Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
サッポロ「ヱビス」。夏らしく、アサガオ缶

 この日の夜に飲んだのは、サッポロの「ヱビス」。夏らしく、ラベルにアサガオがデザインされた缶です。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46「未来の答え」。

 “アサガオ缶”といっても、普通にヱビスなので、中身は全くいつものヱビスと同じです。今回、いつものラベルではなく、アサガオをあしらったデザインになってるんですが、缶の説明書きによると、このアサガオは、温度によって変色する特殊なインクを使用しているとのことです。冷蔵庫から出したときは、少し青紫色っぽい色のアサガオだったのですが、冷蔵庫から出してから時間が経ち、温度が上がってくると、少しずつ、白っぽいというか、灰色っぽいような色に変わってきました。なかなか面白いね。
 こういう、ラベルいいですね。色が変わるのは面白いです。個人的には、色の変化にバリエーションがあるといいんだけどなー。
 気がついたら、全然、ヱビスの中身に触れてませんが、まあ、いつもどおりに普通に美味いすよ。今回は、夏のアサガオラベルがいいよね、ということで、紹介してみました(笑)

「ヱビス」(アサガオ缶)
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー42kcal,たんぱく質0.5g,脂質0g,糖質3.0g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロの「麦とホップ 夏空のホップセッション」

 この日飲んだのは、サッポロの「麦とホップ 夏空のホップセッション」。
 大麦由来の発泡酒に、大麦のスピリッツを加えた、日本の酒税法でいうところの「リキュール(発泡性)(1)」というやつですね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PASSPO☆「夏空HANABI」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。まあ、普通にクリアでキレイな色ですね。アロマは、少しシリアルっぽく、ノーブルな印象のホップの香り。爽やか感はありますね。
 飲むと、アロマよりも、さらに爽快感のある、派手すぎない、いい感じに華やかなホップのフレーバーを感じます。発泡酒にスピリッツを加えた、いわゆる「リキュール(発泡性)①」にもかかわらず、意外にモルト感があるような気がします。
 のど越しには、ほどほどの苦味があり、後口には、ふんわりとした、苦味っぽい余韻がある感じ。
 うん、美味しい。飲みやすいし。これ、ケース買いしてしまいそう……。

「麦とホップ 夏空のホップセッション」(リキュール(発泡性)(1))
○原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)
○アルコール分:4.5%以上5.5%未満
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー39kcal,たんぱく質0.4g,脂質0g,糖質2.6g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロの「和の逸品」

 この日飲んだのは、サッポロの「和の逸品」。国産原材料100%使用だそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「暁ノ糸」。ライブ(6月17日@広島上野学園ホール)の余韻に浸りながら。。

 グラスに注ぐと、色は透明な、わずかに濃いかな?というくらいのゴールドブラウン。アロマは、穏やかな枯れ草のような、穀物のようなホップの香りかな。
 飲むと、口当たりは、意外にマイルドで、モルトの軽いコク、甘味を感じつつ、ホップの、枯れ草や穀物を思わせるフレーバーと、ほどほどの苦味を感じます 。
 苦味は、ものすごく強いというわけではありませんが、弱い余韻が、意外にもじわっと感じられます。トータルで、はそこそこ苦いのかも。
 なんだろう、「意外に」と言ってはアレだけど、ちゃんとしたビールという印象があります。普通に、そこそこ美味しいのかもしれません 。ビールらしいビールといった印象を受けました。普通に、日常的に飲んでみてもいいかなと思いました。

「和の逸品」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.6g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロビールの「ヱビス 華みやび」

 この日飲んだのは、サッポロビールの「ヱビス 華みやび」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド 「華振舞」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは、ふんわりと少し穀物っぽいような、少しだけ花のような、穏やかな香りを感じます。
 飲むと、炭酸刺激は細やかで優しく、ボディはライト。ホップのフレーバーは、穀物っぽいというか、独特の観葉植物の花のような、でも穏やかな香りでしょうか。
 飲みながら、「ヱビスっぽくないな」とか思い、ふとラベルを見ると「クリスタルなホワイトビール」とあり、さらに原材料表示をよく見たら、大麦麦芽と小麦麦芽が使われてると書いてありました。サッポロビール公式サイトで確認すると、この「華みやび」は、ヱビスシリーズとしては初めて上面発酵で作られたとのこと。
 飲んでいくと、モルト感も少しありつつ、ホップの苦味を穏やかに、でもしっかりと感じます。後口には、意外に苦味の余韻が残りますね。

 香りから判断するに、ホワイトエールに近いみたい感じかな。ただ、普通のホワイトエールに比べると、苦味はかなり強いです。
 クラフトビールメーカーのホワイトエールは、もっとハーブっぽい印象が強い“分かりやすい”ものも多いですが、これはかなり、ホワイトエールっぽい特徴を(比較的)控えめにしつつ、従来のヱビスとは差別化を図った商品のようです。でも、ホワイトエールよりは苦味を強くして、一般のビール消費者層が求める“(普通の)ビールらしさ”も付与した感じかな。

 アルコール分は、5.5%とほんのわずかに高めですが、ほどほどに“飲んだ感”がありますね。ホワイト系の割りには、なんかビールらしい。穏やかだけどしっかり苦いし、それだけでもないし。普通にちゃんと美味しかったです。

「ヱビス 華みやび」
○原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal,たんぱく質0.5g,脂質0g,糖質3.5g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

サッポロの「ビアサプライズ 至福のコク」

 この日飲んだのは、サッポロの「ビアサプライズ 至福のコク」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、ももいろクローバーZ 「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールドっぽいブラウン。アロマは、固い印象のホップの香り、そして少しだけ穀物っぽくもあるをホップの香りを感じます。
 飲むと、ボディはライトで、アロマと同様のホップのフレーバー、そして、結構しっかりと強いホップの苦味を感じます。苦味を追いかけるように、モルトの甘味、コクを感じますが、その後には、さらに強い苦味の余韻があります。
 「至福のコク」という商品名なので、モルト感がメインなのかなと思ってたら、まさかの苦味しっかり系。意表を突かれました(笑) コクが無いわけではありませんが、それ以上に苦味の印象が強かったです。冷蔵庫から出してすぐには飲まず、やや、ぬるめな温度で飲んだのですが、それでもモルト感が苦味に負けてるということは、そのコクの部分の実力は押して知るべし。

「ビアサプライズ 至福のコク」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:6.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー52kcal,たんぱく質0.6g,脂質0g,糖質3.4g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0mg
○内容量:350ml
○販売者:サッポロビール株式会社
http://www.sapporobeer.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.