Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
京都府・黄桜(株)の「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、DOLL$BOXX「世界はきっと愛を知ってるんだ」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、かなり暗い焦げ茶色です。アロマは、かすかに清涼な、ホップっぽい香りがするような気がしますが、主な印象 は 、濃色モルト由来とみられる香りですね。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはしっかりめのライト。最初、「結構ボディがあるのかな」という第一印象ですが、フィニッシュは、さっぱりしてます。やはり、わずかに清涼な、ハーブっぽいというほどではないんですが、清涼なホップのフレーバーを感じ、同時に、モルトの、少しだけ香ばしいフレーバー感じます。
 モルトの甘味が、基本ベースとなり、その上に、そこそこの苦味が感じられます。甘味はあるのですが、最初に書いたように、フィニッシュはさっぱりしていて、後口には、苦味の余韻が残ります。
 アルコール分は、7%と少し高めで、後から、意外な飲み応えを感じます。個人的には、もうちょっと甘味の部分を強くしたぐらいのバランスが好きかな。
 アルコール分7%の割には、意外にさっぱりした飲み口なので、苦味の印象が意外に強いですね。全然関係ないけど、ラベルのデザインは意外に好き。

「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:7%
◯内容量:330ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 清酒酵母仕込 ゴールドエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 清酒酵母仕込 ゴールドエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、TEARS OF TRAGEDY「Void Act」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁りと言うか、霞みのあるレモンイエローっぽい色。
 アロマは、なんていうか不思議な、フルーティーな、それでいて清涼な香り。まあ、グラスに注いだ時からこの香りを感じてたのですが、「清酒酵母仕込み」と書いてあるので、まさしくこれは、清酒酵母による香り。お酒っぽい香りです。

 飲むと、炭酸刺激は細やかだけど、やや強めで、ボディは、しっかりめのライト。モルトによるものか、酵母によるものか、不思議なまろやかさがあり、 モルト感は、それほど感じられず、スルスルっと流れていく感じです。
 苦味は、それほど感じないですね。どちらかと言うと、やや酸味っぽい味がするような気もします。でも、ここで表現しているよりも、結構飲みやすいビールではあります。
 まぁ、確かに、ゴールデンエールなのかもしれませんが、清酒酵母の印象が強いので、まあ個性的ではありますね。

「酒蔵仕込 京都麦酒 清酒酵母仕込 ゴールドエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:4%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都・黄桜株式会社の「ラッキーキャット」 東京ドームの余韻に浸ながら

 この日は、東京ドームで開催された某コンサートに参戦し、そのまま東京に一泊。ホテルに到着したのは、結構遅い時間だったので、近くのスーパーで買い物して、遅い夕食にしたのですが、スーパーには、広島では、あまり見かけないビールがあったので、1本買って帰り、コンサートの余韻を噛みしめつつ、つかの間のビールタイムといたしました。
 そんなわけで、この日、ホテルで飲んだのは、京都・黄桜株式会社の「ラッキーキャット」。東京で京都のビールとは、縁もゆかりもありませんが、これもまた、旅先での思い出というやつですね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「きっかけ」。ありがとう乃木坂46。

 さて、このビール、グラスに注ぐと、色は、ちょっと濁りのある、やや暗めのカーキっぽくもある褐色。アロマは、少し爽やかな印象の、一瞬、オレンジピールか何かかな?と思うような香り。原材料を見ると、柚子と山椒が使われてるようなので、この香りの印象は、柚子の由来の方かな?
 飲むと、口当たりは比較的まったりとした感じ。モルトの味わいも少し感じ、柚子と山椒の合わさったような、やや爽やかな香り。副原料を使ったためか、飲み口は、ややパリッとした、さっぱりとした印象です。
 柚子と山椒が合わさったとありましたが、山椒単体の、山椒らしい印象は、そんなには感じないように思いました。
 苦味は、たいして強くないです。さっぱりとして、飲みやすい感じもあります。意外に嫌いじゃなかったです(笑)

「LUCKY CAT 旨味ホワイトエール」
◯原材料:麦芽(麦芽使用率78%以上)、ホップ、米、ゆず、山椒
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

(株)時之栖が販売者の「伊豆の国ビール ヴァイツェン」

 この日、飲んだのは、静岡県の株式会社時之栖が販売者となっている「伊豆の国ビール ヴァイツェン」。製造者について記載はありませんが、株式会社時之栖の関連グループ会社として、株式会社御殿場高原ビールがあるので、おそらく、ここが製造者だと思います。ちなみに、「御殿場高原ビール」といえば、昔は、米久株式会社の子会社でしたが、米久が伊藤ハムに統合されたことに伴い、時之栖に売却されたようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode「(LIVEバージョン)」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、やや薄めのカスタードクリームっぽいというか、カーキ色っぽいというか、黄褐色です。アロマは、ヴァイツェンらしい、クローブっぽい香りを感じます。
 飲むと、 口当たりはマイルドで、ボディは、しっかりめのライト。軽めのミドルかなとも思ったけど、飲んでると、やっぱりしっかりめのライトって感じ。クローブっぽいフレーバーを感じつつ、少しの酸味と、全体的なボリュームを形作る、モルトの甘味を感じます。個人的には、もっと、こってりした感じでもいいのかなとか思いました。クローブフレーバーも、もうちょっと、“ズドン”ときてもいいかな。
 アルコール分は、5%ですが、飲んでると、意外に、“飲んだ感”がありますね。不思議なのに、意外に飲み応えは、少しあるような気がします。
 まあ、初めてヴァイツェンを飲む人にも、飲み易いかな、といった感じです。

「伊豆の国ビール ヴァイツェン」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯販売者:株式会社時之栖
(http://www.tokinosumika.com/)
○製造者(おそらく):株式会社御殿場高原ビール(静岡県)
(http://gkb.co.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

日本ビール醸造(株)の「ALOHA LAGER」

 この日飲んだのは、日本ビール醸造(株)の「ALOHA LAGER」。ラベルには“Aloha Beer Company”という、ハワイのブルワリー(2012年に開業するも、翌年閉店。その後2017年1月に再オープン)の名前が記載されています。しかし、製造者は日本ビール醸造株式会社、販売者は日本ビール株式会社とも記載されています。ライセンス製造なんでしょうか。よくわかんないです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(白石麻衣)「オフショアガール」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、ふんわりと、穀物っぽいホップの香りを感じます。飲むと、口当たりは、まあまあスムース。最初はね。
 ボディはライトで、意外にモルトの甘味を感じつつ、その合間に混じったかのような、ややしっかりめの苦味を感じます。
 ボディは確かにライトなんだけど、モルト感と、微妙にしっかりとした苦味のためか、あまりすっきりとした印象ではありません。
 んーなんだろう、軽めでモルト感のあるビールが好きじゃないわけではないし、苦味が強いビールが嫌いなわけでもないんですけど……。何だろう、このすっきりとしない飲み口は。
 バランスとかいう 問題ではなくて、なんというか難しいけど、ちょっと好みとは違うかな。

「ALOHA LAGER」
○原材料:大麦麦芽、ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:330ml
○販売者:日本ビール株式会社
http://www.nipponbeer.jp/
○製造者:日本ビール醸造株式会社(静岡県)
(http://samuraisurferbeer.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.