FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
キリンの新製品「一番搾り 清澄み」

 この日、飲んだのは、キリンの新製品「一番搾り 清澄み」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode「Tonight」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、それほど主張してくるわけではないように思いましたが、軽くシリアルっぽいようなホップの香りを感じたように思います。
 飲むと飲み口は軽く、ボディはライト。モルト感は軽く、その上に清涼で軽いホップフレーバーと、軽快な苦味を感じます。
 苦味は、特段強いというわけではないように思いますが、ビールらしさも感じさせる、ほどほどの苦味。飲みやすく、しかしビール感もあるものになっているように思います。
 雑味の無い、澄んだ味わいは、ある意味、大手メーカーの実力発揮といったところでしょうか。気がつけば、我ながら、確かに「清澄み」という商品名にピッタリの感想になってますね(笑) これからの季節、ぐいぐいイきたいビールだと思います。

「一番搾り 清澄み」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー40kcal, たんぱく質0.4g, 脂質0g, 炭水化物2.5,糖質2.4g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの限定醸造「一番搾り〈超芳醇〉」

 この日、飲んだのは、キリンの限定醸造「一番搾り〈超芳醇〉」。 高濃度に仕上げた麦汁を使用して作った一番搾りだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SYU from GALNERYUS(GUEST VOCAL : Fuki)「REASON」。

 グラスに注ぐと、色は澄んだ褐色。アロマは、基本、通常の一番搾りと同様に、落ち着いたシリアルっぽさもあるホップの香りです。
 飲むと、ボディはライトで、それなりにしっかりとホップのフレーバーを感じ、バランスが取れたモルト感も感じられます。コクは感じられますが、甘味が強いというわけではなく、むしろしっかりとした苦味も印象的です。苦味はそこそこ強いですが、モルト感とのバランスが取れていて、いい感じに“ビールらしさ”もあり、6%というアルコール分による飲み応えもそこそこあります。何か良いビールだなこれ。普通に美味いです。

「一番搾り〈超芳醇〉」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal, たんぱく質0.4-0.8g, 脂質0g, 糖質3.1g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの「一番搾り プレミアム」

 この日、飲んだのは、キリンの「一番搾り プレミアム」。「第一等品東北産ホップ使用」と謳われてますが、日本生まれのホップ品種「IBUKI」が使われてるそうです。「ギフト限定商品」(おそらく2018年お歳暮用)なんだそうで、レギュラー品ではないようです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BiSH「stereo future」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、穀物っぽさも少しありつつ、その中に爽やかで華やかなフラワリーな印象 も感じられるホップの香りを感じます。派手過ぎない、いい香りです。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディはライト。アロマよりもさらにしっかりとした、落ち着いてるけどフラワリーな、でもビールらしくもある、いい香りのホップフレーバーを感じます。あぁいいなぁこれ。
 モルト感は軽いのですが、コクはあり、バランスの良い苦味が後口を締めてくれます。苦味は後口に軽い余韻となるくらいにはしっかりとしていて、それがまた、オーソドックスなビールらしさを印象付けてくれます。
 なかなかホップの香りも良いです。これ美味いです。アルコール分は5.5%と、気持ち高めではありますが、程々の飲み応えと、 高いドリンカビリティが両立されてるような印象です。これ美味い。
 樽が流通してるなら絶対飲みたい、そんなビールです。近年の国内大手のビールの中では、一番好き。ちょっとまとめて入手したいです。

「一番搾り プレミアム」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質3.3g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0mg
◯内容量:350ml
◯製造者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの限定出荷「とれたてホップ 一番搾り 2018年収穫」

 この日、飲んだのは、キリンの限定出荷「とれたてホップ 一番搾り 2018年収穫」。 “2018年に岩手県遠野市で収穫したての生ホップ「IBUKI」を急速冷凍して使っている”んだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode「AXIS」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、ふんわりと香る、上品なイ草のような、穀物っぽいような良い香りがします。
 飲むと、飲み口はスムースで、ボディーはライト。アロマよりも、かなりしっかりとしたホップの良い香りが感じられます。穀物っぽいとか、麦わらっぽいとか、爽やかとか、いろんな表現ができますが、とにかくビールらしいいい香りがします。そして、これまたビールらしい、ほどほどにしっかりとした苦味がいいですね。モルト感はそれほど強く主張をしてきませんが、苦味のしっかり感は、モルトの上にバランスよく成り立っている気がします。
 これは美味いなぁ。なかなか美味い。これは美味いなー。これ、樽生で飲んでみたいです。
 「IBUKI」というホップ品種が、どのようなキャラクターを持った品種か分かりませんが、とてもホップ感溢れてて、かと言って、アメリカン IPAのような「ドガン」とくる、力任せなキャラクターでもなく、いい感じでしっかりとホップを効かせたいいビールだと思います。

「とれたてホップ 一番搾り 2018年収穫」(限定出荷)
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギーkcal, たんぱく質g, 脂質g, 糖質g, 食物繊維-g, ナトリウム0mg
◯内容量:350ml
◯販売者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

キリンの「秋味」(2018)

 この日、飲んだのは、キリンの「秋味」。これが店に並んでいるのを見ると、「あぁ夏も終わりだな」と感じますね。「秋味」は、今年もキリンラガー比で「1.3倍」のモルトが使用されています。個人的に好きな組み合わせである焼きサンマを食べながら飲んでみました。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。アロマは結構控えめですが、少しシリアルっぽいホップの香りかな。上品な香りでもあります。
 飲むと、口当たりはスムースで、ボディはライト。重くはないけどモルトのコク、甘味をほどほどに感じます。
 苦味もそこそこ感じられますが、モルト感とのバランスが上手く取れているのか、苦味に寄っているという印象ではないです。それでも、後口には苦味の余韻か感じられます。
 アルコールは6%とやや高めなので、ほどほどに飲み応えはあるんだと思いますが、この時期の食べ物に上手く合わせると、いい感じになると思います。個人的には、やはり「秋味」には焼きサンマです。

「秋味(2018)」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:6%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー49kcal, たんぱく質0.4g, 脂質0g, 糖質3.4g, 食物繊維0-0.1g, ナトリウム0mg
◯内容量:350ml
◯販売者:麒麟麦酒株式会社
http://www.kirin.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.