Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
常陸野ネスト「NIPPONIA」(ニッポニア)

7月8日(木)の日記 (2010)
 この日の夜に飲んだのは、常陸野ネストの「NIPPONIA」(ニッポニア)。先日、さんが久しぶりに広島に帰省(笑)された際、Golden Gardenで飲ませてもらったものと同じものですね。日本で開発されたビール麦の原種的品質「金子ゴールデン」と、日本で育種されていたホップ「ソラチエース」で作られたビールです。

 Golden Gardenでは色はよくわかりませんでしたが、グラスに注ぐと、色はそこそこ透明度のある、やや褐色がかったイエローです。瓶は黒ですが、中身は結構綺麗な色ですね。
 アロマは、やや柑橘系なホップの香り。Golden Gardenで飲んだときと同じ、確かにレモングラスを思わせる香りです。飲むと、レモングラスなホップのフレーバーと、しっかりと主張して後口に余韻となる苦味があります。6.5%という、高めのアルコール分で味わいもしっかりありますが、意外にスッキリ飲めます。
 瓶が大きく、550mlという珍しい内容量だったので、妻と一緒にゆっくり飲めました。蒸し暑い夜を、爽やかなフレーバーで爽やかに。

「NIPPONIA」(ニッポニア)
○原材料:麦芽、ホップ、糖類
○アルコール分:6.5%
○内容量:550ml
○製造者:木内酒造合資会社(茨城県)
http://kodawari.cc/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.