうです。ただ、「新潟麦酒」のビールを飲んだことがある方ならわかると思いますが、味や印象を大きく左右するフレーバー、ボディ感などが、新潟麦酒さんの特徴である「独特のフルーティな香り」そのものなので、「新潟ビールの定番」的な印象を受けてしまうのは確かですね。「新潟麦酒」を知っている周囲の人間に聞くと、だいたい同じ様な感想でした(このブルワリーが特徴的すぎるのです…)。だからダメってわけではないし、美味しいですけどね。

現在は「企画者」として表示されている(株)宮島ビールは、将来的には自前での醸造も考えてらっしゃると聞きます。まずは他の計画もあるようなので、今後が楽しみなところです。

「宮島ビール」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:4.5%
○内容量:350ml
○企画者:株式会社宮島ビール
○製造者:新潟麦酒株式会社(新潟県)
http://www.niigatabeer.jp/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/28 (日) 07:49:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.