FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒの「スーパードライ瞬冷辛口」

 この日、飲んだのは、アサヒの「スーパードライ瞬冷辛口」。いかにも夏向きな商品を今ごろ飲んでレビュー載せるのもあれですが、まあその辺はすいませんね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、TEARS OF TRAGEDY「Void Act」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、まあ、ホップっぽい香りが軽く香るかな。
 飲むと、ボディーはライトで、まあゴクゴクといく感じの、いつものスーパードライな感じ。瞬冷辛口とは言うものの、まぁ、グラスやカップに注いだ時点で、まぁ瞬冷でも何でもないんですけど。そもそも、ビールで「辛口」っていう表現が個人的に嫌いなので、まあ、どうなのかなと思いはするんですが…。
 まあ、スーパードライ的なビールかなとは思います(もうちょっとコメントやる気出せ)。

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口 瞬冷Dry」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー41kcal, たんぱく質0.1-0.5g, 脂質0g, 糖質2.5g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

ドイツ・Uerige Obergarigeの「Jron Grunhopfen-Sticke」

 この日、飲んだのは、ドイツ・Uerige Obergarigeの「Jron Grunhopfen-Sticke」。ややこしい名前ですが、「Grun」は、「green」に相当するので、“green hop(fresh hop的な?)”みたいな意味の名前のようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Helloween「Kids Of The Century」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、暗い焦げ茶色。アロマは、香ばしい濃色モルトの香りです。モルトの甘味を予感させる香りですが、それだけではなく、同時に、かなりしっかりと爽やかな、シトラス系というか、熟した果実のようなホップの香りを感じます。そして、さらに6.2%の高いアルコール分によるアルコール感を、アロマの段階で、結構感じますね。
 飲むと、口当たりはマイルドでまったりですが、意外にボディはライトです。これまた意外にモルトの香ばしさはそれほど強い印象ではなく、ホップの印象の方がやや強いのかな。甘味はまあそこそこで、結構しっかりと苦味があります。
 後口には、しっかりとした苦味と、モルトの甘味の両方の余韻が残ります。個人的には、苦味の印象の方が強いかな。アルコール分が6.2%と高めですが、アルコール分以上にアルコール感を感じるような気がします。ボディは軽いのに、妙に飲み応えがあるような気がします。
 製造者によるラベルをよく見ると、原材料は、「水、大麦麦芽、小麦麦芽、カラメルモルト、ローストモルト、ホップ、酵母」と書いてあります。フレーバーの中には、小麦麦芽由来の要素もあるような気もします。
 一般的なアルトとは、かなり印象が違いますが、ハイアルコールビール好きな人とか、好きかもしれませんね。それでいて、飲み応えの割には、 ほどほど飲みやすくもあるので、面白いです。

「Jron Grunhopfen-Sticke」
◯原材料:麦芽、ホップ(水、大麦麦芽、小麦麦芽、カラメルモルト、ローストモルト、ホップ、酵母)
◯アルコール分:6.2%
◯内容量:330ml
◯原産国:ドイツ
◯製造者:Uerige Obergärige Hausbrauerei
(http://www.uerige.de/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・SIERRA NEVADA BREWINGの「SOUTHERN HEMISPHERE SESSION IPA」

 この日、飲んだのは、アメリカ・SIERRA NEVADA BREWINGの「SOUTHERN HEMISPHERE SESSION IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、STEREOPONY「ヒトヒラのハナビラ」。

 グラスに注ぐと、色は概ね透明な、黄土色っぽい褐色。アロマは、軽やかで爽やかな、シトラス系なホップの香りです。軽快な香りですね。
 飲むと、口当たりはスムースで、最初の一口からゴクゴクといってしまう、とても軽快な飲み口。当然ながら、ボディーはライトです。モルト感はとても軽く、アロマと同様に、ホッピーなフレーバーはしっかりしていますが、苦味の方は、最初こそ、一瞬「苦いかな」と感じましたが、飲んでいると、実はそれほど苦味は強くないようです。
 口の中にあるときには多少の苦味は感じられますが、後口には大して余韻も残りません。アルコール分は4.6%と軽く、とにかく飲みやすいです。いいなーこれ。ボディーがライトで、飲み口が軽くて、アルコール分が軽くても、決してしゃばしゃばじゃない。これはかなり美味い。それ以上に飲みやすいです!

「SOUTHERN HEMISPHERE SESSION IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4.6%
◯内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:株式会社ナガノトレーディング
http://naganotrading.com/
◯製造者:SIERRA NEVADA BREWING CO.
http://www.sierranevada.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サントリーの限定醸造「贅沢LAGER 琥珀のキレ」

 この日、飲んだのは、サントリーの限定醸造「贅沢LAGER 琥珀のキレ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Unlucky Morpheus「Knight of Sword」。

 グラスに注ぐと、色は、透明で赤みがかった褐色。濃いめの紅茶のような、綺麗な色です。アロマは、少しだけど香ばしく、モルト感を予感させる香り。少し甘さを予感させる香りですね。
 飲むと、口当たりは マイルドで、ボディーは、まったり系のライト。穏やかなモルトの甘味とコクを、軽くですが、そこそこしっかりと感じます。
 苦味はほんのわずかに感じられる程度で弱く、基本、モルト感の味わい、甘味とコクのビールですね。アルコール分は7%と高めで、後口には、ややアルコール感というか飲み応えを感じますが、飲んでると、それほど強いという印象ではないです。それだけ、飲みやすいのかなと思いますが、それでも、じっくり飲んでいると、それなりの充実感が感じられるような気もします。
 そういえば、コリアンダーシードが使われているようですが、あまりそういう印象は感じられませんね。琥珀色のビールで、コリアンダーを使ってるというのは、比較的珍しいレシピのようにも感じますが、残念ながら、あまりコリアンダーの印象は残らないです。
 こういう、まったり系の穏やかなビールは好きです。本当は、もうちょっとアルコール分が軽い方が好きなんですけどね。

「贅沢LAGER 琥珀のキレ」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ、コリアンダーシード
◯アルコール分:7%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー57kcal, たんぱく質0.4-0.8g, 脂質0g, 糖質3.9g, 食物繊維0-0.5g, ナトリウム0-7mg
◯内容量:350ml
◯販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

渋谷「Abbot's Choice」で深夜のビール。アメリカ・GOOSE ISLANDのIPA→サンクトガーレン「Shibuya Beer -ENERGY-」
2018,09,06_blog3
 9月某日。この日は、遅い夏休みを利用して、ちょっとした東京旅行に行きました。昨年の「乃木坂46真夏の全国ツアーFINAL」とは違い、今回は特別大きな目的というのがなかったので、秋葉原に行ったり、六本木や渋谷、飯田橋周辺の乃木坂46の聖地巡礼などをして楽しんだ旅でした。
 そんな中、深夜の渋谷で立ち寄ったのが、前回上京した時にも立ち寄ったことのあるパブ、「Abbot's Choice」。夜は、いつもお客さんで溢れてる印象がありますが、今回は、かなり遅い時間だったので、人もそれほど多くはなく、カウンター席に座ることができました。
 1杯目に飲んだのは、アメリカ・GOOSE ISLANDのIPA。アルコール分は5.3%とそれほど高くはありませんが、深夜のIPAは、それだけで堪えますね(笑)
2018,09,06_blog1
 とはいえ、あまりゆっくり飲んでても遅くなってしまうので、それなりにさっさと飲んで、次に2杯目として飲んだのは、「Shibuya Beer -ENERGY-」。なかなかご当地感ありますが、ラベル表示を見ると、サンクトガーレン(神奈川県)が製造しているようです。東京にもブルワリーはいろいろあるはずですが、「OEM」に対応できる余裕がないのかもしれませんね。おそらく、他の企業とかの企画で作られたビールで、製造だけサンクトガーレンが担当したのだと思います。
2018,09,06_blog2
 さて、この「Shibuya Beer -ENERGY-」、グラスに注がれると、色はわずかに霞みのある、黄土色系の褐色。アロマは、「これ」と言うほどハッキリとは感じられなかったような気がします(既に酔っぱらってたから分からなかった可能性あり)。
 飲むと、飲み口はスッキリとしていて、ボディはライト。最初に、なんとも不思議個性的なフレーバーが感じられ、「何だこれは…」とか思ってると、その後に、麦藁っぽいホップの香りが感じられるようになります。さらに飲んでいると、単にホップのフレーバーだけでなく、さらにフルーティーな、南国果実のような、不思議なフレーバーが感じられ、なかなか面白いフレーバーになってます。
 モルト感は軽く、スッキリと飲めますが、後口には、じわじわとホップの苦味が追いかけてくる感じです。最終的には、麦藁っぽいホップ感が余韻になってきますね。
 後口には、確かに苦味の余韻は感じられますが、苦味が特段に強いわけではなく、バランスがとれたグビグビ感があります。この辺のドリンカビリティの高さは、さすがサンクトガーレンといったところでしょうか。

 と、つい、しっかりテイスティングしてしまい、なんだかあっという間に時間が経ってしまったので、最後に「Shibuya Beer -ENERGY-」を飲み干した後は、足早にホテルへと向かったのでした。

2杯目「Shibuya Beer -ENERGY-」
◯原材料:麦芽、ホップ、マカ、グレープフルーツ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:サンクトガーレン有限会社(神奈川県)
http://www.sanktgallenbrewery.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.