Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
大山Gビールの「デュッベル」 at 「食べ飲み放題専門店さんちぇ 中新地店」(9月8日開店)
 この日(10月某日)は、仕事で遅くなったので、ついでに寄り道しました。
 寄り道したお店は、広島市中区中新地に9月8日にオープンしたばかりの「さんちぇ」。店主の“ぱっち”は、広島のビアバーGolden Gardenのスタッフを経て独立。広島のサッカーチーム・サンフレッチェを応援するお店というコンセプトで中区白島に「鉄板焼さんちぇ」を開店して、この中新地の「さんちぇ」は2号店です。

 このお店は餃子が美味いのですが、まずはちょっと美味いと聞いたビールをいただきました。

 飲んだのは、鳥取県・大山Gビール(久米桜麦酒)の「デュッベル(DUBBEL)」。グラスに注ぐと、色は、濁りのある暗い褐色。アロマは、香ばしいモルトの香りと、酵母感のある優しい香りを感じます。飲むと、口当たりはとても優しく、まったりとした飲み口。モルトの甘味、そして、アルコール7.5%のなかなかのの飲み応え。7.5%は堪えます。

 じっくりとビールを飲みつつ、もちろん食べたのは餃子。店主オススメの食べ方がいくつかありますが、私が気に入ったのは、酢+コショウにつける食べ方。これがなかなか。さっぱりもしていて、餃子がすすみます。美味いす。

 美味い餃子と美味いビールを堪能した後は、“沈没”する前に、お店を後にして帰路につきました。開店してしばらくは、かなり場所がわかりにくかったのですが、最近は、建物の外に提灯が出ていたりするので、多少は分かりやすくなったかも。
 皆さんも、餃子とビール(そしてレモンチューハイ)を堪能するために、是非!

飲んだビール「デュッベル(DUBBEL)」(限定醸造)
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:7.5%
○内容量:330ml
○製造者:久米桜麦酒株式会社(鳥取県)
http://g-beer.jp/

【お店情報】「食べ飲み放題専門店さんちぇ 中新地店」
○場所:広島県広島市中区流川町4-3 中新地NHビル3F
○営業時間:18:00~23:00(この後の時間帯でBar営業も有)
○定休日:月曜日、日曜日
スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

夏の大阪旅2015その6 京町堀クラフトビア食堂 dig beer baR
【夏の大阪旅2015その6 京町堀クラフトビア食堂 dig beer baR】
 「molto」を出た頃には、既に夕方近くでしたが、もう1軒、夕方からしか空いてないお店に向かいました。電車とタクシーで時間を惜しみつつ移動し、訪問したのは、「京町堀クラフトビア食堂 dig beer baR」。ウッド調で、不思議な手作り感のある雰囲気のお店です。ちなみに、前日夜に訪問した「エニブリュ」の系列店だそうです。通りに面して窓があり、店内の様子が覗けたので入りやすかったです。
2015,08,27blog6-1
 店内の道路側手前の空間には、テーブル席がいつくかあり、さらにその奥にはカウンター席が見えました。カウンター席には、常連らしき“1人客が数人”いらっしゃいましたが、私も迷わずカウンター席に座りました。

 国内クラフトビールに海外の数銘柄を合わせて、合計で16種類の樽ビールが飲めるお店なので、メニューを見て、何を飲もうかなと迷っていると、ちょうど、常連らしきお客さんが、「フライト7」という、7種の樽生の飲み比べのセットを注文されてたので、私もそれを注文。16種類から7種類も選べるテイスティングセットは嬉しいですね♪
 とはいえ、16種からなので、なかなかに目移りします。結局、悩みながらも選んだのは、次の7種。
 (後列左から)(1)湘南ビール「サマーオレンジエール」、(2)うしとらブルワリー「ホップスマグラーセッションエール」、(3)ALPINE BREWING「NELSON」、(4)うしとらブルワリー「TAP72」、(前列左から)(5)SIERRA NEVADA「Pale Ale」、(6)うしとらブルワリー「やまももの香緒里」、(7)うしとらブルワリー「モトエイカーフロム五條」
2015,08,27blog6-2
 オーダーは、提供時のグラスの並びに反映される注文票(写真で手前に写ってる細長い紙切れ)に記入して行うので、飲みながら、どれがどのビールか分からなくなったりしないようになってます。これはなかなかいいシステムですね。
 気がつくと、うしとらブルワリーを4種類も選んでますが、7種も選べるので、結構楽しめます。テイスティングメモのデータが“失われてしまった”ので、それぞれの細かい感想は書きませんが、あるものは斬新な、あるものは香り高い、あるものは定番的に美味いビール達でした。
 そうこうしていると、7種を飲み干してしまったので、もう少し。もう1回「フライト7」にしても良かったのですが、既にかなり酔っぱらった感があったので、量的にも通常の注文の方がいいかなと思い、通常サイズ(小)で、スタウトと注文(痛恨にも銘柄を失念)し、つまみとしてピザを注文しました。
2015,08,27blog6-3
 ピザはサクサクで、具がジューシィで美味しかったです。ちなみに、ピザに付いて出てきた、“タバスコ(的なもの)”が、これまた美味かった。兵庫のターンムファーム合同会社ってとこで作ってるものだそうですが、スモーキーなフレーバーがあったりして結構美味かったです。もちろん、スタウトも美味しかったです(銘柄忘れたけど…)。

 スタウトを飲み干したところで、さすがに時間切れ。本当はまだまだ飲んでいたかったのですが、こればかりは仕方ありません。居心地も良かったし、ビール選びも楽しかった。フード美味しかったし、もっと長居したいお店でした。

 これにて、大阪セミナー旅は終了。新大阪駅から新幹線で大阪を後にしたのでした。ああ、楽しかったなぁ…。

【お店情報】「京町堀クラフトビア食堂 dig beer baR」
○所在地:大阪府大阪市西区京町堀1-12-31
○営業時間:17:30〜25:00(LOフード24:00、ドリンク24:30)
○定休日:月曜日(※月曜日が祝日の際は翌平日に振替)
○web:http://dig-beer.com/

夏の大阪旅2015その5に戻る) (夏の大阪旅2015その1に戻る

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

夏の大阪旅2015その5 BEER STAND molto!
【夏の大阪旅2015その5 BEER STAND molto! 】
 大阪旅の2日目、この日は朝から当初の目的であった某セミナーを受講し、その後、大阪市内を少しだけ散策。セミナーで活動開始が遅かったので、ウロウロしてたら、すぐに午後遅めの時間になってしまいましたが、頑張って移動して訪問したのは、阪急梅田ビルに隣接する(同じ?)「阪急三番街」の1階にあるお店「BEER STAND molto!」。こぢんまりとした、基本“立ち飲み”のお店です。
2015,08,27blog5-1
 時間が早かったということもあり、店内の客は私1人だけ。店内奥の方に陣取り、まず注文したのは、箕面ビールのピルスナー。歩き疲れた体に染み渡ります。
2015,08,27blog5-2
 急いで飲んだつもりはありませんでしたが、1杯目をすぐに飲み干してしまったので、2杯目を注文。2杯目に飲んだのは、たぶん、ベアードブルーイングの「シングルテイクセッションエール」。たぶん、というのは、実はよく覚えていないのです(笑)
2015,08,27blog5-4
 ちなみに、店内のメニュー看板を見ると、樽は5種類。この日は、私が飲んだ、箕面「ピルスナー」とベアード「シングルテイク~」の他に、ヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」と宮崎ひでじビールの「ダークラガー」、そしてキリン「ハートランド」がつながっていたようです。この他にも、冷蔵庫にはボトルのクラフトビールが何種類か入っていて、ここからも選べるようです。外の看板にもあるように、ワインの種類もあるようなので、いろいろ飲みたい人にもいいかも。
2015,08,27blog5-3
 フードも軽くつまめるものから、しっかりしたものまで、幅広くいろいろなメニュ ーがあるようです。仕事帰りにさっと立ち寄ったりしたいお店ですね。とても美味しそうなフードメニューが並んでいたのですが、時間の都合で注文できなかったのが残念でした。
 結局、飲むのに専念し、2杯ほど飲んだところで、限られた時間を有効に使うべく、次なるお店へと移動したのでした。この“こぢんまり感”は好きかも。ごちそうさまでした!

【お店情報】「BEER STAND molto!」
○所在地:大阪府大阪市北区芝田1-1-3阪急三番街南館1F
○営業時間:12:00〜14:00(LO)、17:00~24:30(LO)
○web:http://beerstandmolto.blog.fc2.com/

夏の大阪旅2015その4に戻る) (夏の大阪旅2015その6に続く)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

夏の大阪旅2015その4 The 2nd Vine 中百舌鳥の2軒目というかenibruの上階
【夏の大阪旅2015その4 The 2nd Vine 中百舌鳥の2軒目というかenibruの上階】
 中百舌鳥「エニブリュ」の次に訪問したのは、「エニブリュ」の系列店でもあるお店「The 2nd Vine」。実は、「エニブリュ」の上の階にあるお店で、「エニブリュ」スタッフの方に、入口まで送っていただきました(笑)
2015,08,27blog3-1
 店内は、「エニブリュ」とはうって変わって違う雰囲気。基本的にカウンターのみで、12~13席くらいでしょうか。ビアパブというよりも“バー”といった雰囲気で、クラフトビールのほか、各種ウィスキーなどもいろいろ揃えてありました。
ビールを2杯、大阪・箕面ビールの「こざるIPA」と、宮崎県・ひでじビールの「日向夏ラガー」をいただきました。
2015,08,27blog4-2
 日中からトータルすると、結構飲んでたので、こちらのお店では、2杯飲むのがやっと。
カウンターの向こうには、ウィスキーなどもたくさんあったので、ちょっとウィスキーも飲んでみたかったのですが、今回は残念ながら辿り着かず…。
 でも、常連さんっぽい方にお相手していただいたき楽しかったです。ごちそうさまでした♪
2015,08,27blog4-3
 「エニブリュ」そして「The 2nd Vine」で楽しく飲んで時間を過ごした後は、大阪市方面に向かう最終の1つ前の電車でホテルへと帰還しました。
 ちなみに案の定、寝過ごしてしまい、最終の電車に乗ったものの、おかしな駅で降りてしまい、夜中の街を歩いて帰る羽目になりましたとさ(笑)
2015,08,27blog4-1

【お店情報】「The 2nd Vine」
○所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町2-71 イルグランディ1F
○営業時間:月〜木18:00〜25:00(LO フード閉店1時間前、ドリンク閉店30分前)、金〜土18:00~26:00(LO月~木と同じ)
○定休日:日曜日
○web:http://2ndvine.com/

夏の大阪旅2015その3に戻る) (夏の大阪旅2015その5に続く

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

夏の大阪旅2015その3 eni-bru 中百舌鳥は遠かった
【夏の大阪旅2015その3 eni-bru 中百舌鳥は遠かった】
 新梅田のオクフェス会場を離脱した後は、軽く買い物などした後、地下鉄で南へと移動。ホテルにチェックインし、少し休んでから、さらに移動を始めました。
 再び地下鉄に乗り、さらに南へ…。大阪市から出て、堺市へ。着いた駅は、中百舌鳥駅(の終点)。大阪駅(梅田)から乗ると40分くらいかかるという、多地方の者には、なかなかに行きづらい場所です。中百舌鳥駅前は、コンビニと学習塾ばかりという印象でした。後で聞くと、中百舌鳥はベッドタウンなんだそうで、駅前はそれほど賑やかな感じではありません。終点というのもあり、電車を降りたお客さんは多かったですが、多くの人は、さらに地下鉄を乗り換えて、さらに遠方に帰っていくようですね。おつかれさんです。
2015,08,27blog3-2
 さて、中百舌鳥駅を出て、少しだけ歩くと、お目当てのお店はすぐに見つかりました。そのお店は、クラフトビールダイニング「エニブリュ」。店内は、ほどほどに賑わい、ちょうどカウンターが空いていたので、その端に座りました(※)。
(※ 翌日、同系列の某店で聞いたところ、普段の「enibru」はかなり混雑していて、この日は、数ヶ月ぶりくらいに珍しくのんびりとした日だったそうです)

2015,08,27blog3-4

 「エニブリュ」には、21種の樽ビールがあるようですが、さすがに21種も飲めないので、今回は4種類ほど頂きました。
2015,08,27blog3-3 1杯目京都麦酒・一期一会 
 まず1杯目に飲んだのは、京都麦酒醸造「一期一会」(セゾン)。ライトな飲み口で、これならサラッとイケる感じ。数十分電車で移動して乾いた体に染みますな。
2015,08,27blog3-5 2杯目SongBird・Blonde
 すぐに1杯目を飲み干した後は、フードも頂きながら、ついつい飲みすすめ、2杯目の千葉県・SONG BIRDの「Blonde」(ベルギーマナーで作ったセゾン的なビール)まですすっと飲んでしまいました。
2015,08,27blog3-6 3杯目鬼伝説・シシリアントマト
 3杯目に飲んだのは、北海道・鬼伝説の「シシリアントマト」。その名のとおり、トマトを使ったビールです。以前、ボトルのものを飲んだことはありますが、このビールに“樽”出荷があるってことが素に驚きでしたが(笑)。
 「シシリアントマト」は、バジルを効かせてあり、意外なスパイシーさ。口からトマトとバジルの風味が通り過ぎていった後、最後に、かすかにホップのフレーバーが残る感じ。お店スタッフさんによると、発酵前段階でトマトが投入され、ちゃんとトマト(糖度の高いフルーツトマト)の糖も一定アルコールになってるそうです。おもろいなぁ。
2015,08,27blog3-7 4杯目麦雑穀工房・キャッツアイ
 「エニブリュ」で最後(4杯目)に飲んだのは、埼玉県・麦雑穀工房の「キャッツアイ」。
レシピの配合ミスで出来たビールで、あえて残して、ビンテージが違うものを配合。絶妙な酸化でもいうのでしょか。ほんのわずかながら香ばしさもあるようで、微妙な酸味のようなものも感じられます。いいですな。

 まだまだ飲んでいたかったのですが、限られた時間の中、次なるお店が待っている。ということで、本当に名残惜しかったのですが、「エニブリュ」を後にしました。樽もたくさんで、ほんとはしばらく通いたいお店でした。志半ばで後にするのはとても残念…。
 ほんといいお店でした。ごちそうさまでした。

【お店情報】「エニブリュ(enibru)」
○所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁71 地下1階
○営業時間:営業時間→17:30~25:00(LO フード24:00、ドリンク24:30)
○web:http://eni-bru.com/

夏の大阪旅2015その2に戻る) (夏の大阪旅2015その4に続く

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.