Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
最高の東京土産 石川酒造の「TOKYO BEER 東京駅」
2010,02,11(07)blog
2月11日(木)の日記2 (2010)
 この日の夕食後に飲んだのは、昨年、東京へ行った際にゲットして以来、冷蔵庫で熟成させてきた「TOKYO BEER 東京駅」。ちなみに製造は、「多摩の恵」で知られる石川酒造で、ボトルコンディション(瓶内二次発酵)です。販売者として別の会社名が入ってるし、企画商品かPB商品でしょうか。

 アロマは、カラメルっぽい香りと、複雑さも感じるフルーティーな香り。ホップフレーバーも感じます。飲むと、とても柔らかい口当たりです。口の中に広がるフレーバーは、落ち着いたものでありながら、どこまでもフルーティーで、南国の果物を思わせてくれます。コクもありつつ、後口には苦味はありますが、あまり強くはありません。全体印象としては、やはりフルーティー。これぞ、まさしくエステル香。ボトルコンディションの素晴らしさを実感です。
 石川酒造のボトルコンディションを飲むのは多分2回目くらいですが、やはり美味い。ラベルには、「3~5年後には香味のピークを迎え、熟した果実の様な味わい~」と書いてありましたが、是非数年置いたものも飲んでみたいものです。ただ、広島では同社のビールを手に入れること自体が難しいので(通販もあるけど)、もし東京に行く機会があれば、可能な限りゲットしたいものです。

「TOKYO BEER 東京駅」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○内容量:500ml
○販売者:有限会社 長谷川酒店
○製造者:石川酒造株式会社(東京都)
http://www.tamajiman.com/

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.