Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
神奈川県・サンクトガーレンの「el Diablo Barley Wine(2012)」

 さて、お呼ばれして宴会に参加した話の続きです。私が持ち込んだビールは、2本あったのですが、1本目のイタリア産「CURMI」を 飲んでしばらくした後、2本目のビールも、栓を抜きました。
 2本目は、神奈川県のサンクトガーレンが毎年リリースしている“名物”バーレイワイン「el Diablo Barley Wine(2012)」。2012年に購入し、冷蔵庫に入れていたのですが、特別な時に飲もうと思いつつ、なかなか飲むタイミングがつかめず、なんだかんだで、あっという間に5年たってしまいました。既に、いつ飲んだらいいか、自分でもよく分からなくなってたので(笑)、この機会に持ち込ませていただきました。

 さて、グラスに注ぐと、色は、少し濃いめの褐色。アロマは、すごく控えめで清涼な、わずかにハーブ感というか、いい感じに爽やかなフレーバーを感じます。柑橘系なホップのフレーバーもあるのでしょうが、あまり柑橘感はないですね。
 飲むと、ホップの爽やかなフレーバーを感じます。アルコール分は、10%と高いので、モルト感、甘味はもちろん、飲み応えもありますが、飲み自体は、意外に軽く、するするとイケます。苦味もそれほど強くは感じられません。製造時のデータでは、IBU(ホップ由来苦味成分値)は91もあるのに、さすがに5年も寝かせてただけあって、すごく丸く、マイルドになってますね。アルコール分は10%もあるのに、超飲みやすいです。おかげさまで、好評を博して、あっという間になくなってしまいました(笑)

「el Diablo Barley Wine(2012)」
◯原材料:麦芽、ホップ(Nugget、Cascade、Chinook)、酵母
◯アルコール分:10%
◯IBU:91
◯内容量:300ml
◯製造者:サンクトガーレン有限会社(神奈川県)
http://www.sanktgallenbrewery.com/
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

埼玉県・コエドブルワリーの「瑠璃-Ruri-」

 この日飲んだのは、埼玉県・コエドブルワリーの「瑠璃-Ruri-」。まあ、定番ですわね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ももいろクローバー 「行くぜっ!怪盗少女」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なレモンイエロー的なカーキ ブラウン。アロマは、枯れ草の様な、シリアルの様な、ふんわりとしたホップの香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかく、炭酸刺激は細やか。ふんわりとしていつつも、しっかりとした、ホップのフレーバーを感じます。モルト感もありつつ、ホップの軽やかな苦味を感じます。
 後口には、ホップの苦味がじわじわと余韻となって残りますが、苦味自体は、ガツンと言うほどのものではなく、穏やかに感じます。
 なんだろう、完成度が高いというか、初めて飲んだわけでもないし、ちょいちょい飲んでるんだけど、やっぱ美味しいと思わせるものがありますね。うむ。

「瑠璃-Ruri-」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社協同商事コエドブルワリー(埼玉県)
http://www.coedobrewery.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

茨城県・木内酒造の「常陸野ネストラガー」

 この日飲んだのは、茨城県・木内酒造の「常陸野ネストラガー」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「ブランコ」。

 グラスに注ぐと、色は、透明でやや濃いめのゴールド。アロマは、柑橘感もあるけど、より清涼でハーブ感もあるホップの香りを感じます。
 飲むと、ボディはしっかりめのライトで、モルトの味わいを感じさせつつも、ホップのフレーバー、そしてしっかりとした苦味を感じます。フレーバーは、アロマよりは、やや丸く、普通に柑橘感の印象のある香りに思えました。
 後口には、苦味の余韻が結構残り、苦味しっかり印象のビールです。
 アルコール分は5.5%とわずかに高めですが、意外に飲み応えがあるように感じました。苦味がしっかりなのと、モルト感もそれなりなので、いい感じに、ほどほどの充実感がありますね。普通に美味いす。

「常陸野ネストラガー」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○内容量:330ml
○製造者:木内酒造合資会社(茨城県)
http://kodawari.cc/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

千葉県・舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン(イクスピアリ)の「-ナツコ-夏の小麦ビール」
2016,09,06_blog
 この日飲んだのは、千葉県・舞浜地ビール工房ハーヴェスト・ムーン(イクスピアリ)の「-ナツコ-夏の小麦ビール」。ドイツのアロマホップ「サフィア」のみを使用した小麦のビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「夏のFree & Easy」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、レモンイエロー。アロマは、とても軽やかで爽やか。小麦の香り要素も含まれているのでしょうが、とても爽やかな、鮮烈といえるレベルの、レモン果汁を思わせる香りです。
 飲むと、細やかな炭酸刺激で、ボディはライト。アロマと同じく、鮮烈なレモン果汁のような、いや、どちらかというとレモングラス的な香りを少しスパイシーにしたようなフレーバーです。これは爽やかだー。これがホップ「サフィア」の香りなんでしょうね。モルトの味わいは軽く、苦味もかなり控えめです。
 小麦っぽい雰囲気は感じられませんでしたが、とても爽やかでイイ感じの夏ビールでした。

「-ナツコ-夏の小麦ビール」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:4.5%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社イクスピアリ(千葉県)
(http://www.ikspiari.com/shop/harvest/index.html)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

千葉県・舞浜ビール工房ハーヴェスト・ムーンの「Dancing Summer」
2016,09,03_blog
 この日飲んだのは、千葉県・舞浜ビール工房ハーヴェスト・ムーンの「Dancing Summer」。グレープフルーツ果汁、レモン果汁、そしてミントを加えて醸造したゴールデンエールだそうです。この夏、ちょっとした旅で、舞浜にある、某「夢と魔法の王国」に行った際、ちょっとだけイクスピアリに立ち寄り、この「Dancing Summer」の樽を飲んだことがあります。今回は、それのボトル詰めバージョンです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「裸足でSummer」。

 グラスに注ぐと、色は、わずかに霞みのある、イエローゴールド。アロマは、印象的に香る、フレッシュ感のある、爽やかなグレープフルーツ的な柑橘の香り。
 飲むと、細やかな炭酸刺激を感じ、やはりグレープフルーツの鮮烈なフレーバーを感じます。甘味も意外にありますが、ホップの苦味と、それに相性の良いグレープフルーツ果汁感が合わさり、いい感じのビール感。あらためて、柑橘果汁とビールの相性の良さを感じますね。
 アルコール分は4.5%と軽めですが、意外に甘味があるせいか、それほど弱いという印象ではありません。
 とはいえ、ボディはライトなので、グビグビとイケてしまいます。低めのアルコール分と相まって、まさしく夏のフルーツビールといった感じです。

「Dancing Summer」
○原材料:麦芽、グレープフルーツ果汁、レモン果汁、ホップ、ミント
○麦芽使用率:50%以上
○アルコール分:4.5%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社イクスピアリ(千葉県)
http://www.ikspiari.com/shop/harvest/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.