FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
京都府・黄桜の「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜の「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」。
 グラスに注ぐと、色は暗めの焦げ茶色。アロマは、少し派手目な熟した南国の果実のようなホップの香りと、わずかに香ばしいモルトの香りが感じられるようです。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディは軽めのミディアムレベルくらい。ホップのフレーバーと、香ばしいモルトのフレーバーが合わさった香りですね。
 モルトの甘味やコクは、そこそこしっかりとしていてさらにそこに 被さるようにしっかりとした苦味を感じます
 後口にも苦味の余韻が結構残りますが、モルトの余韻もそこそこある感じ。でも、意外に後口がさらりとしているのは、副原料の米によるものでしょうね。
 缶には「チキンと一緒に楽しみたい時に」と書いてありますが、まあ確かにローストチキンなどには合うかもね。

「LUCKY CHICKEN 旨味レッドIPA」
◯原材料:麦芽、ホップ、米
◯アルコール分:5.5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml
スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 山田錦 ブロンドエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 山田錦 ブロンドエール」。酒米として知られる山田錦を副原理として使用したビールです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、インドネシアの新鋭歌姫・AGNEZ MO「Overdose(ft. Chris Brown)」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、ふんわりと柔らかい印象の、わずかにシリアルっぽいかなといった雰囲気なホップの香り 。
 飲むと、軽いモルト感と、軽い苦味を感じます。モルト感と、ホップ感のバランスでは、ホップの方が印象が強く、全体印象としては苦いイメージです。
 後口が意外にあっさりしているあたりは、原料の米(山田錦)によるところなのかもしれません。
 アルコール分は5%と普通で、強いわけではないのですが、しっかり飲んでるような印象です。そこそこのモルト感と、そこそこのホップ感で、ビール要素としては充実しているからなのかもしれません。
 なぜか、しっかり香辛料が効いた 餃子の王将の唐揚げが食べたくなりました(笑)

「酒蔵仕込 京都麦酒 山田錦 ブロンドエール」
◯原材料:麦芽、ホップ、米
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 ブラウンエール」

 この日、飲んだのは、京都府・黄桜(株)の「酒蔵仕込 京都麦酒 ブラウンエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、陰陽座「組曲「義経」~悪忌判官」。

 グラスに注ぐと、色はそこそこ暗めの焦げ茶色。アロマは、少しのホップ感とともに、少し香ばしい、濃色ホップの香りを感じます。モルト感を予感させる香りですね。
 飲むと、飲み口はマイルドで、ボディはライト。モルトのフレーバーとともに甘味を感じますが、甘味は思ったほど強くはなく、やや苦味の印象の方が強いかな。
 個人的には、もうちょい甘味がしっかりしてるか、ホップの香り(苦味ではなく)がもう少ししっかりしてる方が好きかな。

「酒蔵仕込 京都麦酒 ブラウンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:黄桜株式会社(京都府)
http://kizakura.co.jp/ja/index.shtml

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

京都府・丹後王国ブルワリー製造で、岡山県・メルヘン・プラザ販売の「岡山県新庄村 もち米と麦のクラフトビール」

 この日、飲んだのは、京都府・丹後王国ブルワリー製造で、岡山県・メルヘン・プラザ販売の「岡山県新庄村 もち米と麦のクラフトビール」。岡山県新庄村産のもち米「ヒメノモチ」を使用したビールです(もち米以外にも、コーンとスターチを使用)。少し前に、岡山県内の道の駅で買ってきたものです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」。

 グラスに注ぐと、色は少し濁りのある、やや明るめのイエロー。ぱっと見、小麦系のビールかなといった印象の色ですが、アロマは当然ながら全く異なり、軽快なホップの香りと、独特のパリッとした軽い復元量感もある香りを感じます。
 飲むと、飲み口は意外にマイルドで、ボディはライト。軽快なホップのフレーバーを感じ、軽いモルト感と、副原料によるパリッとクリスピーな飲み口を感じます。
 ホップの苦味は効いてますが、特段強いというわけでありません。ただ、モルトとのバランスから、丁度いいぐらいの苦味に感じられるような気がします。
 後口には、軽い苦味の余韻と、ホップの フレーバーの余韻などが感じられます。通常、ビールの副原料に用いられる米はうるち米ですが、もち米を使用した場合の違いというのは、よく分かりません。ただ、いい意味で副原料が効果的に効いていて、飲み口も軽快で、そこそこ美味しいビールだと思います。

「岡山県新庄村 もち米と麦のクラフトビール」
◯原材料:麦芽(ドイツ産)、ホップ、もち米(新庄村産ヒメノモチ使用)、コーン、スターチ
◯アルコール分:5%
◯内容量:330ml
◯販売者:株式会社メルヘン・プラザ(岡山県)
(http://www.okayama-6jisangyo.jp/master/mimasaka/meruhen/)
◯製造者:株式会社丹後王国ブルワリー(京都府)
(https://tango-kingdom.com/theme369.html)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

大阪・箕面ビールの「ビリケンビール(ヴァイツェン)」

 この日、飲んだのは、大阪・箕面ビールの「ビリケンビール(ヴァイツェン)」。なんか久しぶりに飲んだかも。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「ドレミソラシド」。

 グラスに注ぐと、色は少し白濁のある、レモンイエローっぽい色。アロマは、小麦ビールらしい爽やかさと、クローブ感のある香りを感じます。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはライト。アロマほどのクローブ感は感じられませんでしたが、逆に、後口には意外にも干し草っぽい、ホップ的なフレーバーを少しだけ感じます。でも、飲んでいると、ホップの香りは小麦っぽさの中にだんだんと隠れて行き、トータルでは、小麦感溢れるビールの香りになります。
 時々、思い出したように、バナナ感も感じられるような気がします。濃いヴァイツェンではありませんが、軽く飲みやすいヴァイツェンです。

「ビリケンビール(ヴァイツェン)」
◯原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、糖類
◯アルコール分:5%
◯内容量:350ml
◯製造者:エイ・ジェイ・アイ・ビア株式会社 箕面ブリュワリー(大阪府)
(http://www.minoh-beer.jp/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.