Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サントリーの限定醸造「BREWER'S BAR 琥珀色のラガー」

 この日飲んだのは、サントリーの限定醸造「BREWER'S BAR 琥珀色のラガー」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Gacharic Spin 「NEXT STAGE」。

 グラスに注ぐと、色は透明で、やや赤みがかった褐色。よく出た紅茶のような色です。きれい。アロマは、少しだけ香ばしさも感じられ、さらに、抑制気味な不思議に華やかさもあるホップのものらしき香りですね。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ホップの穏やかで、意外に麦藁っぽい、なんというかビールらしい印象のフレーバーを感じます。のど越しには、軽やかでほどほどの苦味を感じつつ、モルトのコク、甘味も感じられて、バランスがいい感じです。
 アルコール分は、5.5%と僅かに高めではありますが、飲み口は結構スムース。結構美味しいかも。後口には、苦味の余韻がじわじわっと残り、フレーバーもちゃんとしてて、なんというか、ビールらしいビールといった感じでした。
 一般消費者向けに個性をギリギリ削ったというような商品ではないし、かといって、奇をてらったような商品でもないし、“ほどほど感”があっていい感じ。結構好きかも。

「BREWER'S BAR 琥珀色のラガー」(限定醸造)
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal,たんぱく質0.4-0.6g,脂質0g,糖質3.2g,食物繊維0-0.5g,ナトリウム0-7mg
○内容量:350ml
○製造者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

スポンサーサイト
サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ スパークリングゴールド」

 この日飲んだのは、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ スパークリングゴールド」。シャンパーニュ産の麦芽を使ったビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「君に贈る花がない」。

 グラスに注ぐと、色は、透明でやや薄目のゴールド。アロマは、穀物っぽくも、軽やかで上品なホップの香り。
 飲むと、口当たりは軽やかで、ホップのフレーバーは、意外に控えめ。モルト感も軽く、軽快な飲み口です。のど越しから後口にかけてのフィニッシュには、再びホップのフレーバーが来ますが、やっぱり軽いですね。おそらく、ある程度の苦味強度(IBU)を持っているのかもしれませんが、感じられる苦味は、“ほんのり”といったレベル。
 飲みやすく、さらりとイケると言えますが、モルト感が強いわけでも、ホップ感が強いわけでもなく、アルコール分が高いわけでもないので、ある程度、物足りないかも。ドリンカビリティーだけはスゴいですが(笑)。
 まあ、味がおとなしい料理を食べるときには、味をあまり邪魔しないからいいかもね。

「ザ・プレミアム・モルツ スパークリングゴールド」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal,たんぱく質0.4-0.7g,脂質0g,糖質3.2g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-7mg
○内容量:350ml
○販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サントリーの「クラフトセレクト 優雅に香るウィートエール」

 この日飲んだのは、サントリーの「クラフトセレクト 優雅に香るウィートエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日食なつこ「水流のロック」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、やや甘い香りと共に、小麦っぽい香りを感じます。
 飲むと、口当たりは比較的マイルドで、ボディはややしっかりめのライトくらい。
 小麦系なやわらかなフレーバーと、のど越しから後口にかけては、ホップによるものらしき、麦藁か何かを思わせるフレーバーを感じます。

 小麦系ビールなだけあって、苦味はそれほど感じられません。トータルで、飲みやすくていいビールですね。反面、飲みやすいが故に、印象に残らないって人も多いかも。ちなみに、香りは、それなりにしっかりはしてるとは思います。

「クラフトセレクト 優雅に香るウィートエール」
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal,たんぱく質0.4-0.6g,脂質0g,糖質2.9g,食物繊維0-0.5g,ナトリウム0-7mg
○内容量:350ml
○販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サントリーの「クラフトセレクト 香り彩るビール I.P.A. 鮮烈に香るインディアペールエール」

 この日飲んだのは、サントリーの「クラフトセレクト 香り彩るビール I.P.A. 鮮烈に香るインディアペールエール」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Static-X 「I'm With Stupid」。

 グラスに注ぐと、色は透明な褐色。変な表現かもしれませんが、濃い麦茶を思わせる色です。アロマは……意外におとなしい。青い柑橘っぽくもあるホップの香りですが、思ったよりも控えめな香りですね。

 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディはミディアムレベル。アロマよりはキャラクターがしっかりとした、落ち着き気味の柑橘っぽいホップのフレーバーを感じます。モルトの甘味がありつつ、のど越しにはしっかり強い苦味を感じます。モルト感、そして苦味の合間には、6.5%の高めなアルコール分の存在を感じ、飲み応え的には十分かと。まあ、確かに(アメリカン)IPAですね。

 このシリーズは、例によって、缶に、「香り」、「旨み」、「苦み」、「ボディ」を5段階で表していて、このIPAは、香り5、旨み4、苦み5、ボディ5となっています。
 旨みはまあ、そこそこだからいいか。苦味は、サントリーのビールの中では(IBUがどのくらいか不明ですが)最高レベルくらいの苦味だとは思うので、まあ5でもいいか。ボディは、このシリーズでバーレイワインなんてリリースされることなんて無いんでしょうから、ミディアムボディを最高とすれば、まあ、ボディが5ってのも(多少言い過ぎだけど)よしと。
 香りは、ゆっくり飲んでいると、だんだんと香りが開いてきて、ホップが香り立ってくるので、最終的には5でもいいかと。ただ、“普通に”冷えてる状態でのアロマは、ちょっとさみしいかな。クラフトであれば、提供温度を8℃くらいにするってのはよくある話ですが、サントリーのビールで、飲食店提供もしくは家飲みで温度を調整するなんてあまり想定されてないでしょうから、普通に冷えた状態で飲むと、香り5は付け過ぎかな。でも、じっくり飲めば、5と言えなくもないかと。まあ、そこまでじっくり飲む人がどのくらいいるかは不明ですが…。まあ、条件付きってことで(笑)

「クラフトセレクト 香り彩るビール I.P.A. 鮮烈に香るインディアペールエール」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー56kcal,たんぱく質0.4-0.7g,脂質0g,糖質3.8g,食物繊維0-0.5g,ナトリウム0-7mg
○内容量:350ml
○販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サントリーの「クラフトセレクト 香り彩るビール トロピカルに香るセゾン」
2016,08,04_blog
 この日飲んだのは、サントリーの「クラフトセレクト 香り彩るビール トロピカルに香セゾン」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド 「起死回生」(テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング)。オリンピック開催中だし♪

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、南国の果実っぽくもあるホップの香り。少しだけ、カラメルっぽい香りもあるかな。
 飲むと、口当たりはマイルドで、ボディは軽めのミディアムくらい。ホップの厚みのあるフレーバーを感じ、モルトの甘味、そして少しだけ苦味も感じます。
 まあ、味わいはそれなりにあり、5.5%のアルコール分によるそれなりの飲み応えもあります。なんというか普通に飲めるかな。

 クラフトセレクトシリーズは、いつも香り、旨み、苦み、ボディを数値で表していて、このセゾンは、香り5、旨み3、苦み3、ボディ2(それぞれ5段階)となってます(缶の反対側に書いてあります)。過去に飲んだクラフトセレクトシリーズに比べたら、まあそんなに外れてはないのかな。
 セゾンぽいかと言われると、実は「あんまり」って感じだったりするんですが…。

「クラフトセレクト 香り彩るビール セゾン」
○原材料:麦芽、ホップ
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.4-0.6g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-7mg
○アルコール分:5.5%
○内容量:350ml
○販売者:サントリービール株式会社
http://www.suntory.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.