Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
千歳「ピリカワッカ」のピルスナー&スタウト
11月16日(月)の日記 (2009)
 この日の夕食は鍋でした。寒いし鍋がいいですね。冬の夕ご飯は、鍋かシチューが最強です。この繰り返しだけで1~2カ月過ごすのもOKです。
 さて、鍋を食べながらまず最初に飲んだのは、北海道千歳市のクラフトビール「ピリカワッカ(ピルスナー)」。
2009,11,16(03)blog
 グラスに注ぐと、アロマは、ホップの爽やかな香り。飲むと、ホップの香りが鼻に抜け、麦藁のような香りも少し感じました。キリッとした苦味は意外にサラリとしています。軽くコクはあり、味わいのあるピルスナーといった感じです。
2009,11,16(04)blog
 夕飯の鍋を食べながらピルスナーはすぐに飲んでしまったので、食後にはもう1本飲みました。飲んだのは、1本目と同じくピリカワッカの「スタウト」。こちらはアロマは焦げパンのようなトースト香。飲むと、コーヒー的なロースト香で、わずかに甘味のあるコクと、のど越しからのしっかりとした苦味。苦味はしっかりしてるけど、後口は意外にあっさりです。気軽に飲めるけど結構美味しいです。

 昨年北海道に行った際には、千歳空港でも瓶で販売されてましたが、今年は全て缶になってました。千歳空港では、お土産としての販売数も結構なものでしょうから、もしかして、飛行機に持ち込む際の利便性を考慮して缶にされたんでしょうか。まあ確かに、瓶よりは缶の方が、機内持ち込みにしても、荷物預けるにしてもありがたいのは確かです。クラフトビール(いわゆる地ビールメーカー)さんによって、いろいろな販促路線があると思いますが、確かにこれもまた1つの販促対策なんでしょうね(缶にした理由の真相は未確認ですけど)。

「ピリカワッカ(ピルスナー)」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.0%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社 耕人舎
http://hokkaidobeer.blog89.fc2.com/

「ピリカワッカ(スタウト)」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.0%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社 耕人舎
http://hokkaidobeer.blog89.fc2.com/

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
  にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.