Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ドンケルタイプ」

 この日飲んだのは、北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ドンケルタイプ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ワルキューレ「ワルキューレがとまらない」。

 グラスに注ぐと、色は、少し濁った、暗い褐色。アロマは、濃色モルトによる、少し香ばしい、甘味を予感させる香り。少しミルクチョコレートを思わせる香りでもあります。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりめのライト。モルトの香ばしいフレーバーを感じ、モルトの軽い甘味を感じます。それほど甘ったるくはなく、意外にすっきりした飲み口にも思えます。
 デュンケルの甘味レベルは、好みが別れるとこだとは思いますが、個人的には、甘味がある程度はっきり、しっかりしてた方が好みなので、もうちょい甘味が強くてもいいかなと。とはいえ、スッキリと飲みやすい方が好きな人もいるので、一概には言えませんね。これはこれで美味しいのだと思います。

「小樽ビール ドンケルタイプ」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.2%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社アレフ(北海道)
http://www.aleph-inc.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」

 この日飲んだのは、岩手県「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、大森精子「オリオン座」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、わずかにオレンジ色がかった褐色。アロマは、バナナ香というか、ヴァイツェンらしいしっかりとしたクローブ香を感じます。
 飲むと、口当たりはまったりと柔らかく、ボディはしっかりめなミドルレベル。しっかりなクローブフレーバーを感じ、まったりとした飲み口とモルトのコク、6%という高めのアルコール分もあり、飲み応えもしっかり。いい感じでじっくり飲めますね。
 銀河高原ビールだけあって、いつも普通にヴァイツェンらしさのあるものを作ってくれます。こういうスタイルのビールを手軽に手に入れられるようになったのも、比較的メジャー(厳密な定義はおいといて)なクラフトブルワリーのおかげでしょう。最近では、“大手クラフト”と“小規模クラフト”に分かれてきたようにも感じますが、自然に住み分けができてるのでしょうか。国内では、最近また新たなクラフトブルワリーも増えてきたようで、次なる波が来つつあるように思います。増えたら増えたで、また大変ではありますが、作り手の意地で頑張ってほしいものです。

「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」
○原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ
○アルコール分:6.0%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー60kcal,たんぱく質0.9g,脂質0g,糖質5.4g,食物繊維0.3g,ナトリウム1mg
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ヴァイスタイプ」

 この日飲んだのは、北海道・小樽ビール((株)アレフ)の「ヴァイスタイプ」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Disturbed「Open Your Eyes」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、やや暗めのカスタードクリーム的褐色。アロマは、かなりしっかりとしたクローブ香です。
 飲むと、口当たりはまったりとしていて、ボディはしっかりなミディアムレベルくらい。しっかりとしたクローブ香を感じ、まったりとした味わいを楽しませてくれます。後口に少しだけ苦味はありますが、それほど強いわけではありません。
 おー、まさにヴァイツェンらしいヴァイツェンです。
 昔、小樽ビールの直営のビアホールに行ったとき、このヴァイスをベースにしたドリンクを飲んで美味かったのを思い出します。美味かったし、楽しかったなぁ…。

「小樽ビール ヴァイスタイプビール」
○原材料:有機麦芽、有機ホップ
○アルコール分:5.4%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社アレフ(北海道)
http://www.aleph-inc.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

北海道・株式会社アレフの「小樽ビール ピルスナータイプビール」

 この日飲んだのは、北海道・株式会社アレフの「小樽ビール ピルスナータイプビール」。「小樽ビール」といえば、ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」の運営会社が製造してるビールですね(“びくドン”で飲める“オリジナルビール”は、小樽ビールの特別版とも言えますね)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、predia 「禁断のマスカレード」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、ふんわりと穀物感、シリアルっぽさのある、それでいて清涼感もあるホップの香りを感じます。いい香り

 飲むと、口当たりは穏やかで、炭酸刺激も細やか。ホップがふんわりと穏やかに香り、軽やかですがモルトの味わいと、やさしい苦味を感じます。苦味は優しいけど、後口には仄かな余韻があっていいですね。
 「小樽ビール」はかなり久しぶりに飲みましたが、やはり美味いです。10年近く前、北海道旅行した際に、小樽ビールの直営ビアホールに行ったことを思い出します。あのときは楽しかった。懐かしいな。。。

「小樽ビール ピルスナー」
○原材料:有機麦芽、有機ホップ
○アルコール分:5%
○内容量:330ml
○製造者:株式会社アレフ(北海道)
http://www.aleph-inc.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

岩手県・銀河高原ビールの「ヴァイツェンボック」
2016,03,06_blog
 この日飲んだのは、岩手県・銀河高原ビールの「ヴァイツェンボック」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある暗いカーキブラウン。アロマは、ヴァイツェンらしさのあるクローブっぽい香り。ヴァイツェンボックだけあって、モルトの甘さを予感させるような香りも感じます。

 飲むと、口当たりはまったりとしています。ボディはしっかりめのミドルレベルといったところでしょうか。クローブフレーバーが口に溢れ、モルトの味わいと共に感じられます。モルトの甘味は、後口には多少の苦味に取って替わられますが、フィニッシュは6%というやや高めのアルコール分の飲み応えが印象的ですね。
 まさに冬のヴァイツェンボックといった1本かと。

「銀河高原ビール ヴァイツェンボック」
○原材料:麦芽(小麦、大麦)、ホップ
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー60kcal,たんぱく質0.9g,脂質0g,糖質5.4g,食物繊維0.3g,ナトリウム1mg
○アルコール分:6.0%
○内容量:350ml
○製造者:株式会社銀河高原ビール (岩手県)
http://www.gingakogenbeer.com/index.html

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.