Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
オレゴンの超絶の1本「HAIR OF THE DOG FRED FROM THE WOOD」
12月29日(火)の日記 (2009)
 この日は年賀状作ったり、家中の掃除したり。娘はもう熱もなく、いたって普通。ずっと「嵐」のDVD観てます。大丈夫なら勉強しなさい。
 さて、この日の夜、風呂上がりにパソコンの前で飲んだのは、アメリカ産(オレゴン)「HAIR OF THE DOG FRED FROM THE WOOD」。ボトルコンディション(瓶内二次発酵)ビールです。
2009,12,29(04)blog
 グラスに注ぐと、褐色に濁りのある液色。色度数的には 7SRM(14EBC)くらいですが、透明度はほとんどありませんね。これは「澱」も注ぎ切ってしまったためですが、後でラベルを読むと、澱を瓶に残す注ぎ方が推奨のようでしたw
 アロマは、さわかな柑橘系な、というよりもハッキリと「グレープフルーツのような」香り。それも、少し土のついた、野性的なグレープフルーツを思わせる香り。飲むと、とても濃厚なホップのフレーバーです。グレープフルーツ的な香りと、熱帯の花のような、例えようによっては香木のような香り、そしてやや香ばしさもあるような香りを感じます。炭酸はしっかりめですが、ややトロみを感じるフルボディな口当たりで、のど越し前後から後口にかけて、舌の上からノドの奥の方まで濁流のように駆けていくような、スゴく強い苦味を感じます。
 飲み込んだ後に、ゆっくりじんわりと胃の辺りが温かくなってくるようです。素晴らしく充実した飲み応え。飲み応えはあり過ぎです。突出した個性があり、国産大手のビールしか飲んだことがない方には、逆に拒否反応が出るかも。それほどにスゴい個性と飲み応えです。こういうのを飲む度に、アメリカのクラフトビールの凄さ、奥深さ、恐ろしさを感じてしまいますね。パブで生を飲んでみたい。
2009,12,29(05)blog
「HAIR OF THE DOG FRED FROM THE WOOD」
○アルコール分:10%
○内容量:12Fl Oz(355ml)
○原産国:アメリカ(オレゴン州)
○製造者:HAIR OF THE DOG BREWING COMPANY, INC.
http://www.hairofthedog.com/

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.