FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
大阪・箕面ビールの「ビリケンビール(ヴァイツェン)」

 この日、飲んだのは、大阪・箕面ビールの「ビリケンビール(ヴァイツェン)」。なんか久しぶりに飲んだかも。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「ドレミソラシド」。

 グラスに注ぐと、色は少し白濁のある、レモンイエローっぽい色。アロマは、小麦ビールらしい爽やかさと、クローブ感のある香りを感じます。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはライト。アロマほどのクローブ感は感じられませんでしたが、逆に、後口には意外にも干し草っぽい、ホップ的なフレーバーを少しだけ感じます。でも、飲んでいると、ホップの香りは小麦っぽさの中にだんだんと隠れて行き、トータルでは、小麦感溢れるビールの香りになります。
 時々、思い出したように、バナナ感も感じられるような気がします。濃いヴァイツェンではありませんが、軽く飲みやすいヴァイツェンです。

「ビリケンビール(ヴァイツェン)」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:エイ・ジェイ・アイ・ビア株式会社 箕面ブリュワリー(大阪府)
(http://www.minoh-beer.jp/)

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

和歌山県・ボイジャーブルーイングの「IPA」

 この日、飲んだのは、和歌山県・ボイジャーブルーイングの「IPA」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Disturbed「Voice」。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞みのある焦げ茶色。アロマは、少しミルキーなような、熟した果実のようでもある、やや甘味も予感させるような、モルト感とホップの合わさったような香りを感じます。
 飲むと、飲み口は比較的マイルドで、ボディはライト甘味はそれほど強くありませんが、モルトのコクは感じられ、さらに、落ち着いた印象ではありますが、それなりにしっかりとしたホップの苦味を感じます。
 後口には、じわじわっとした苦味の余韻が感じられ、いい感じの後味になります。ゆっくり飲んで温度が馴染んでくると、より甘味をしっかりと感じられるようになります。それでも甘ったるくはなく、苦味とのバランスは良い感じで取れているように思います。
 アルコール分は6.5%と少し高めで、飲み応えはありますが、それほどはアルコール感を感じません。
 なんか、ゆっくりと飲める 落ち着いたビールですね。華やかさと、落ち着きが合ったようなビールです。ある意味、クラフトビールらしい、作り手のセンスが垣間見えるビールですね。

「IPA」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:ボイジャーブルーイング株式会社(和歌山県)
(http://www.voyagerbrewing.co.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

和歌山県・ボイジャーブルーイング(株)の「COPPER / コパー」

 この日、飲んだのは、和歌山県・ボイジャーブルーイング(株)の「COPPER / コパー」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「細雪」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁りのある暗い焦げ茶色。アロマは、わずかに香ばしい、モルトを感じさせる香りです。シトラスというよりも、南国果実とかかな?といったホップの香りを控えめに感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはまったりめのライト。軽く、でも軽い割には、しっかりとモルトの甘味を感じ、そこに被さる形で、落ち着いたホップのフレーバーと苦味を感じます。フレーバーは、柑橘系というよりも、また違った果実系な感じかな。それほど強烈に主張してくるフレーバーではないように思いましたが、むしろ苦味はしっかりとしていて強く、後口にもしっかりと余韻として残ります。
 個人的には、これはこれとして、落ち着いて飲めるビールなのかなと思います。何か、肉系の何か食べながら飲みたくなる感じ(夜中なのでガマン)。

「COPPER / コパー」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.0%
◯内容量:330ml
◯製造者:ボイジャーブルーイング株式会社
(http://www.voyagerbrewing.co.jp)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

和歌山県・ボイジャーブルーイング(株)の「ゴールド」

 この日、飲んだのは、和歌山県・ボイジャーブルーイング(株)の「ゴールド」。ボイジャーブルーイングは、ナギサビール(和歌山市)を創設したご兄弟の弟さんの方が独立し、2015年に設立したブルワリーです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、mildrage「SUNRISE」。

 グラスに注ぐと、色は概ね透明な、少しくすんだような、黄土色系の褐色です。アロマは、落ち着いた、穏やかな穀物感のあるホップの香り。わずかにモルト感も予感させる香りも感じられます。
 飲むと、飲み口はとてもマイルドでスムース。ふんわりと、しかししっかりと感じられるホップのフレーバーと、口の中で広がるモルト感を感じます。苦味は、特別に強いというわけではありませんが、じわじわっと、しっかりと上手く効いてます。それでいて、後口には、苦味の余韻がしっかりと残り、変な言い方ですが、“大人のビール”といった感じです。アルコール分は5.5%で、特段強いという印象はないのですが、全体的な味わいの豊かさもあり、アルコール分以上の飲み応えは感じられたような気がします。
 このゴールドスタイルは何なんでしょう ゴールド~とは言ってもゴールドエールではないようだし、色はピルスナーより暗く、ペールエールよりやや薄いぐらい。でも、なかなか美味しいです。

「ボイジャーブルーイング ゴールド」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:330ml
◯製造者:ボイジャーブルーイング株式会社(和歌山県)
(http://www.voyagerbrewing.co.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「京都麦酒 ブラウンエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「京都麦酒 ブラウンエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(西野七瀬)「つづく」。

 グラスに注ぐと、色は概ね透明だけど、暗めな褐色。アロマは軽めだけど、少し甘味を予感させる、モルトの香りを感じます。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディーは、しっかりめのライトかな。ホップのフレーバーはかなり控えめで、モルトの甘味の印象の方が強いかな。しかし、甘味自体はそれほど強いわけではなくて、軽い苦味とバランスが取れている感じです。
 色の割には、モルト感と甘味は控えめな気はします。落ち着いた印象のブラウンエールなので、特に何も考えず、のんびり飲みたい感じのブラウンエールかなと。

「酒蔵仕込 京都麦酒 ブラウンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.