FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
デンマーク・Mikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」 製造はベルギーのブルワリー

 この日、飲んだのは、デンマークのコントラクトブルワリーMikkellerの「らーめんビール(らーめんとビール)」。Mikkellerは、自前の醸造所を持たず、他の醸造所と委託契約(contract)して製造して(もらって)いるブルワリーです。このビールの製造者は、ベルギーのDe Proefというブルワリーのようです。なのでベルギー産ですね。
 スタイルは「Belgian Pale Ale with Yuzu juice added」。つまり、柚子果汁を加えたベルジャンペールエールだそうです。しかし、なんで「らーめんビール」なんでしょう。テーマ自体は分からなくもないですが、Mikkellerがなぜこのテーマでビールを作ったのかは謎です(笑)  → と、思ってたら、このビールのブランドサイトを見たところ、どうやらMikkellerは、デンマークでラーメン店の経営もやってるみたいです。このビールを出してるのか…?!?!。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SILENT SIREN 「天下一品のテーマ」。

 グラスに注ぐと、色は少し霞みのある、やや濃いめの褐色。アロマは、爽やかと言うか、スパイシーと言うか、不思議な印象の、独特の香りです。どうやら、これが柚子由来の香りのようですね。オレンジピールに近いような、そういうタイプの香りです。
 飲むと、ボディはライトで、すぐに独特の、爽やかかつ、スパイシーな香りを感じます。確かに、柚子かもしれん…。最初に、ホップのややしっかりめの苦味が感じられ、その後、モルトの軽い味わいを感じます。で、その後に、また苦味が戻ってくる感じ。
 んー個人的には、ラーメン食べながら飲むなら、ピルスナーとか、ライトラガーとかそのへんかなと思ったりするんですが、なぜ、柚子入りのベルジャンペールエール? ラーメンに合うとは思わないんだけど…ちょっとよく分からないです。

 ちなみに、原材料として、普通の酵母(yeast)のほかに、“brettanomyces”というものが使われているようです。この酵母は、ワイン作りの世界では、ワインにオフフレーバーをもたらす存在として知られている(忌避されている)そうで、ビールの世界では、ベルギーのランビック酵母(自然酵母群)から分離される酵母として知られているそうです。この酵母を、あえてビールに使うことの利点などはよく分かりませんが、ハッキリと原材料として記載されているので、何か意味があるんでしょうね。

「らーめんビール(らーめんとビール)」
◯原材料:大麦麦芽、ホップ、柚子ジュース、酵母、brettanomyces酵母
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯原産国:ベルギー
◯輸入者:株式会社ウィスク・イー
http://www.whisk-e.co.jp
◯製造者:De Proef Brouwerij(ベルギー)
◯企画者:Mikkeller(デンマーク)
(http://mikkeller.dk/)
(http://ramentobiiru.dk/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.