Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
京都は黄桜(株)の「LUCKY CAT 旨味ホワイトエール」

 この日、飲んだのは、京都は黄桜(株)の「LUCKY CAT 旨味ホワイトエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Unlucky Morpheus「CADAVER」「REVADAC」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、ややくすんだレモンイエロー的な色。アロマは、コリアンダーか何かかな?と思うような、少し清涼感のある、不思議な香り です。このビールは、柚子や和山椒が使われているようなので、これらに由来する香りなのだと思います。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで、ボディーはライト。モルトの味わいもありつつ、やはり個性的な、でも爽やかな、不思議なフレーバーを感じます。
 柚子の個性がメインになっているようですが、そこにわずかなスパイシーさのような印象を出しているのが、和山椒の部分なのかな。ホワイトエールは、苦味が弱いものも多いのですが、これもやはり苦味は強いわけではありません。しかし、そうは言っても、じわじわとくる苦味がちゃんとあり、それなりに苦味の余韻良も感じられたりします。
 苦味がそこそこしっかりしてて、ハーブ感を抑えてあるような印象なので、確かに、料理を食べながら飲むといった飲み方に合うのかもしれませんね。

「LUCKY CAT 旨味ホワイトエール」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、ゆず、山椒
◯麦芽使用率:78%以上
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「和の彩り  和かすみ  ホワイトエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「和の彩り  和かすみ  ホワイトエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、predia「Hotel Sunset」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、わずかにレモン色っぽく、黄土色系の褐色です。アロマは、意外におとなしく、モルト的な、少し甘めの印象を持つ香りと、かなり控えめですが、コリアンダーによるものらしき香りを感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディーはライト。口当たりのまったりとした感じは、いかにも小麦のビールといった感じです。甘味は、それほど強くはありません。
 小麦系のビールのお約束で、苦味はそれほど強くないのですが、弱い苦味の中には、もしかしたら、ゆず によるフレーバーの部分もあるのかもしれません。しかし、全体的に、フレーバーは弱く、ホワイトエール感は、あまり強くないようですね。
 まあ、まったり感はありつつも、飲み口はすっきりした感じなので、飲みやすいとは言えるのでしょうね。

「和の彩り  和かすみ  ホワイトエール」
◯原材料:麦芽、ホップ、小麦、ゆず、コリアンダー
◯麦芽使用率:78%以上
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜株式会社の「星あかり  ブラウンエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜株式会社の「星あかり  ブラウンエール」。前回書いた「星あかり ペールエール」と同様、一見、(国産)ビールっぽくない缶デザインがいいですね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Buono!「初恋サイダー」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁りのある、暗めの褐色。アロマは、少し香ばしいモルトの香りと、その向こう側に、ほんの少し、わずかに硬い印象のホップの香りもあるように感じます。飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはライト。モルトの香ばしさを感じますが、比較的軽めです。モルトの甘味は軽めですが、そこそこは感じられます。ホップの苦味も、ちゃんと感じられはしますが、苦味自体は、それほど強くはないような気がします。モルト感が特別強いわけではないので、苦味とのバランスが取れているような感じがします。アメリカンブラウンエールとは違う、落ち着いたブラウンエールといった感じですね。穏やかで、飲みやすいブラウンエールです。

「星あかり  ブラウンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜の「星あかり  ペールエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜の「星あかり  ペールエール」。コンビニでゲットしてきたんですが、ぱっと見、ビールには見えなかったし、ましてや、黄桜の商品とも思えませんでした(アメリカとかイギリスには、こういう色合いのデザインの缶ビールあったりしますけど)。
 最近、黄桜が出すビールは、缶や瓶ラベルのデザインが、いい意味でむかしの違う感じなので、新鮮味がありますね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、AKB48「僕たちは戦わない」。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞みのある、やや黄土色がかった褐色。アロマは、少し硬い印象の、穏やかなホップの香り。
 飲むと、口当たりはスムーズで、ボディはライト。アロマと同様の、ホップのフレーバーを感じ、モルト感は軽く、全体的にすっきりとした飲み口です。
 苦味はちゃんと感じられますが、特段、 強く主張してくるわけではなく、後口にじわじわと余韻が残るぐらい。でも、なんと言うか、さっぱりと飲めて結構ごくごくといっちゃう感じ。飲みやすいなー。まあ、普通に美味いかな。

「星あかり ペールエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、DOLL$BOXX「世界はきっと愛を知ってるんだ」。

 グラスに注ぐと、色は、結構濁りのある、かなり暗い焦げ茶色です。アロマは、かすかに清涼な、ホップっぽい香りがするような気がしますが、主な印象 は 、濃色モルト由来とみられる香りですね。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはしっかりめのライト。最初、「結構ボディがあるのかな」という第一印象ですが、フィニッシュは、さっぱりしてます。やはり、わずかに清涼な、ハーブっぽいというほどではないんですが、清涼なホップのフレーバーを感じ、同時に、モルトの、少しだけ香ばしいフレーバー感じます。
 モルトの甘味が、基本ベースとなり、その上に、そこそこの苦味が感じられます。甘味はあるのですが、最初に書いたように、フィニッシュはさっぱりしていて、後口には、苦味の余韻が残ります。
 アルコール分は、7%と少し高めで、後から、意外な飲み応えを感じます。個人的には、もうちょっと甘味の部分を強くしたぐらいのバランスが好きかな。
 アルコール分7%の割には、意外にさっぱりした飲み口なので、苦味の印象が意外に強いですね。全然関係ないけど、ラベルのデザインは意外に好き。

「J-CRAFT 華ほの香 豊香のルビーエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:7%
◯内容量:330ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.