Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
近畿遠征?その1:Craft Beer Base Bud(大阪市北区梅田)
【近畿遠征?その1:Craft Beer Base Bud(大阪市北区梅田)】
 つい先日、数か月前に「大阪でのイベント参戦」のついでに「BEER BELLY 天満店」と「Doll Dress」に立ち寄った話をUPしたとこですが、実はそれよりももっと前、昨年(2016)の秋頃に、1泊で関西に行く用事があり、夜の時間を利用して、ビール関係のお店などを回りました。ネタとしては古いのですが、せっかく、他地方のビールのお店に行ったし、自分用のメモとして残すためにも、その際の話などを簡単にUPしようと思います(シリーズで少し続きます)。

 仕事など諸々の用事で少し足を伸ばした某月某日、夕方、全ての用事が終わったのは大阪市内。なので、まだ行ったことがない店に行こうと思い立ちました。

 休憩がてら、「世界のビール博物館」で1杯だけ飲みながら多少の腹ごしらえなどしつつ、場所を検討した後、移動開始。やがて到着したのは、大阪市内の地下にある「Craft Beer Base Bud」。地下街の一角、小さな飲み屋通りのような場所にあるお店です。
 大阪駅の近くにある「Craft Beer Base」には行ったことはありますが、系列の店が増えてるとは知りませんでした。元々の「Craft Beer Base」のほか、この「~ Bud」、そしてもう1軒「Craft Beer Base seed」という店が新たにできており、Craft Beer Base系列店は3軒になってるんですね。
2016,09,16_blog1-1
 店は、地下通路に面して開放的な造りになっていて、入りやすいです。店内は、こじんまりとしてますが、狭っ苦しいわけでもなく、ほどほどの落ち着ける感じ。早速カウンターに腰掛け、メニューを眺めると、なかなか広島では飲めないようなビールがドラフトで提供されているのが分かります。

 悩んだ末に、私が「Craft Beer Base Bud」で飲んだのは、 Parallel 49 Brewing(カナダ)「Gypsy Tears」(写真左)、そしてCoronado Brewing(アメリカ)「Easy Up Pale Ale」(写真右)の2杯。
 いろいろ店を回りたかったので、例によって短時間で2杯飲んで、すぐ移動になってしまいましたが、ビルの地下にひっそりと隠れた場所に、こんなかなりいろいろマニアックなビールを提供してるお店があるとは…。店内の看板には、今後繋がる予定の樽も紹介されていましたが、国内に数樽しか入って来ないものも繋がるようで、なかなかトキメキます(笑)。大阪の人が羨ましい。
2016,09,16_blog1-2
 2杯を飲み干した後は、最大限に時間を有効活用するべく、次なる場所を目指して、移動したのでした。

【お店情報】「Craft Beer Base Bud」
○所在地:大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第一ビルB2F
○営業時間:月~金15:00~23:00(木のみ17:00~23:00)、週末・祝日11:30~23:00
○定休日:不定休
○web:http://www.craftbeerbase.com/
○facebook:(https://www.facebook.com/CraftBeerBaseBud/)

<【近畿遠征?その2】に続く→>
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.