FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
山梨県・富士桜高原麦酒の「ラオホ」

 この日、飲んだのは、山梨県・富士桜高原麦酒の「ラオホ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ZOC「A INNOCENCE」。

 グラスに注ぐと、色は暗い焦げ茶色。でも真っ暗ほどではなく、あくまでも焦げ茶色といった色です。アロマはまさにスモーキーな、スモーク用のチップから出た香りと煙そのものの匂いというか、スモークチーズやスモークハムといったものをつい連想して一緒に食べたくなるような香りです。
 飲み口はまったりとして、ボディは軽めのミドルレベルぐらい。やはり「これ!」と唸らせてくれる、このスモーキーなフレーバーとモルトの甘味、コクが美味いです。苦味は後口にわずかに口に残るかなというくらいで、それほど苦くはありません。
 アルコール分は5.5%と、特別高いというわけでありませんが、スモーキーなフレーバーと、しっかりとしたモルト感とのバランスもあって、飲み応えはかなり感じられます。
 このビールを飲むのは久しぶりですが、やはりいつ飲んでも美味いです。定番ですよね。時々、コンスタントに飲みたくなるビールですが、最近はクラフトビールのイベントに参戦できてなかったし、コロナウイルス禍が収まるまではイベントも開催されないだろうし、そもそもクラフトビアパブもあまり営業できてない状態だし……。早く美味いクラフトビールのドラフトが飲める 状況に戻って欲しいものです。

「富士桜高原麦酒 ラオホ」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:富士観光開発株式会社(山梨県)
http://www.fuji-net.co.jp/

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

山梨県・富士桜高原麦酒()の「ヴァイツェン」

 この日、飲んだのは、山梨県・富士桜高原麦酒()の「ヴァイツェン」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ZOC「断捨離彼氏」。

 グラスに注ぐと、色はカスタードクリームのようなイエローブラウンで、アロマは、クローブ的な香りとバナナっぽい香りが半々ぐらいの感じで感じられます。
 飲むと、飲み口はまったりとしていて、ボディは軽いミドルレベルくらい。
 軽いクローブ香とバナナ感。いかにもヴァイツェンらしい味わいです。何と言うか、富士桜高原ですから、やはりヴァイツェンですね。
 安心して飲めるヴァイツェンです。これぞヴァイツェン。

「富士桜高原麦酒 ヴァイツェン」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:富士観光開発株式会社(山梨県)
http://www.fuji-net.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

山梨県・富士桜高原麦酒(富士観光開発(株))の「シュヴァルツ ヴァイツェン」

 この日、飲んだのは、山梨県・富士桜高原麦酒(富士観光開発(株))の「シュヴァルツ ヴァイツェン」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「アナスターシャ」。

 グラスに注ぐと、色は黒っぽい焦げ茶色。まっ黒っていうことはありませんが、結構暗い色です。アロマは、遠くにヴァイツェンぽい香りもありつつ、しっかりとフロントで感じられるのは、濃色モルトによる硬めな印象の香ばしい香り。モルトの甘味を予感させるようなミルクチョコレートのような香りではなく、本当に焦げたトーストと言うか、そんな香りが感じられます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはライト。焦げモルトの香ばしさ、焦げたトーストやダークチョコレートを思わせるフレーバーをしっかりと感じます。少しずつではありますが、それほど時間をかけずに飲んで行くと、それほど甘いという印象は受けませんが、ゆっくりと飲んでいくと、だんだんとモルトの甘みが感じられます。
 とは言え、甘ったるくはなく、比較的あっさりとした印象です。香りがいいですね。甘い印象のミルクチョコレートのような香りではなく、もっとしっかりと焦げたような、でも臭くない嫌味でない香り。これ結構好きですり。久しぶりに飲んだけど。

「富士桜高原麦酒 シュヴァルツ ヴァイツェン」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ
◯アルコール分:5.0%
◯内容量:330ml
◯製造者:富士観光開発株式会社(山梨県)
(http://www.fuji-net.co.jp)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

山梨県・富士桜高原麦酒(富士観光開発(株))の「PILS」

 この日、飲んだのは、山梨県・富士桜高原麦酒(富士観光開発(株))の「PILS」。富士桜高原のビールは、ビアフェスなどのイベントでは、ついヴァイツェンや限定ビールなどを飲みがちだったので、PILS=ピルスナーを飲むのはかなり久しぶりです。富士桜高原は、ヴァイツェンやラオホが有名ですが、個人的にはこのPILSも大好きです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(白石麻衣)「じゃあね。」。

 グラスに注ぐと、色はやや霞みのあるゴールド。アロマは、ふんわりと心地よく香る、麦藁のような、シリアルのような、落ち着いたホップの香りです。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。落ち着いたモルトのコクを感じつつ、ふんわりとホップのフレーバーが感じられ、同時にしっかりと舌に苦味が感じられます。後口には苦味の余韻が感じられますが、実はモルトの余韻も感じられ、とても心地よい味わいです。
 いやー、久しぶりに飲みましたが、やはり美味しいです。ごくごく飲むのがもったいないレベルのピルスナーなのですが、大きなジョッキでたっぷりと飲みたくなります。
 ピルスナーなどのいわゆる“ベーシックスタイル”的なビールを美味しく作れるブルワリーは、だいたい何を作っても美味しいです。最近は新たなクラフトビールの波が来ていて、新規開業のブルワリーも多いのですが、いきなりIPA(とそのバリエーション)ばかり作ったりするところも少なくありません。それもまあ時代なんだろうなとは思うんですが、やはりこういうベーシックなビールを上手く作ってこその、広く飲まれるビール作りなのではないかなと思います。新しいブルワリーも、せめてピルスナーぐらいは作って欲しいなぁ……(という、個人的感想)。

「富士桜高原麦酒 PILS」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ
◯アルコール分:5.0%
◯内容量:330ml
◯製造者:富士観光開発株式会社(山梨県)
http://www.fuji-net.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」(醸造所・山梨県)

 この日、飲んだのは、東京都・Far Yeast Brewingの「WESTBOUND Session IPA」。 2018年春に福岡にオープンする(した)「BEERSONIC」という、ビアパブなのかな?そことのコラボレーションによるビールだそうです。なので、東京から福岡行きということで、「WESTBOUND」なんですね。実際に製造した醸造施設の所在地は、山梨県だそうなので、当ブログでは、「ビール系(信越・北陸)」に分類させていただきました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Fear, and Loathing in Las Vegas「SHINE」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、白濁とも言えるような黄土色系の褐色です。アロマは、フレッシュと言うか、シャープな香りとでもいうか、なかなか鮮烈な印象の、シトラス系の香り。確かに、ネルソンソーヴィンの香り。ネルソンソーヴィンに、それほど“白葡萄感”はそれほど感じないのですが、まあ上品で爽やかな香りだと思います。

 飲むと、口当たりはそれなりにマイルドで、炭酸刺激は細やか。ボディーはライトです。軽い飲み口で、モルト感は軽めですが、シャバシャバというわけではなく、ホップのフレーバーと、しっかりとした苦味が感じられます。
 表示を見ると、アルコール分は3.9%と軽いです。確かに飲み口は軽いけど、3.9%という割にペラペラではないと思います。それでも軽いけどね。
 まあ、確かにセッション IPA という感じですね。飲みやすいです。グイグイいきたい感じです。

「WESTBOUND Session IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:3.9%
◯内容量:330ml
◯製造者:Far Yeast Brewing(本社・東京都、醸造所・山梨県)
(http://faryeast.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.