FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」(醸造所・山梨県)

 この日、飲んだのは、東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」。 2018年春に福岡にオープンする(した)「BEERSONIC」という、ビアパブなのかな?そことのコラボレーションによるビールだそうです。なので、東京から福岡行きということで、「WESTBOUND」なんですね。実際に製造した醸造施設の所在地は、山梨県だそうなので、当ブログでは、「ビール系(信越・北陸)」に分類させていただきました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「SHINE」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、白濁とも言えるような黄土色系の褐色です。アロマは、フレッシュと言うか、シャープな香りとでもいうか、なかなか鮮烈な印象の、シトラス系の香り。確かに、ネルソンソーヴィンの香り。ネルソンソーヴィンに、それほど“白葡萄感”はそれほど感じないのですが、まあ上品で爽やかな香りだと思います。

 飲むと、口当たりはそれなりにマイルドで、炭酸刺激は細やか。ボディーはライトです。軽い飲み口で、モルト感は軽めですが、シャバシャバというわけではなく、ホップのフレーバーと、しっかりとした苦味が感じられます。
 表示を見ると、アルコール分は3.9%と軽いです。確かに飲み口は軽いけど、3.9%という割にペラペラではないと思います。それでも軽いけどね。
 まあ、確かにセッション IPA という感じですね。飲みやすいです。グイグイいきたい感じです。

「WESTBOUND Session IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:3.9%
◯内容量:330ml
◯製造者:Far Yeast Brewing(本社・東京都、醸造所・山梨県)
(http://faryeast.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

Far Yeast Brewingの「Nightcrawler NORTH EAST IPA」

 この日、飲んだのは、東京都渋谷区に本社をおく Far Yeast Brewingの「Nightcrawler NORTH EAST IPA」。副原料として、オーツ麦麦芽とオーツ麦(麦芽でなく)が使われています。このビールを醸造している「源流醸造所」は、山梨県に所在しているようです(当ブログのカテゴリーとしては悩ましいところですが、Mikkellerの場合も、実際の醸造所がある国で分類してるので、今回も「ビール系(信越・北陸)」として分類させていただきます)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、打首獄門同好会「布団の中からでたくない」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、結構暗めの褐色。アロマは華やかで爽やか、シトラスっぽくもありつつ、とても華のあるホップの香りです。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ホップのフレーバーが、個性と共に、清涼な印象で感じられ、続いて、モルトの味わいに下支えされたホップの苦味をしっかりと感じます。
 まったりとした飲み口なのですが、甘味の印象は強くはなく、フィニッシュは、ホップのしっかりとした苦味の余韻です。わずかにスパイシーな印象があるような気がするのは、オーツ麦によるものかな?
 アルコール分は6.3%で、飲み応えもしっかり。実際には、モルト量も多いはずですが、ホップの苦味とのバランスがいいですね。苦味がしっこりとしていつつも、まろやかな味わいが楽しめました。美味いす。

「Nightcrawler NORTH EAST IPA」
◯原材料:大麦麦芽、オーツ麦麦芽、オーツ麦、ホップ
◯アルコール分:6.3%
◯内容量:330ml
◯製造者:Far Yeast Brewing株式会社(本社・東京都、醸造所・山梨県)
(http://faryeast.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

長野県・ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」

 結構前ですが、この日、飲んだのは、長野県・ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」。実は、この日は節分だったので、ちょっと鬼にちなんだビールを選んだだけです(笑)。「インドの青鬼」飲むのも、久しぶりだったし。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、陰陽座「鬼斬忍法帖」。

 グラスに注ぐと、色は透明な褐色。アロマは、軽やかさのある、フレッシュな柑橘系なホップの香りです。
 飲むと、ボディはしっかりめのライトで、口に入れると、すぐに、しっかりとした、ホップの苦味をガツンと感じます。同時に、モルト感、甘味、コクを感じ、強い苦味が、余韻となって残ります。
 飲み口自体は、意外に軽く、さらりとイケるのですが、でもやはり、苦味の余韻が強く残りますね。モルトの甘味も、十分しっかりなんだと思いますが、ホップの苦み成分とのバランスの関係か、甘ったるいわけではなく、しっかりと苦いです。苦味の強さが、IPAらしさを出してます。節分にふさわしく……というか、強い苦味が、“鬼”を冠したビールっぽくて、やはり、それなりに節分ぽいビールのチョイスでした(?)。

「インドの青鬼」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:7%
◯内容量:350ml
◯製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

長野県・ヤッホーブルーイングの「よなよなエール」 従来版とリニューアル版の飲み比べ(2017年秋)
 この日、飲んだのは、長野県・ヤッホーブルーイングの「よなよなエール」。「よなよなエール」は、1997年から販売されているそうですが、昨年(2017年)、20年の節目でリニューアルされました。リニューアル版の出荷初期には、小売店に従来版とリニューアル版が並び、両方手に入れることができたので、飲み比べてみました。(飲んだのは昨年秋頃ですが、UPしてなかったので。いまさらながらに記事にしました)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂AKB「混ざり合うもの」。


 まず最初に飲んだのは「従来版」。グラスに注ぐと、色は、概ね透明だけど、わずかに霞のある褐色。アロマは、フレッシュな柑橘系のホップの香りと、少しカラメルっぽい香りも感じさせます。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、穏やかだけど、しっかりとしたホップのフレーバーを感じます。モルトの甘味も感じられつつ、しっかりとした、ホップの苦味が感じられ、余韻が後をひきます。
 と、まあ、普通に飲み慣れた「よなよなエール 」の感想です(笑)。なんというか、既に定番の、日本のクラフトペールエールですよね。真新しさはないのですが、いい意味で、普通に美味しいです。


 続いて、お次はリニューアル版。グラスに注ぐと、色は概ね透明な褐色。透明度と言うか色合いと言うか、従来版と比べると、リニューアル版の方が、気持ち、色が薄めなような気もします。
 アロマは、基本的には従来版と同様で、おとなしめではあるけど、柑橘系なホップの香りです。これまたやはり、カラメルっぽい香りもするのですが、気持ち軽めなのかな。口当たりも、だいたい従来版と同様な印象。アロマと同様のフレーバーが、やはり、穏やかながらもしっかりと感じられ、軽いモルトの味わいの上に、ホップの苦味がじわじわと、しっかりと効いてきます。
 定番的に、普通に美味しいのですが、気持ち、飲み口が軽いのかなという気がします。それが悪いというわけではなく、飲みやすいという印象なので、これでいいのかなと。
 ざっくりとリニューアル版の感想をまとめると、飲み口がややスッキリ、ドリンカビリティが増したという言い方ができるかもしれません。変な言い方かもしれませんが、飲み口がスッキリしても、変わらず「普通に美味しい」です。


(缶裏側デザイン:左=従来版、右=リニューアル版)

「よなよなエール」(従来版)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

「よなよなエール」(リニューアル版)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

長野県・ヤッホーブルーイングのバーレイワイン「バレルフカミダス」

 この日、飲んだのは、長野県・ヤッホーブルーイングのバーレイワイン「バレルフカミダス」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「いつかできるから今日できる」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、暗い褐色。と言うか、焦げ茶色です。濁りの中には、澱もそこそこありますね。 アロマは 香ばしさもありますが感じられるのは、 甘味を予感させる、しっかりとした、濃色モルトの香り。ホップの香りは、モルト感の中に埋もれているようです。
 飲むと、口当たりは超マイルドで、ボディはフルボディ。ここまでしっかりドッシリとした、フルボディのビールを飲むのは久しぶりです。
 印象は、とにかく、香ばしさのある、モルトのフレーバー。そして、モルトの甘味ですね。とにかく、モルトの印象です。
 飲んでいると、香ばしさが鼻に抜け、甘味をしっかり感じた後に、のど越しというか、後口に、ホップの苦味が波のように 感じられます。
 後口は、苦味の余韻が、結構残るので、ホップ成分は、そこそこあると思います。しかし、味わいの印象は、モルト感によるものが基本です。とにかく、甘味の印象の方が強いです。
 アルコール分は、11.5%と高く、飲み応えがあるのはもちろん、飲んでいると、胃のあたりがじわじわと温かくなってきます 。

 最近、国内のクラフトビールブルワリーや、アメリカなどの新感覚のブルワリーが作ったバーレイワインしか飲んでいなかったのですが、これらは、モルトが強いのはもちろん、ホップも大量投入されてるものが多く、モルティかつ、ホッピーな印象です。一方、この「バレルフカミダス」は、ホップ感はたいして感じられず、とにかくモルト感だけが強いので、ある意味、新鮮に感じてしまいました。バーレイワインなので、モルトの印象が強いのは当たり前なのですが(笑)

「バレルフカミダス」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:11.5%
◯内容量:375ml
◯製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.