Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
製造・DHCビール(静岡)、販売・Far Yeast Brewing(東京)の「FINAL CUT SESSION ALE」

 この日飲んだのは、静岡県のDHCビールが製造し、東京のFar Yeast Brewingが販売の「FINAL CUT SESSION ALE」。
 Far Yeast Brewingは、クラフトビールを企画し発信している会社で、現在は、他社に製造を委託しているコントラクトブルワリーみたいですが、既に自社工場を建ていて、近いうちに稼働が開始されるそうです。一方のDHCビールは、化粧品や健康食品で知られる、あのDHCの関連会社みたいです。ビール作ってたのか…。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Aldious 「Go away」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、ほんのわずかにカーキ色がかった褐色。アロマは、少し青い印象の、柑橘系なホップの香り。マンゴーっぽい香りでもあるように思います。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、アロマよりはおとなしい印象のホップのフレーバーを感じます。モルトの甘味はそれほどは感じられませんでしたが、モルトの厚みは感じ、そこにほどほどに強い苦味を感じます。後口には、少し青い芝生のようなフレーバーもありますね。
 アルコール分は5.0%と普通くらいで、するっと飲めます。後口には、結構な苦味の余韻が残りますね。苦味がしっかりな分、それなりに存在感があります。苦味の存在感があるので、アルコール分以上に飲んだ感がありますね。
 特に変わった個性があるわけではありませんが、まあ、良い意味で普通に手堅いビールとも言えるかな。

「FINAL CUT SESSION ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.0%
○内容量:330ml
○販売者:Far Yeast Brewing Company
(http://faryeast.com/)
○製造者:株式会社DHCビール(静岡県)
(https://top.dhc.co.jp/shop/beer/index.html)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

日本ビール(醸造)の「赤濁」
2016,08,07_blog
 この日飲んだのは、日本ビール(醸造)の「赤濁」。日本ビールは、以前から「白濁」という商品を出していましたが、その“赤バージョン”(?)が出たんですね。内容物の沈殿のため、陳列時は逆さまに置いて、飲むときにひっくり返すのは、「白濁」と同じです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ワルキューレ 「絶対零度θノヴァティック」。

 グラスに注ぐと、色は、透明な赤褐色。アロマは、モルトの甘味を予感させる、香ばしい香りを感じます。
 飲むと、口当たりは柔らかく、香ばしいフレーバーと、モルトの甘味を感じます。華やかってほどの香りではないかなぁ…
 ボディはしっかりめのミディアムというか、軽めのフルというか。缶には「フルボディの飲み応え」と書いてありますが、それほどどっしりしてるわけではないですね。缶には、「シメイ」的なゴブレット型グラスに注がれた写真が描かれてたので、シメイのグラスで飲んでみたんですが、別にこのグラスじゃなくてもよかったかな(笑)

「赤濁」
○原材料:大麦麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○内容量:350ml
○販売者:日本ビール株式会社
http://www.nipponbeer.jp/
○製造者:日本ビール醸造株式会社(静岡県)
http://samuraisurferbeer.jp/index.html

三重県・伊勢角屋麦酒(二軒茶屋餅角屋本店)の「はなきんさくら 花酵母麦酒」
2016,04,02_blog
 この日飲んだのは、三重県・伊勢角屋麦酒(二軒茶屋餅角屋本店)の「はなきんさくら 花酵母麦酒」。東京農業大学の酒類研究室が花から採取、分離した“農大花酵母”の中から選ばれた「さくらの花酵母」を使ったビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「千本桜」。

 グラスに注ぐと、色は軽く濁りのある、ややカーキ色がかった褐色。アロマは、独特の香り。例えるならマンゴーの香りに似てるかな。ラベルの説明書きを見る限りでは、この香りは“さくらの花酵母”由来っぽいですね。
 飲むと、口当たりはかなりマイルドで、ボディはしっかりめのライト。アロマよりはホップな香りが少し強めにバランスされたフレーバーですね。モルトのコクがあり、甘味もあるはずですが、苦味とのバランスのせいか、それほど甘い印象ではありません。
 後口には、少しだけ、苦味の余韻がありますね。

 最初の印象こそ、ビールっぽくありませんでしたが、後口辺りの印象は、意外にビールな感じ。まあ、伊勢角屋ですから、基本が上手く作られてるんでしょうね。なかなかイケます。

「はなきんさくら 花酵母麦酒」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:330ml
○製造者:有限会社 二軒茶屋餅角屋本店 麦酒蔵(三重県)
http://www.biyagura.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

箕面ビール 「ビリケンビール」
2015,08,16_blog
 この日は、大阪・(箕面ビール)の「ビリケンビール」を飲みました。ちなみに、飲む直前まで、ヴァイツェンだとは知りませんでした(よく見ると缶に書いてありましたが)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、NMB48 「ドリアン少年」。

 グラスに注ぐと、色は少しだけ霞みのあるイエローゴールド。アロマは、クローブっぽい香りを少しだけ、とても控えめに感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドながら、実はそれなりに炭酸刺激は細やかにしっかり。基本、やはりクローブっぽいフレーバーと、後口には、少しだけ、ホップっぽい香りもあるような気がします。ヴァイツェンらしく、苦味はたいして感じられません。
 コッテリではなく、ライトながらも、ヴァイツェンっぽい香りも少しするので、ヴァイツェンは飲みたいけど、コッテリはあまり得意じゃないって人にはちょうどいいかも。

 以前、大阪に行った際、たこ焼き屋で(箕面ビールの)ヴァイツェンを出してるお店が何軒かあり、「ピルスナーじゃないんだ?」とか思ったことがあるのですが、この「ビリケンビール」の缶には、「ヴァイツェンは関西のソースを使用したメニュー(串カツ、お好み焼き、タコ焼き)との相性もピッタリです」と書いてあるので、結構、そういう売り出し方がされているのかもしれません。まあ、ヴァイツェンが合わないってわけではないと思うので、それはそれでイイかなと。
 たこ焼きなどのお供であれば、“コッテリ”なヴァイツェンよりは、“あっさり”なヴァイツェンが合うと思いますが、この「ビリケンビール」、やや霞みはあるものの、クリスタルヴァイツケンに近い色合いと飲み口です。そう考えると、箕面ビールの通常のヴァイツェンよりも、さらに“ソースフードに合う”と言えるかも。なるほどねぇ。

「ビリケンビール」
○原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類
○アルコール分:5%
○内容量:350ml
○製造者:エイ.ジェイ.アイ.ビア株式会社 箕面ブリュワリー(大阪府)
http://www.minoh-beer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

愛知県・金しゃちビールの「IMPERIAL STOUT」
2015,04,27_blog
 この日は、愛知県・金しゃちビールの「IMPERIAL STOUT」を飲みました。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ONE OK ROCK 「The Beginning」。

 グラスに注ぐと、色は黒に近い暗褐色。アロマは、高温焙燥モルトによる、香ばしい香り。ミルクチョコレートを思わせる香りを感じます。
 飲むと、口当たりは柔らかくスムースで、モルトのチョコレート感のあるフレーバーをしっかりと感じます。少しだけホップフレーバーもあるかな。モルトのしっかりとした甘味とコクが楽しめ、のど越しには、焦げモルトだけでない、ホップの苦味を感じます。アルコール感もまた、飲み応え、充実感につながってますね。
 美味いす。

「IMPERIAL STOUT II アルコール高め。女王陛下のビール」
○原材料:麦芽、ホップ、糖類
○アルコール分:8%
○内容量:330ml
○製造者:ワダカン株式会社 盛田金しゃちビール犬山工場(愛知県)
http://www.kinshachi.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.