FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒビールの限定醸造「ゴールドラベル」

 この日、飲んだのは、アサヒビールの限定醸造「ゴールドラベル」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、枯れ草や穀物を思わせるような、おとなし目なホップの香りを感じます。
 飲むと、口当たりはスムースで、ボディはライト。アロマと同様なホップのフレーバーを感じ、軽いモルト感とホップの苦味を感じます。
 後口には、ホップの苦味がじわじわと残り、余韻にまで残りますね。苦み自体は、特段ガツンとくるほどの強さではないのですが、意外に後を引く印象です。
 飲んでいると、わずかですか、だんだんと副原料由来と思しき香りが強くなってくるような気もします 。
 米などの副原料が使われている分、パリッとした飲み口にはなっていますが、副原料感とのバランスもあり、好みが分かれるところではあります。のんびり飲んでいると 、結構、副原料感が強めに感じられますね。
 モルト感は、軽いけど感じられるのですが、全体的に非常にあっさりした印象。そこに副原料感が主張をしてきて、味わい的にモルトの下支えが十分でないところにもって、苦味がじわじわとやって来る感じ。
 オリンピック応援ビール的な意義はともかく、個人的には、あまり好きなタイプじゃないかな。

「ゴールドラベル」(限定醸造)
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー43kcal, たんぱく質0.2-0.6g, 脂質0g, 炭水化物3.2g, 糖質3.2g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0-0.02mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト



テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」

 この日、飲んだのは、アサヒの「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」。ファミリーマートだけの限定商品らしいです。缶ラベルによると、ピルスナー&エール2種類の麦芽100%の絶妙ブレンド」だとか。え? ピルスナーにエールをブレンドしたってこと? それとも麦芽が2種類使われてるってこと? なんだかよくわからん→と思ったら、いずれも麦芽100%のピルスナーとエールをブレンドしたものだそうです(総合的つっこみは後述)。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Время и Стекло「VISLOVO」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。やや濃い色ですね。アロマは、ちょっと硬い印象のホップの香り。少しモルトの甘さも予感させるような香りです。
 飲むと飲み口はマイルドで、ボディはライト。口当たりは、結構柔らかく感じます。軽いモルトのコク、甘味を感じつつ、おとなしくも硬い印象のホップのフレーバーと、特段強いわけではないけど、実はじわじわと結構来るホップの苦みを感じます。 後口のは、やはりじわじわとホップの苦味の余韻を感じます。
 まあビール自体は……普通っちゃ普通な印象。“ピルスナー”と“エール” のブレンドが 効果的に作用しているのかと言うと、どうなんでしょうね。

 さて、改めて“ピルスナー&エール”っていう書き方についてですが、まず、 ピルスナーエールという二つの言葉は 同じ基準でビールを表す言葉ではありません。現在のビールは、醸造に使用する酵母の種類によって、大きく分けて、主に“ラガー”と“エール”という、大きなカテゴリーに分けられます。
 ピルスナーというのは、大きなくくりであるラガー系のビールの中の1つのスタイルに過ぎません。一方で、エールというのは、ラガーという言葉に対応する大きなくりのビールのカテゴリー分けを表す言葉です。
 ビール専門店などで、ビールに詳しくない人に説明するときに、例えば「ワインに白ワインと赤ワインがあるように、ビールにもラガーとエールという分け方があって……」という説明がよく聞かれますが、まさにその通りです。

 ビールの大きな種類分けの対比で表現するのであれば、ピルスナー&エールと書くのではなく、ラガー&エールと書くべきでしょう。ピルスナーは、ラガーのうちのひとつのスタイルでしかありません。エールという大きな括りとの対比で書くのであれば当然、ラガーと書くべきだと思いますが、その辺は消費者に正しく情報を伝える事の必要性を感じていないっていうことなのでしょうね。
 もしかしたら、この場合の“エール”は、エールの中の1つのスタイルである“ペールエール”のことを指すのかもしれませんが、(大多数はその辺のことをよく知らない)消費者に対して、正しい情報を伝えず、勝手に省略するなんて、責任ある大手メーカーとしてどうなのかなと思いますね。まあ、個人的感想ではありますが。

「ザ・ダブル ファインブレンド ピルスナー&エール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー37kcal, たんぱく質0.2-0.6g, 脂質0g, 炭水化物2.0g,糖質2.0g, 食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0-0.02g
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「スーパードライ 瞬冷辛口」

 この日、飲んだのは、アサヒの「スーパードライ 瞬冷辛口」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、PassCode「AXIS(Taking you out TONIGHT! Tour 2018 Final at Zepp Divercity Tokyo)」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは「意外におとなしいかな?」といった感じの、穀物っぽい印象のホップの香り。アルコール分が5.5パーセントということもあり、モルトのコクはまあそこそこ。苦味はほどほどといった感じで、ビールとしては特段強いといったレベルではないのですが、それなりのレベルで苦味は感じられます(普通に苦いけど)。
 後口には、ホップのフレーバーの余韻と、苦味の余韻をじわじわと感じます。まあ、ある意味「ビールらしいビール」といった印象です。副原料緩は、それほど強くはないように思います。
 なんというかまぁ、状態さえ良ければ普通においしい万人向けのビールだと思います。瞬冷とか辛口とか言わなければ、普通に美味しいビールだと思います。。

「スーパードライ 瞬冷辛口」
◯原材料:麦芽(外国製造または国内製造(5%未満))、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー40kcal, たんぱく質0.1-0.5g, 脂質0g, 炭水化物2.4g,糖質2.4g,食物繊維0-0.2g, 食塩相当量0-0.02mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの限定発売商品「TOKYO 隅田川ブルーイング ペールエール」

 この日、飲んだのは、アサヒの限定発売商品「TOKYO 隅田川ブルーイング ペールエール」。「隅田川ブルーイング」というのは、20年以上前に設立されたアサヒの子会社で、クラフトビールの製造・販売、他のクラフトブルワリーへの醸造指導などをしてきたブランドです。今もあるのかどうか知りませんが、10年くらい前、東京は浅草の川向こうに、隅田川ブルーイングのビールを樽で出してる「23番地カフェ」ってのがあって、東京旅行した際に飲みに行った覚えがあります。<→当時の記事>
 この「TOKYO 隅田川ブルーイング ペールエール」は、東京隅田川ブルーイングが開発して、アサヒビール名古屋工場が製造したビールだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、和楽器バンド「あっぱれが正義。」。

 グラスに注ぐと、色は透明な褐色。紅茶っぽくも見えるような色ですね。アロマは、丸い感じの、深みのあるホップの香り。飲み口はスムースで、穏やかなホップのフレーバーと、モルトのコクを感じます。苦味は、まあそこそこあるのですが、強いかと言うとそうでもない感じ。でも、後口には、弱いながらも苦味の余韻が残りますね。
 ペールエールというスタイルの幅の中では、苦味はあまり強くない方のポジションかな。これはこれで飲めるんだけど。

「TOKYO 隅田川ブルーイング ペールエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質3.2g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」

 この日、飲んだのは、アサヒビールの限定発売「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」。「隅田川ブルーイング」というのは、20年以上前に設立されたアサヒビールの子会社で、クラフトビールの製造・販売や、他のクラフトビールメーカーに醸造指導などをしてきたブランドです。この商品は、隅田川ブルーイングの製造ではなく、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品」だそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(西野七瀬)「つづく」。

 グラスに注ぐと、色は透明な、ゴールド。ほんのわずかに濃いめかな。アロマは、穀物っぽいと言うか少しシリアルっぽいようなホップの香り。
 飲むと、口当たりはさらりと柔らかく、意外にモルトを感じますが、炭酸の刺激の関係なのか、一部の国産大手のビールでも感じられるような、なんというか、酸味ではないけど、そんな感じ(どんな感じ)の味わいもあるような気がします。
 軽いモルト感と味わいの後に、軽い苦味を感じますが、苦味は大して強くありません。世の中のヴァイツェンより、やや苦いかなといったくらいの苦味です。後口には、弱い苦味の余韻が、それでもじわじわと残る感じです。
 缶には、「華やかなコクと爽やかな後味」と書いてありますが、言葉自体の意味も、飲んだ実感も、正直、ちょっと分かりにくいです(笑)

 まあ、飲みやすいビールだと思います。なんというか、グイグイ飲む感じの…。10年くらい前、東京で、当時、アサヒビールの子会社だった(株)隅田川ブルーイングのカフェで、ビールを飲んだことがありますが、そのときのビールは、もう少し個性的だったような気もします。
 現在も、「隅田川ブルーイング」というブランドは存在しているのですが、別個の会社としてまだ存在してるのか、ちょっとよく分かりません。一応、「東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品です」となってるので、開発自体は、「隅田川ブルーイング」がやってるようです。よく分かりませんが、今回飲んだビールは、何と言うか、“アサヒっぽい印象”も強く感じました。それが悪いとは言いませんが、昔飲んだときはどうだったかなと思いつつ。いろいろ振り返ってあれこれ考えながら飲んでしまいました。

「TOKYO 隅田川ブルーイング ゴールデンエール」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー44kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質3.3g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯製造者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.