fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
吉備土手下麦酒醸造場の普段飲み場にて 外飲み納め
12月30日(火)の日記 (2008)
 岡山帰省の2日目。この日の午後は、みんなで買い物に出かける途中、私だけ車から降ろしてもらって単独行動しました。単独行動で行った先は、岡山の比較的新しい地ビール醸造場で、「町の豆腐屋さんのような地ビール屋」をコンセプトにされている「吉備土手下麦酒醸造場」。久しぶりの訪問です。
 「普段飲み場」は、地元のお客さんたちで思った以上に大賑わいです(いい事ですね)。私は2階に上がり、例によってベランダ席よりも奥の窓際のカウンター席に座りました。
2008,12,30-1
 まず最初のオーダーは、「香りの麦」(\250)、そしてアテとして「唐揚げの甘酢あんかけネギまみれ」(\500)。「香りの麦」は、なかなかホッピーな味わいで、後口のライトな苦味がいい感じ♪
2008,12,30-2
 続いて飲んだのは、「御崎(ミディアム)」(\250)。マイルドかつスッキリとした飲み口に、後口の苦味の余韻がいいです。「唐揚げの甘酢あんかけネギまみれ」をつまみにノンビリと飲みながら、幸せ感じるひと時です♪
2008,12,30-3
 妻が迎えに来る時間を見極めながら、次に飲んだのは「豊水梨と麦」(\350)。豊水梨の果汁入りの1杯です。スッキリライトでフルーティー。梨果汁との相乗効果なのか、後口にはスッキリしながらも独特のフレーバーが残りますね。どちらかというと、夏場向けの1杯ではありました。

 ここで妻から「今から迎えに行く」と電話がかかりました。「真紅(まっか)な恋心」も飲みたかったところですが、残念ながら時間切れ。迎えの車で、妻の実家に戻りました。

 年の瀬の、最後の外飲みは、今年も昨年同様、「吉備土手下麦酒」となりました。私的には既に恒例かも。とても良い時間が過ごせました♪
2008,12,30-4
【お店情報】「吉備土手下麦酒醸造所」
○所在地:岡山市北方4-2-18
○営業時間:12:00~21:30
○お店web:http://kibidote.jp/

(2009,1,2 写真を追加掲載)

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます
 にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.