fc2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
倉敷チボリ公園
 当初は、朝メーデーに行く予定もあったが、娘がコケて脚をケガしたため病院へ。もともと、早めに帰ってレジャーに出かける計画だったので、結局、病院から帰った後はそのまま出かけることに。

 さて、娘を連れ、JRで岡山県倉敷市へ。倉敷駅で知人と合流し、駅前すぐに広がるテーマパーク「倉敷チボリ公園」(http://www.tivoli.co.jp/)へ。
 悩んだ末、入場券にアトラクション&乗り物乗り放題の「パスポート」チケットを購入。大人4400円、子供3100円が10%引き券のおかげで安くはなったものの、それでも現金払いはツラいので、カードで購入。カードが使えるのはありがたい。

 入場すると、まずは3人で「チボリバルーン」(観覧車)に乗り、高みからの景色を堪能。その後は、娘の希望により、「オーディンエクスプレス」(ジェットコースター)、「フラーナングフォール」(ウォーターコースター)に乗る。その後も、「ロイヤルティーカップ」(コーヒーカップ)や屋内型3Dアトラクションなどを堪能し、ようやく昼食(ギョウザドッグやベーグルのセットを食した)。
 食後はアンデルセン童話のロボット人形劇を観て、さらに園内を歩いていろいろ観て回った。このチボリパークには、5年くらい前、娘がまだうんと小さかった頃に来たことがあるが、驚くほど積極的にジェットコースターなどに乗りたがる娘を見て、改めて成長を実感。前回、小さかった娘の写真を撮った場所と全く同じ場所で、再び写真を撮り、密かな感慨にふける…。
 さて、日が傾き初めてからも、娘の希望で2回目のオーディンエクスプレスとフラーナングフォールに乗り、パパの希望で「レイクボート」(ペダル動力式ボート)に乗り、さらに暗くなり始めてからも、娘一人で「チボリのお菓子屋さん」(お菓子や果物型の子供向け回転式ライド)、「チボリの森のドライブ」(子供向け動物型レールカー)に乗ったり。

 暗くなり始めた園内には色とりどりの明かりが灯り、綺麗だった。もっと楽しんでいたかったが、帰りの時間もあり、ようやくゲートをくぐり、チボリを後にした。
 倉敷駅とチボリのゲートの間には時計塔が立ってるが、通りかかった時、ちょうど19:00となり、鐘が鳴った。鐘の後、な、な、なんと、時計塔上部が上に持ち上がり、アンデルセン童話にちなんだ人形(裸の王様、赤い靴、人魚姫、マッチ売りの少女)が現れ動いた。偶然目にしたそれに見とれた後、駅ビル内で回転寿司を食べ、新幹線で帰途についた。
 ほんとに力いっぱい楽しんだ1日だった…
スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.