Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
新潟県・エチゴビール株式会社の「FLYING IPA」

 この日飲んだのは、新潟県・エチゴビール株式会社の「FLYING IPA」。缶のデザインは、裏表で違い、それぞれ、いつもの“山羊のマーク”、ビールグラスを掴んだ龍のイラストが描かれてます。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、AKB48「フライングゲット」。

 グラスに注ぐと、色は、概ね透明な褐色。アロマは、ジューシーな印象の、これぞ“柑橘系ホップ香”という香りです。

 飲むと、炭酸刺激は意外に穏やかで、アロマと同様、しっかりとした、ジューシーなホップのフレーバーを感じます。アロマよりも、やや“青い”印象の香りかな。モルトの味わいも意外にしっかりしつつ、当然ながら苦味もしっかり。アルコール分は5.5%でやや高めくらいですが、飲み応えは、それ以上にあり感じ。後口には、柑橘系とは違う、別な印象のホップの香りを感じます。

 全体印象で、アメリカンIPAらしいIPAといった感じですね。エチゴビールだけあって、外してないです。安定して普通に美味いIPAでした。

「FLYING IPA」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○内容量:350ml
○製造者:エチゴビール株式会社(新潟県)
http://www.echigo-beer.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

長野県・ヤッホーブルーイングの「キイテナイゼ SORRY UMAMI IPA」

 この日飲んだのは、長野県・ヤッホーブルーイングの「キイテナイゼ SORRY UMAMI IPA」。“Umami IPA brewed with dried bonito”と書いてあるので、かつお節を加えて醸造したビールのようです。なかなか斬新な発想で作られたビールですが、元は、輸出専用製品として作られてたもので、「We brewed a truly "Japanese Beer" 」と謳って海外販売されてたものです。かつお節の“うま味成分”を使うとは面白い。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiSH 「本当本気」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なカーキ系な褐色。アロマは、一瞬、シトラス系なホップの香りと、オレンジピールの香りが合わさったような香り。でも、その中に、不思議な、例えにくい香りを感じます。原材料として、かつお節が使われてるので、その香りなのかな。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディは意外にもしっかりめな印象のミディアムくらい。
 フレーバーはホップとスパイスによる、トータルでは結構スパイシーな印象です。わずかな小麦感もあります。
 味わいはしっかりですが、甘味そのものはそれほど強くは感じられず、むしろとても強い苦味が印象的です。強い苦味は、結構しっかりとした余韻になってます。というか、ずっと苦い。
 アルコールは7%と高めで、アルコール感もありつつ、なかなかの飲み応え。普通に充実感のあるIPAといった感じですが、かつお節を使うという、奇抜なアイデアを実現しつつも、実は手堅く美味いビールを作ってるっていうのが、ヤッホーブルーイングのスゴいとこなのかもしれないですね。

「キイテナイゼ SORRY UMAMI IPA」
○原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、かつお節、コリアンダーシード、オレンジピール
○麦芽使用率:99%以上
○アルコール分:7%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

長野県・ヤッホーブルーイングの2016年のシーズナル(限定)ビール「軽井沢高原ビール Seasonal Belgian Golden Ale 2016」
2016,07,16_blog
 この日飲んだのは、長野県・ヤッホーブルーイングの2016年のシーズナル(限定)ビール「軽井沢高原ビール Seasonal Belgian Golden Ale 2016」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(白石麻衣)「オフショアガール」。

 グラスに注ぐと、色は、ほぼ透明なゴールド。アロマは、少しクローブのような、トロピカルフルーツのようでもある香りを感じます。これはホップ、そして酵母によるものなのかな。
 飲むと、口当たりはマイルド。炭酸刺激は細やかで、ボディはミディアム。意外にトロんとしてる印象です。
 アロマよりも、クローブ感、なんだか小麦系ビールのようなフレーバーを感じます。モルトの甘味、コクがあり、まったりとイケる感じ。苦味はたいして感じられません。のんびりリラックスして飲む感じのビールですね。
 アルコール分は7%と高めなのですが、そこまでの高アルコール感は無く、なんとなく飲めてしまうビールです。こういうのはヤバイのかもしれません(笑)

「軽井沢高原ビール Seasonal Belgian Golden Ale 2016」
○原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
○アルコール分:7%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社ヤッホーブルーイング(長野県)
http://www.rakuten.co.jp/yonayona/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

新潟麦酒の「虹之麦酒」
2016,06,22_blog
 この日飲んだのは、新潟麦酒の「虹之麦酒」。(広島県)三原市西野地区で生産された麦を使って作られたビールです。何年か前から、存在は知っていたのですが、なかなか入手する機会がありませんでした。先日、三原市に行く機会があり、「道の駅」で見つけたので、思わずゲットしました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「そんなバカな…」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのあるカーキイエロー。白濁したオーカー(黄土色)といった方がいいかも。アロマは…ほんの少し、ほんの少しだけ、クローブっぽいような香りを感じました。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりめのライトくらいかなぁ。なんとも独特なフレーバーです。基本は、白濁した色から想像できる、ウィート系な香り。クローブっぽい香りが、ほんの少しだけ感じられますが、決してヴァイツェン系な印象ではありません。やはり、新潟麦酒の商品ではお馴染みの、独特な乳酸飲料のようなミルキーな香りがあります。
 モルトのコクはあるようです。甘味がしっかり感じられるというわけではなく、(小麦系なので)苦味もほとんど感じられません。強いて言えば、酸味っぽいような…でも実際にはたいして酸味じゃないような味わいが…。難しい(笑)。

 新潟麦酒は、様々なユーザーの依頼や酒販業者からの委託で“オリジナル”ビールを作っていますが、大抵どれを飲んでも、日本のクラフトビールをいろいろ飲んだ人であれば“必ず”分かるレベルで、「新潟麦酒のビールだな」と感じられる個性があります(初期の「宮島ビール」も明らかにそうでした)。
 新潟麦酒はそれはそれでいいのですが、商品に反映される個性が強すぎて、“特色ある原材料”の個性が紛れてしまうように感じます。まあ、広島近辺に、OEMに対応したクラフトビールブルワリーがほぼ無いので仕方ないのですが…。
(だいたいのブルワリーには、なかなかOEMに対応する余力が無いのが実情のようですから、それはそれで仕方ないすね)

「虹之麦酒」
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:4.5%
○内容量:330ml
○製造者:新潟麦酒株式会社
http://www.niigatabeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県・ベアレン醸造所の「ベアレンチョコレートスタウト」
2016,04,06_BLOG
 この日飲んだのは、岩手県・ベアレン醸造所の「ベアレンチョコレートスタウト」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BABYMETAL 「ギミチョコ!」。

 グラスに注ぐと、色は、パッと見は黒っぽい、暗褐色。アロマは、濃色モルトによる、香ばしく、ミルクチョコレートを思わせる香り。
 飲むと、口当たりはマイルドで、モルトのしっかりしたコクと甘味、そしてやはりチョコレートを思わせるモルトの焙燥フレーバーを感じます。

 のど越し辺りには、苦味が少しありますが、モルトの焦げ苦さだけではないですね。個人的には、こういうビールのIBUが知りたいもんです。後口のジワジワっとくる余韻がいいですね。
 かなり久しぶりに飲んだのですが、いいですな。

「ベアレンチョコレートスタウト」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.5%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社ベアレン醸造所(岩手県)
http://www.baerenbier.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.