FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・INDEED BREWINGの「FLAVORWAVE IPA」

 この日、飲んだのは、アメリカ・INDEED BREWINGの「FLAVORWAVE IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「Treasure in Your Hands」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのあるオレンジ色っぽい褐色。アロマは、柑橘感がしっかりある、少し青っぽいパパイヤのようでもあるホップの香りを感じます。
 飲むと、飲み口は結構まったりとしていて、ボディはミドルレベルぐらいありそうな印象でしたが、飲んでいくと、実はそれほど重くはありません。まったり感がある割には軽いですね。
 まったりとモルト感があるようにも思えますが、意外にモルト感は軽い印象で、ホップのしっかりとした苦味を感じます。アルコール分は6.2%なので、実際にはもっとモルト感が強いのだとは思いますが、その割りにあっさり飲める感じでしょうか。

 IBUは73で、モルト感とのバランスにより、そこそこ強くしっかりとした苦味の印象が強いです。意外にあっさりとは飲めますが、飲んでいくと、アルコール分相応の飲み応えもあります。
 そこそこのドリンカビリティと飲み応えがあるビールといった印象です。機会があれば、また飲んでみたいです。

「FLAVORWAVE IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.2%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:INDEED BREWING COMPANY
(https://www.indeedbrewing.com/)

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・The Lagunitas Brewingの「ALE 12th of Never」

 この日は、軽く飲んだ後、行きつけのお店に移動してのんびり。ハンバーガーで〆めることにして、その焼き上がりを待つ間、まずはビールでひと息。この日飲んだのは、アメリカ・The Lagunitas Brewingの「ALE 12th of Never」。
 グラスに注ぐと、色は概ね透明~少し霞みのあるゴールドブラウン。アロマは、ジューシーな印象の、分かりやすい柑橘系なホップの香りを感じます。
 飲むと、ボディはライト。最初にホップのフレーバーと、そこそこ強い苦味を感じます。苦味の後に、そこそこのモルト感を感じますが、飲み口そのものは軽いかな。
 苦味はそこそこしっかりしていて、後口にはじわじわとくる余韻を感じます。
アルコール分は5.5%ですが、ゆっくり飲んでいると、モルト感がさらに強くなりじっくりいける感じにもなってきます。
 ハンバーガーに合うビールだなぁと思いながら飲んでいると、ハンバーガーが出来上がった頃には、既に「ALE 12th of Never」は残り僅か。仕方ないので(笑)、この後もう1本、別のビールを飲んだのでした。

「ALE 12th of Never」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:THE LAGUNITAS BREWING COMPANY
http://lagunitas.com/

【お店情報】 Kafu Diner
○所在地:島根県松江市寺町199-1
○営業時間:水木金19:00~LAST、土日11:00~LAST

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・OSKAR BLUES の「BEERITO AMBER MEXICAN STYLE LAGER」

 この日、飲んだのは、アメリカ・OSKAR BLUES の「BEERITO AMBER MEXICAN STYLE LAGER」。“AMBER MEXICAN STYLE LAGER”とはなんぞや?という話なんですが、色々調べてみると、元々、メキシコでは古くから、ヨーロッパからの移民たちが作ってた、濃色ラガーが多かったそうなのですが、やがて副原料なども使用して、土地柄にあったライトなラガーに変わっていったということです。“ AMBER MEXICAN STYLE LAGER”というのは、色が少し濃い目だけどライトなラガーといった感じのビールのようです。最新情報ではどうなっているか分かりませんが、まだ“ビアスタイル”という扱われ方はされておらず、サブスタイル的にビールの種類を表す言葉として使われているようです。※このビールは、アメリカのOSKAR BLUES製造のビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Dragon Force「Heroes of Our Time」。

 グラスに注ぐと、色は概ね透明な焦げ茶色。アロマは、少し香ばしいモルトの香りも感じられつつ、その中に少し爽やかな印象のホップの香りも感じられます。
 飲むと、口当たりはまったりとしていますが、ボディはライト。最初の印象は、まったりですが、アルコール分は4.5%と軽く、スイスイ飲めてしまいます。
 香ばしいフレーバーは軽く、ホップも軽い感じで香ります。アルコールも4.5%と軽いとはいえ、それなりにモルトの甘味は感じられます(軽いけど)。
 苦味は感じられますが、それほど強いという印象ではなく、モルト感とのバランスで、全体印象はマイルドな感じです。味わいに丸みもありつつ、軽く飲める、そんなビールかと思います。

「BEERITO AMBER MEXICAN STYLE LAGER」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4.5%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:OSKAR BLUES BREWERY,LLC
http://www.oskarblues.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・独歩(宮下酒造)の「スパークリングビール」。シャンパン酵母を使ったビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Kalafina「Magia」。

 グラスに注ぐと、概ね透明というか、ほんのわずかに霞みもあるような、少し黄土色っぽい褐色です。アロマは、シャンパン的というよりも、どちらかというとシリアルを思わせる香りで、その向こう側にわずか~にシャンパンがいるような気がします(笑)

 飲むと、意外にまったりとした飲み口で、ボディはライト。結構モルト感が感じられつつも、甘いというわけではなく、落ち着いた苦味がそこに被さってきます。
 シャンパン酵母によるシャンパンぽさも 少しは感じられるような気はしますが、なんとなく小麦っぽいなという印象。と、思ったら、よく見たら小麦麦芽が使われてました。どちらかと言うと、小麦の印象の方が強いかな。
 シャンパン酵母を使った他のビールを飲んだことがない人は、この小麦によるフレーバーが「あーシャンパンぽいかも」と感じられるかも? シャンパンぽさはともかく、飲みやすいビールだとは思います。

「独歩 スパークリングビール」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、米、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」

 この日、飲んだのは、岡山県・宮下酒造(独歩)の「桃太郎ビール」。ラベルこそ桃太郎ビールですが、中身は独歩のレギュラー品「 雄町米ラガービール」のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「JOYFUL LOVE」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、少し硬い印象のホップの香りで、少しシリアルっぽい香りも感じられます。
 飲むと、ボディはライト。当然ながら、副原料として米(雄町米) が使われていますが、クリスピーさはそれほど強く感じず、ほどほどのモルトのコクを感じます。
 控えめですが、モルトの甘味も感じられ、それと釣り合うレベルのバランスのとれたホップの苦味を感じます。
 アルコール分は5%で、米も使われてるのに、意外にまったりとしたマウスフィールです。苦味も、それなりにほどほどに効いていていい感じで“ビールっぽい”。米が使われてるなら、もうちょっとクリスピーさが感じられてもいいのかなと思わないでもないですが、普通に美味しいビールだと思います。

「独歩 桃太郎ビール(雄町米ラガービール)」
◯原材料:麦芽、米(雄町米)、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:宮下酒造株式会社(岡山県)
http://msb.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

広島県・クラフトハートブルワリー((株)ハートピア)の「HIROSHIMA RED BEER」

 この日、飲んだのは、広島県・クラフトハートブルワリー(株)ハートピア)の「HIROSHIMA RED BEER」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「キュン」。

 グラスに注ぐと、ちょっと濁った焦げ茶色っぽい褐色。まあ、焦げ茶色というよりは少し軽いけど、ややくすんだような印象の色でもあります。アロマは、少し、熟した果実のような香りもありつつ、少し香ばしさも感じられるようです。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはライト。モルト感そのものは重くはありませんが、香ばしさがあり、ライトな中にもしっかり味わいがあります。ホップフレーバーは落ち着いていて、苦味もそれほど強くありません。
 原材料表示を見ると、ハイビスカスが使われてるようです。香りの中に、もしかしたらハイビスカス由来の要素があったのかもしれませんが、よくわかりませんでした。
 アルコール分は3.8%ととても軽く、実際にかなり飲みやすいのですが、ほどほどのモルト感が感じられるので、シャバシャバ な印象ではないです。
 正直際立った個性(クラフトビールの中では)があるというわけではないですが、個人的には、こういうビールは嫌いではないし、何より飲みやすいです。以前、樽で飲んだことがありますが、そのときよりも美味しく感じました。

「HIROSHIMA RED BEER」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、ハイビスカス
◯アルコール分:3.8%
◯内容量:330ml
◯製造者:株式会社ハートピア(広島県)
(http://heartpia.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・Stone の「TROPIC OF THUNDER LAGER」

 この日、飲んだのは、アメリカ・Stone の「TROPIC OF THUNDER LAGER」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Nickelback 「This Afternoon」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、わずかに黄土色がかった褐色。アロマは、グァバなどトロピカルフルーツを思わせる、華やかな印象のホップの香りを感じます。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。アロマよりは、やや落ち着いた印象ではあるものの、それでもトロピカル感のある、少し柑橘っぽくもあるホップのフレーバーを感じます。
 モルト感は軽いようで、実はそこそこしっかり(まあ、アルコール分は5.8%だし)で、その味わいの上に、じわじわっとくる苦味を感じます。
 後口には、それほど強くはないものの、苦味の余韻を感じます。苦味そのものは、それほど強くは感じられませんが、モルト感によって相殺されてるだけで、IBUそのものは、そこそこの数値なのかもしれません。
 トロピカルな雰囲気で、つい、グイグイいけちゃいそうなフレーバーなのですが、アルコール分が5.8%と意外に少しだけど高めなので油断は禁物。でも、この華やかな香りは、ついグイグイといってしまいたくなりますね。

「TROPIC OF THUNDER LAGER」
◯原材料:麦芽、ホップ(Citra、Mosaic、Cashmere)
◯アルコール分:5.8%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:STONE BREWING CO.
http://www.stonebrewing.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロの限定醸造「北海道」

 この日飲んだのは、サッポロの限定醸造「北海道<生>」 。北海道産大麦麦芽と北海道産ホップを50%以上使用したビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、T.M.Revolution「RAIMEI」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールドアロマは落ち着いた印象の穀物っぽいホップの香りです飲むと飲み口はスムースでボディはライトきっと口の音すぐにふんわりと穏やかなホップのフレーバーが鼻に抜けます多い穀物っぽい香り。第一印象の香りの女も感じられますが落ち着いた印象です

 モルト感はそれほど強くはありませんが、アルコール分は5.5%なので、温度が馴染んでくるにしたがって、もう少しモルト感が強くなってくると思います。苦味はちゃんと感じられますが、それほど強いという印象でなく、むしろ優しい苦味といった感じです。
 モルト感が思ったよりも軽いようにも思いましたが、ホップとのバランスでそう感じるのかもしれません。まあ、普通に美味しいビールだと思います。

「北海道<生>」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギーkcal, たんぱく質g, 脂質g,
◯内容量:350ml
◯製造者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.