FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
「SAM'S CAFE13」にてギネス・ビター  会議の後の反省会として(ソロ活動)その1

11月30日(金)の日記1
 この日は、午後から仕事の会議でした。私は裏方と一部分のみ説明を担当。それほど緊張はしてなかったはずが、マイク不良等もあって、ちと予定が狂い、結果は大変不本意な出来に。結果として予想以上に緊張したのも敗因…。反省します。
 夜は、仕事関係の飲み会。いわゆる懇親会というもので、半分仕事のようなものでした。懇親会の終了後、同僚は体調不良らしく帰宅するようなので、1人で(バス停を目指して)紙屋町方面へ。
 紙屋町からすぐにバスに乗ろうとかとも思ったのですが、紙屋町にある最近ご無沙汰のお店を思い出し、ふと立ち寄りました。お店の名前は、「SAM'S CAFE13」。広島市中区紙屋町、本通りの近く、昔「積善館」(書店)があった場所近くの鯉城通り沿いの2階にあるお店です。約8カ月ぶりに立ち寄りました。

 テーブル席に座り、注文したのは「ギネス ビター」(\1,050)。普通のギネスではなく、イギリススタイルの褐色のタイプです。家では何度か飲んだことがありますが、お店で飲んだのは初めてかも。ちなみに「ビター」って名は付いてますが、特別苦いわけではありません。
 ギネスビターをグラスに注ぎ(このお店、ドラフト以外は缶、瓶のまま出てきます)、ギネスの泡と褐色の向こうを眺めつつ、ちょっと一人で反省会。まだまだ修行も力も足りんなぁとか感じつつグラスを傾け、ギネスを味わいました。

 SAM'S CAFE13でお馴染みの、サービスで出される「皿いっぱいのポップコーン」をつまみつつ飲んでると、すぐにギネスは無くなってしまいました。これだけじゃあ、反省が足らんなぁ(?)と思いつつ、私は思わず次を注文してしまいました。
(その2に続く)

◇反省会1本目
「GUINNESS BITTER」(ギネス・ビター)
○原材料:大麦麦芽、ホップ
○アルコール分:4度以上5度未満(4.4%)
○内容量:440ml
○原産国:イギリス
○輸入者及び引取先:日本ビール株式会社
http://www.nipponbeer.jp/
○製造者:Diageo
http://www.diageo.com/en-row/homepage.htm
 Guinness & Co.(http://www.guinness.com/

みんな広島つながり! [広島ブログ]に参加してます

にほんブログ村 酒ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.