fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・Iron Horse Breweryの「ENGLISH GRAMMA PALE ALE」

 この日、飲んだのは、アメリカ・Iron Horse Breweryの「ENGLISH GRAMMA PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Sting「English man in New York」。

 グラスに注ぐと、色は概ね透明ですが、ほんのわずかに霞みもあるように見える褐色です。アロマは、不思議な爽やかな香り。“brewed with Earl Grey Tea + Apricots”と書いてあるので、この香りは、アールグレイのベルガモットと、アプリコットが合わさった香りなのでしょうね。嫌いな香りではないです。

 飲むと、飲み口はスムーズで、ボディはライト。一瞬、香ばしいかなと思ったのですが、実はそういうわけではなく、独特のフレーバーが一瞬そう感じられただけのようです。フレーバーは、どうやらアールグレイ由来の香りが強いようで、そこにアプリコットがちょっと乗っかったような香りに感じます。ただ、アールグレイとはいっても、ベルガモットっぽさはそれほど感じられず、“紅茶プラスアルファ”ぐらいな印象の気もします。
 モルトの甘味、コクは感じられますが、それほど甘味が強いわけではなく、反面、苦味がそこそこの強さなので、トータルで言うと、苦味の印象の方が強い気がします。
 イングリッシュペールエールと言いつつも、トータルでイングリッシュペールエールらしさを感じるかと言うと、ちょっと疑問ですね。まあ、アールグレイ紅茶が入ってるからイングリッシュなのかな?よくわかんないけど(笑)
 “イングリッシュペールエール”を謳うビールは、比較的オーソドックスな作りのものが多い印象ではありますが、これはオーソドックスというものではなく、ひねりの効いたビールのようです。まあ、アメリカのブルワリーが作ったペールエールだし。それくらいのシャレは効いてるのかな?

「ENGLISH GRAMMA PALE ALE」
◯原材料:麦芽(2 Row, Copper Carapils, Caramel 30)、ホップ(Bravo, Delta)、ドライアプリコット、紅茶(アールグレイ)
◯麦芽使用率:95%以上
◯アルコール分:5.8%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:Iron Horse Brewery inc.
(http://www.ironhorsebrewery.com)

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.