FC2ブログ
Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アサヒの「スーパードライ瞬冷辛口」

 この日、飲んだのは、アサヒの「スーパードライ瞬冷辛口」。いかにも夏向きな商品を今ごろ飲んでレビュー載せるのもあれですが、まあその辺はすいませんね。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、TEARS OF TRAGEDY「Void Act」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマは、まあ、ホップっぽい香りが軽く香るかな。
 飲むと、ボディーはライトで、まあゴクゴクといく感じの、いつものスーパードライな感じ。瞬冷辛口とは言うものの、まぁ、グラスやカップに注いだ時点で、まぁ瞬冷でも何でもないんですけど。そもそも、ビールで「辛口」っていう表現が個人的に嫌いなので、まあ、どうなのかなと思いはするんですが…。
 まあ、スーパードライ的なビールかなとは思います(もうちょっとコメントやる気出せ)。

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口 瞬冷Dry」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー41kcal, たんぱく質0.1-0.5g, 脂質0g, 糖質2.5g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「グランマイルド」

 この日、飲んだのは、アサヒの「グランマイルド」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、SILENT SIREN「19 summer note.」。

 グラスに注ぐと、色は透明なゴールド。アロマはあまり感じないかな。わずかに、穀物っぽい感じのホップ的な香りがするような気もしますけど。
 飲むと、口当たりはマイルドで、結構しっかりとしたモルト感がありますね。モルトのコクが感じられつつ、それを追いかける形で、7%の高いアルコール分や、ホップのじわじわとくる苦味を感じます。
 やっぱり苦味の印象もあるけど、7%の高いアルコール分の印象が強いかな。さすがに、飲み応えは結構あります。
 アジフライを食べながら飲んでいましたが、ちょっと濃いもの食べるには、ややアルコールが強過ぎるかな。バランスが良くない感(結構、個人的な好みではありますが)。こういうものには、もう少しさっぱりしたビールの方がよかったかも。

「グランマイルド」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:7%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー47kcal, たんぱく質0.3-0.7g, 脂質0g, 糖質1.7g, 食物繊維0-0.2g, ナトリウム17mg
◯内容量:350ml
◯販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの限定醸造「Asahi DRY PREMIUM 豊醸 ワールドホップセレクション ドイツ産 希少ホップ マンダリナババリア使用」

 この日、飲んだのは、アサヒの限定醸造「Asahi DRY PREMIUM 豊醸 ワールドホップセレクション ドイツ産 希少ホップ マンダリナババリア使用」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、東京ゲゲゲイ「さよならダーリン」。

 グラスに注ぐと、色は、透明な褐色。濃いめのハーブティぐらいな感じの色ですね。 アロマは、ふんわりと上品で、わずかにシリアルっぽい、ホップの香りがとても控えめに感じられます。
 飲むと、意外にスムースな飲み口で、ボディはライト。軽いコクを感じつつ、それと同時に、そこそこしっかりとした苦味が感じられます。
 ホップのフレーバーも感じられはしますが、それだけで、ダイレクトに、ホップのフレーバーだけ楽しめるという飲み口ではないような気がします。
 ホップのフレーバーを邪魔しているのは、やはり副原料。飲んでいると、分かる人には分かるレベルで、(糖質充当)副原料を使ったことに由来すると 見られる、独特の印象が感じられます。結構、副原料感がありますね。
 確かに、限定醸造で、「ワールドホップセレクション」と謳って、ホップキャラクターを前面に押し出したような商品アピールにはなっているのですが、確かによく見れば、商品名は「Asahi DRY PREMIUM 豊醸」。つまりは、アサヒ(スーパー)ドライの延長線上にある商品ということなんでしょうね。オールモルトではなく、副原料として、米、コーン、スターチが使われています。
 個人的には、(糖質充当用の)副原料の使用については、極度に否定的というわけではないんですが、この商品について言うと、ホップの優しい香りを、副原料感が邪魔しているような気がして仕方がありません。。。ちょっと残念だね。

「Asahi DRY PREMIUM 豊醸 ワールドホップセレクション ドイツ産 希少ホップ マンダリナババリア使用」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
◯アルコール分:6%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー48kcal,たんぱく質0.3-0.8g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒの「スーパードライ ジャパンスペシャル」

 この日、飲んだのは、アサヒの「スーパードライ ジャパンスペシャル」。 スーパードライ発売30周年記念の、特別限定醸造商品で、 スーパードライ史上初の国産原料100%使用ビールだそうです。
 ちなみに、ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、乃木坂46(3期生)「僕の衝動」。

 グラスに注ぐと、色は、透明なゴールド。色は、スーパードライとも、そんなに変わらないかな。アロマは、わずかに穀物っぽく、かすかに副原料感も感じさせるような香りがあります。
 飲むと、取り立てて特徴的なフレーバーっていうものは感じられないかな。ちょっと穀物っぽいホップの香りがあるのは確かですが、モルトの味わいが特別強いというわけではないと思います。
 ただ、普通のスーパードライと比べると、アルコール度数が5.5%と、ほんのわずかに高いので、その辺の飲み応えやモルト感の強さはあるかもしれません。あくまでも、普通のスーパードライと比較したらの話ですが。
 苦味は感じられますが、それほど強いわけじゃないですね。 のど越しに、ちょっと苦味が感じられるくらい。後口には、ホップのフレーバーの余韻がちょっと残る感じ。飲んでるのフレーバーよりも、後口の余韻の方が、ホップ感は強いかな。

 スーパードライ史上初の「国産原料100%使用」なんだそうなので、まあそこがこだわりの部分なんでしょうかね。国産原料のこだわりの意味合いも分かるんですが、加工食品なんかの世界では、国産農産物の品種特性や加工適正が、必ずしもその加工食品にマッチしているとは限らないことも多いので、個人的には、そこまで国産原料100%使用にありがたみは感じないんですけど(安全性云々は別として)。まあ、これはこれで、スーパードライ発売30周年記念ということなので、それ以上に意味は無いんでしょうね。

「 スーパードライ ジャパンスペシャル」
◯原材料:麦芽、ホップ、米、スターチ
◯アルコール分:5.5%
◯栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー44kcal,たんぱく質0.1-0.5g,脂質0g,糖質3.1g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
◯内容量:350ml
◯販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アサヒビールの限定醸造「ドライ プレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」

 この日飲んだのは、アサヒビールの限定醸造「ドライ プレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」。アサヒビールのプレミアムシリーズ「豊醸」の、ワールドホップセレクションだそうで、世界生産量1%未満の、ニュージーランド産モチュエカという品種が使われてるんだそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、欅坂46 「不協和音」。

 グラスに注ぐと色は透明なゴールド。アロマは、軽やかで、ちょっと控えめな 、穀物系なホップの香りかな。
 飲むと、意外に口当たりはまったりで、ちょっとモルト感が軽くありつつ、枯れ草のような、穀物のようなホップのフレーバーを感じます。
 苦味は、それほど強くはないような気がしますが、かなり穏やかな余韻が残りますね。
 ホップの品種が……っていうのもあるでしょうが、なんというか、良い意味で、 アサヒビールらしくない 普通に飲める以外にじわりとおいしいビールのような気がしますね。嫌いじゃないです。

「ドライ プレミアム 豊醸 ワールドホップセレクション ニュージーランド産モチュエカ使用」(限定醸造)
○原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
○アルコール分:6%
○栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー45kcal,たんぱく質0.3-0.8g,脂質0g,糖質2.9g,食物繊維0-0.2g,ナトリウム0-8mg
○内容量:350ml
○販売者:アサヒビール株式会社
http://www.asahibeer.co.jp/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.