Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
今度はビアバー「Beer Bar NORTH ISLAND」北海道旅行2009(その11)
11月1日(日)の日記6 (2009)
北海道旅行2009(その10)の続き
 「Beer Hall NORTH ISLAND」を後にして地下鉄で移動、すすきのからタクシーを拾って向かったのは、この日の朝にイクラ丼を食べた二条市場。次なるお店は、この二条市場のすぐ真ん前。道を隔てたとこにある、飲食店がいろいろ入ったこぢんまりとした建物「M'S二条横丁」の中にあります。
2009,11,01blog6-0
 お店の名前は「Beer Bar NORTH ISLAND」。ここに来る前に行ったお店は「Beer Hall NORTH ISLAND」。そう、ここも(有)カナディアンブルワリーの直営店なのです。早速お店に入ると店内はそれほど広くはなく、ほどほどのカウンター席があります。私は奥の方のカウンター席に座りました。時刻は22:30頃。日曜の、それも冷たい雨降りの夜ということもあって、お客は私だけでしたw

 カウンターにはお店の方が2人立ってて、そのうち1人の方は、カナディアンブルワリーの江別工場の職人さん(TG谷さん)とのこと。お話していると、以前、故あってうちのブログにコメントをいただいたことがあると判明。さらに話が弾みましたw
 8つも樽ビールのタップがあり、どれ飲もうかと思いましたが、ここの前に北24条の店(Beer Hall NORTH ISLAND)に行って飲んできたので、あえて変わったものを飲んでみました。
2009,11,01blog6-1
 まず飲んだのは、「りんごのビール」。このビールは、カナディアンブルワリーと、増毛フルーツワイナリー※というシードル屋さんのコラボ商品で、そのワイナリーで搾汁したリンゴ果汁を麦汁と同割合くらい(5:5)まで使い、一緒に発酵させたものだそうです。TG谷さん曰く、酵母はリンゴ果汁も結構分解してくれるとのこと。一緒に発酵させてるだけあって、とてもスッキリとした飲み口です。でもしっかりリンゴ。グイグイといけてしまう飲み口ですが、アルコールはちゃんと5%あります。美味しくでこのグイグイ感。危ないw
2009,11,01blog6-2
 続いて飲んだのは、カナディアンブルワリーのものではなく、2種入ってたゲストビールの1つ、「石狩番屋の麦酒」で知られる日本地麦酒工房(石狩市)の「カシスエール」。これもまた、カシス果汁を一緒に発酵させたものです。鮮やかな色ですねw 飲むとこれもスッキリした飲み口で、カシスがフルーティに爽やかに香りますね♪

 美味しく飲んで、楽しくお喋り。TG谷さんには、ビールの話から王冠の話から、ほんといろいろお喋りに付き合っていただきました。ついお喋りが楽しくて、2杯で1時間半くらい過ごしてしまいました。ほんと楽しかった♪ お店自体も、樽レギュラーサイズ(430ml)が650円、スモールサイズ(275m,l)が500円と、リーズナブルなのもいいですね。本当に美味しかったし、楽しかったです。TG谷さん、ほんとうにありがとうございました。

 カシスエールを飲んだ後、名残惜しくお店を後にして、既にもうすぐ日付が変わりそうな時間ではありましたが、次なるお店(この日最後のお店)へと歩いて移動しました。

※ 増毛フルーツワイナリー:TG谷さんに伺った話によると、リンゴを栽培し、それを基本的に全てシードル(林檎の醸造酒)に加工している醸造所さんだそうです。

【お店情報】「Beer Bar NORTH ISLAND」
○場所:北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-6 M's二条横丁2F
○営業時間:18:00~24:00
○TEL:011-303-7558
○定休日:月曜日
〇お店Web:http://www.2002cb.co.jp/
      ※ 現在リニューアル作業中のようです。

北海道旅行2009(その12)に続く
北海道旅行2009(その10)に戻る

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.