Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
長野県・銀河高原ビールの「アメリカンペールエール」

 この日飲んだのは、長野県・銀河高原ビールの「アメリカンペールエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、「制服のマネキン」(8/17「真夏の全国ツアー2017」大阪城ホール公演セットリスト20曲目)。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、やや暗めの褐色。アロマは、ライトで清涼な印象の、やや硬い感じもある、ノーブルな印象の、ホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりがとてもマイルドで、炭酸刺激はかなり穏やか。フレーバーは、アロマとは少し印象が違い、ノーブルというよりは、素朴といった感じ。わずかに、柑橘の様な印象もある、ホップのフレーバーを感じます。あと、ほんのわずかですが、香ばしい系の香りもあるような気がしたのですが、気のせいかな。そうでもないか。
 モルト感の甘味とコクをそこそこ感じつつ、しっかりと主張してくる苦味を感じます。苦味は、しっかりと強いのですが、怒涛のように迫ってくるのではなく、強いけど、丸いと言うか、穏やかな印象です。
 後口には、モルトの甘味、コクの余韻が残る中に、苦味もしっかりと感じられます。まあ、何と言うか、穏やかに飲めるけど、苦味もしっかり感じられるペールエールといった感じでしょうかね。
 優しい感じですが、ペールエールらしい苦味もしっかりあります。大きな消費者層にも受け入れられやすいよう考慮しつつ、ビールマニアっぽい層にも手にとってもらえるよう考えてみたビールといったところでしょうか。飲みやすいビールです。

「銀河高原ビール アメリカンペールエール」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー53kcal,たんぱく質0.6g,脂質0g,糖質4.7g,食物繊維0.2g,ナトリウム2mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県の「銀河高原ビール そよ風のケルシュ」
2017,07,23_blog
 この日飲んだのは、岩手県の「銀河高原ビール そよ風のケルシュ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46 「太陽ノック」。

 グラスに注ぐと色はほんの少し霞のある、ややレモンイエローっぽい感もあるゴールドかな。アロマは、ややシリアルっぽいような、枯れ草のような、ホップの香りが、かなり控えめに感じられますが、雰囲気としては、どことなく、小麦も含めたモルト感も予感させる香りも感じます。
 飲むと、炭酸刺激は穏やかかつ細やかで、ボディはライト。しかし、コクはちゃんと感じられます。だからと言って甘味が強いと言うわけではなく、それなりに軽快な飲み心地ではあります。ホップのフレーバーはわずかで、小麦的なフレーバーが少しだけ感じられますが、それほど主張してくるようには感じられませんでした。のど越しには、全体の印象を引き締める、軽めの苦味を感じ、後口には、ホップによるものか、わずかにフラワーリーなフレーバーを感じるようにも思います(小麦感である可能性も)。
 アルコール分は、5%といたって普通なのですが、飲み口の印象は、比較的、ゆったりまったりとした感じなので、パーセントの割には、飲んだ感があるような気もします。まあ、それでも、飲みやすいビールだと思います。普通に美味しいかな。

「銀河高原ビール そよ風のケルシュ」
○原材料:麦芽(大麦、小麦)、ホップ
○アルコール分:5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー44kcal,たんぱく質0.5g,脂質0g,糖質3.3g,食物繊維0.2g,ナトリウム1mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県・銀河高原ビールの「白ビール」

 この日飲んだのは、岩手県・銀河高原ビールの「白ビール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、欅坂46 「不協和音」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのあるカーキイエロー。アロマは…クローブっぽい香りかな。ホワイトエールと書いてありますが、なんかどちらかといえばヴァイツェンに近い香りのような気がしてしまいました。そういえば、銀河高原ビールは、以前、ヴァイツェンとは別に、白ビールを出していて、ヴァイツェンとの違いは、熱処理をしてあるか否か(白ビールは熱処理済み)だったような気がします。この商品が、その“白ビール”と同じなのかどうか分かりませんが…。
 飲むと、炭酸刺激は意外に大雑把な強めで、ボディはしっかりめのライトかなぁ。フレーバーは、アロマよりはクローブ感は薄い印象ですが、それでも、ホワイトエールっぽいかといわれると、「ヴァイツェン?」と思ってしまう感じ。モルト感はそこそこで、苦味はたいして無いです。
 小麦系の常で、当然ながらやんわりと飲みやすくはあります。ただ、ビールに詳しい人で、本格的にホワイトエールを期待してると、意外に「それほどらしくない」かなといった印象です。国産大手メーカーと同じように、“一般消費者”に訴求しつつも、個性をやや抑え気味にしてる感じなのかな?
 まあ、気楽に飲めるビールではありますが、微妙に中途半端に感じてしまったのは、私がビールマニアだからなのかも。今度、また飲んでみようと思います。

「銀河高原ビール 白ビール」
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal,たんぱく質0.5g,脂質0g,糖質4.4g,食物繊維0.2g,ナトリウム1mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ドンケルタイプ」

 この日飲んだのは、北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ドンケルタイプ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ワルキューレ「ワルキューレがとまらない」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁った、暗い褐色。アロマは、濃色モルトによる、少し香ばしい、甘味を予感させる香り。少しミルクチョコレートを思わせる香りでもあります。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりめのライト。モルトの香ばしいフレーバーを感じ、モルトの軽い甘味を感じます。それほど甘ったるくはなく、意外にすっきりした飲み口にも思えます。
 デュンケルの甘味レベルは、好みが別れるとこだとは思いますが、個人的には、甘味がある程度はっきり、しっかりしてた方が好みなので、もうちょい甘味が強くてもいいかなと。とはいえ、スッキリと飲みやすい方が好きな人もいるので、一概には言えませんね。これはこれで美味しいのだと思います。

「小樽ビール ドンケルタイプ」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.2%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社アレフ(北海道)
http://www.aleph-inc.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」

 この日飲んだのは、岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、大森精子「オリオン座」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、わずかにオレンジ色がかった褐色。アロマは、バナナ香というか、ヴァイツェンらしいしっかりとしたクローブ香を感じます。
 飲むと、口当たりはまったりと柔らかく、ボディはしっかりめなミドルレベル。しっかりなクローブフレーバーを感じ、まったりとした飲み口とモルトのコク、6%という高めのアルコール分もあり、飲み応えもしっかり。いい感じでじっくり飲めますね。
 銀河高原ビールだけあって、いつも普通にヴァイツェンらしさのあるものを作ってくれます。こういうスタイルのビールを手軽に手に入れられるようになったのも、比較的メジャー(厳密な定義はおいといて)なクラフトブルワリーのおかげでしょう。最近では、“大手クラフト”と“小規模クラフト”に分かれてきたようにも感じますが、自然に住み分けができてるのでしょうか。国内では、最近また新たなクラフトブルワリーも増えてきたようで、次なる波が来つつあるように思います。増えたら増えたで、また大変ではありますが、作り手の意地で頑張ってほしいものです。

「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」
○原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ
○アルコール分:6.0%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー60kcal,たんぱく質0.9g,脂質0g,糖質5.4g,食物繊維0.3g,ナトリウム1mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.