Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒビールの限定醸造「ドライ プレミアム 豊穣 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」

 この日飲んだのは、アサヒビールの限定醸造「ドライ プレミアム 豊穣 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」。アサヒビールのプレミアムシリーズ「豊穣」の、ワールドホップセレクションだそうで、世界生産量1%未満の、ニュージーランド産モチュエカという品種が使われてるんだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、欅坂46 「不協和音」。

 グラスに注ぐと色は透明なゴールド。アロマは、軽やかで、ちょっと控えめな 、穀物系なホップの香りかな。
 飲むと、意外に口当たりはまったりで、ちょっとモルト感が軽くありつつ、枯れ草のような、穀物のようなホップのフレーバーを感じます。
 苦味は、それほど強くはないような気がしますが、かなり穏やかな余韻が残りますね。
 ホップの品種が……っていうのもあるでしょうが、なんというか、良い意味で、 アサヒビールらしくない 普通に飲める以外にじわりとおいしいビールのような気がしますね。嫌いじゃないです。

「ドライ プレミアム 豊穣 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」(限定醸造)
○原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
○アルコール分:6%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.3-0.8g,脂質0g,糖質2.9g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの限定醸造「ドライプレミアム 豊穣 贅沢初仕込」

 この日飲んだのは、アサヒの限定醸造「ドライプレミアム 豊穣 贅沢初仕込」。「国産麦芽・国産ホップ、国産米使用」って書いてあるので、国際原材料にこだわった商品のようですが、100%とは書いてないので、使用比率は不明。まあ、使用比率が少ないのに、「~使用」とか記載すると、いわゆる「優良誤認」を与えるとして問題になるので、有る程度の比率では使用されてるんだろうとは思います。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Perfume 「FLASH」。

 グラスに注ぐと、色は、透明な褐色。ややカーキ色っぽく、ハーブティーか何かを思わせる色です。アロマは、わずかにシリアルっぽいホップのものらしき香り。副原料っぽい香りも少しあるかも。
 飲むと、口当たりは意外にマイルドで、ボディはしっかりめのライト。モルトの甘味を意外に感じ、のど越しから後口には、控えめながらも苦味を感じます。
 穏やかながらもビールらしさもある感もあり、飲みやすくもあります。まあ、普通に美味しいというか、昔ながらの日本のビールといった感じではありますね。

「ライプレミアム 豊穣 贅沢初仕込」
○原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
○アルコール分:6.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー49kcal,たんぱく質0.3-0.8g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒビールの「スーパードライ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」

 この日飲んだのは、アサヒビールの「スーパードライ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、Disturbed 「Down With The Sickness」。

 グラスに注ぐと、色は、ほぼ真っ黒。アロマは、ほんのわずかに、香ばしい香りが…感じられるかな?そうでもないか。
 飲むと、炭酸刺激はそこそこで、香ばしいフレーバーが…と思ってたら、それほどでもなく、モルトの甘味もそれほどではありません。苦味は、感じられますが、濃色モルトによる苦味というよりも、ホップの苦味なのかな?
 後口には、ほんのわずかに、かすかに麦藁っぽいようなホップ的な香りが感じられるような気がします。ホップの方かよ。

 時間をかけて、温度がかなり上がってきた状態で飲むと、冷たいときよりは多少はモルトの甘味も強めに感じられるような気もします…が、それほどでも。
 ちなみによく見ると、缶には、「ビールホール仕立ての黒」の意味合いとして、「当社が考えるビアホールの黒ビールの味わいを目指したものです」と書いてあります。
 へぇ…。
 そのビールホールってのは、アサヒの黒生とかばかりサーブしてるビアホールなんでしょうな。かなりアサヒサイドに偏った主観的な印象ですね。
 余計なこと謳わなければ、ああアサヒの黒の新しいヤツ、少しはコクあるよね、くらいで済むのに。。

「スーパードライ ドライブラック ビアホール仕立ての黒」
○原材料:麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ
○アルコール分:5.5%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.1-0.5g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.3g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの限定発売「琥珀の時間(こはくのとき) -Dunkel Style Premium Beer-」
2016,08,01_blog
 この日飲んだのは、アサヒの限定発売「琥珀の時間(こはくのとき) -Dunkel Style Premium Beer-」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SKE48 「アイシテラブル!」。

 グラスに注ぐと、色は、透明感はあるけど暗い、僅かに赤みがかってる焦げ褐色。アロマは、香ばしい、濃色モルトの香りを少し感じます。

 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはちょいしっかりめのライト。
 モルトの甘味を感じ、それなりにまったりとイケるビールですね。

 デュンケルにしては、ややライトかな。モルト感はもうちょい強い方が、「デュンケルっぽい」かなと思います。何を作っても、ライトな感じになってしまうのは、やはりアサヒの“社風”なんですかね(笑)。
 あえて、やや室温に馴染ませ気味にして、モルト感が強く感じられやすくして飲んだのですが、モルト感はちょい物足りないかな。
 「欧州伝統の琥珀ビール」と書いてあります。“Dunkel Style ”とも書いてあるので、デュンケルを目指したのでしょうが、アサヒの“社風”なのか、モルト感がちょい物足りなく感じるのは、やはり、普通に副原料をバンバン使ってあるからのようですね。アサヒの“社風”は、ドイツのビアスタイルを謳う場合でも変わらないんですね。副原料(この場合は糖質充当用の副原料のこと)使用が全てイカンとは思わないですけど。
 まあ、一般消費者の大多数に受け入れられると判断されたモルト感の限度がこのくらいってことなのかもしれませんが…。

「琥珀の時間(こはくのとき) -Dunkel Style Premium Beer-」(限定発売)
○原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー46kcal,たんぱく質0.1-0.5g,脂質0g,糖質3.6g,食物繊維0-0.1g,ナトリウム0-8mg
○アルコール分:5%
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「ドライプレミアム豊穣」
2016,06,24_blog
 この日飲んだのは、アサヒの「ドライプレミアム豊穣」。
 ちなみ、この日のビールタイムのBGMは、SKE48 「青空片想い」。

 グラスに注ぐと、色は、透明で濃いめのゴールド。もしくは薄めのアンバーか。アロマは、シリアルっぽいホップの香りが少しと、ややモルトっぽい香りもします。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりめのライトから軽めのミディアムって感じ。アサヒのビールとは思えないくらい、モルトのコクをとても感じます。ホップのフレーバーも少し感じられつつ、意外に苦味もしっかりあったり。ただし、苦味の部分の味わいがペラッと薄い気がする辺りが、アサヒっぽいかな。

 アルコール分が6.5%と高めなので、そういう意味での飲み応えは十分かと。個人的には、高アルコールによる飲み応えはあまり求めてないのですが、アサヒが作った割には、モルト感がしっかりとしているような感がありますね。冬場向けの限定でないのがちょい不思議な感もありますが(笑)

「ドライプレミアム豊穣」
○原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー43kcal,たんぱく質0.4-0.8g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○アルコール分:6.5%
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.