Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
超スーパーストロングなBREW DOGの「TOKYO」
2010,01,21(03)blog
1月21日(木)の日記 (2010)
 この日の広島市内は、朝方に少し雨が降り、曇りがちな1日ではありましたが、季節の割に暖かかったです。ただ、風は意外に冷たく、日没後は結構寒かったです。昼間の暖かさに騙されないようにしないといけませんね。

 さて、この日の夜、パソコンの前で飲んだのは、個性派ビールで知られるスコットランドのの「TOKYO」。なぜ「TOKYO」なのか。ラベルには、「1980年代に東京でプレイしたスペースインベーダーにインスパイアされた」とかなんとか書いてありましたが…。名前の意味はともかく、特筆すべきは18.2%という、超高いアルコール分。確か、アイスボックと同じように、スタウトを凍らせて水分を除去する方法でアルコール分を高めたものだとどこかで読んだような気がします。…が、情報ソースを失念したので、一応未確認情報としときます。ただ、ベースがスタウトであるのはラベルにも書いてあったので間違いありません。
 グラスに注ぐと、向こうの明かりも透けないくらいの真っ黒な色。アロマはしっかりと黒く焦げたパンのような香りです。アロマの時点で、アルコール香も感じます。飲むと、口に入れた瞬間から広がる強力なトースト香と濃厚な甘味。そして同時に超強力な焦がしモルトの苦味と、さらに超強力なアルコール感。くぅ~ものスゴい。甘味と苦味とアルコールの強さはほんとに超強力。コクとかボディがどうのと言うレベルではありません。焦げた苦味が、口の中から鼻にまで抜けそうな勢いです。後口の余韻は、余韻というレベルではなく、もっとはっきりと強力なもの。ここまでいくと、一般的嗜好のレベルを越え、さらに好みの問題も超越した世界の話のような気がします。一言で言うと、「話のタネ」といったところでしょうかw

「TOKYO」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:18.2%
○内容量:330ml
○原産国:イギリス(スコットランド)
○輸入者及び引取先:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
○製造者:BREW DOG BREWERY
http://www.brewdog.com

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.