Water Dragon's Diary II
日々飲んでるビールの感想などを書き綴る写真日記です (since 2005,7,31 これ以前は前身web日記から移植)
アメリカ・ACOUSTIC ALES BREWING EXPERIMENTの「LIVE IN BERLIN-ER GERMAN STYLE KETTLE SOURED BERLINER WEISSE」

 この日、飲んだのは、アメリカ・ACOUSTIC ALES BREWING EXPERIMENTの「LIVE IN BERLIN-ER GERMAN STYLE KETTLE SOURED BERLINER WEISSE」。なかなか個性的なラベルのビールですね。このACOUSTIC ALESは、2012創業の新しいブルワリーで、Ballast Point Brewingでの醸造経験を持つ職人が醸造長を務めているそうです。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、GARNiDELiA「ARiA」。

 グラスに注ぐと、色は、少し霞があるかな、というような、大体透明なカーキイエロー。アロマは軽快で、どこか遠くに酸味を予感させるような、サワー系ビールの香りです。
 飲むと、口当たりは柔らかいのですが、口に入れた瞬間から、しっかりと酸味を感じます。国産大手のビールに比べれば、モルト感はあるのですが、そのモルト感、甘味を上回るレベルで、しっかりと酸味を感じます。もちろん、苦味はほとんど感じられません。
 その酸味もあって、飲み口は軽く、 さっぱりと飲めます。酸味はしっかりですが、鋭い酸味ではないので、それなりにゆっくりとも飲めるかな。アルコール分は、3.8%とかなり低く、飲み口はかなり軽いです。アルコール分的な意味では、楽に飲めるビールではあります。まあ、サワービールを、この大瓶(650ml)の量飲むってのは、意外にきついかもね。サワービール好きな方はどうぞ。

「LIVE IN BERLIN-ER GERMAN STYLE KETTLE SOURED BERLINER WEISSE」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:3.8%
◯内容量:22 FL.OZ(1 Pint)(650ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:ビアキャッツ株式会社
(http://beercats.jp/)
◯製造者:ACOUSTIC ALES BREWING EXPERIMENT
(http://www.acousticales.com/)

スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・Caldera Brewingの「Mosaic India Pale Ale」

 この日、飲んだのは、アメリカ・Caldera Brewingの「Mosaic India Pale Ale」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、AKB48「ジャーバージャ」。

 グラスに注ぐと、色は濁りのある、僅かに暗めの褐色。アロマは、少しだけ香ばしい感じの香りもしつつ、ジューシーな、柑橘っぽく、南国の熟れた果実のようでもある香りを感じます。この辺りは、まさにMosaicホップのキャラクターですね。
 飲むと、 口当たりは柔らかく、モルトの甘味も意外にありつつ、しっかりと苦味も感じます。苦味は、そんなに極端にガツンとくるような感じではなく、意外に優しいです。
 飲み口も柔らかいので、全体的に優しい印象のIPAですね。なんつーか、まったりと美味いです。

「Mosaic India Pale Ale」
◯原材料:麦芽、ホップ(Mosaic)
◯アルコール分:6%
○内容量:12FL.OZ.(355ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:えぞ麦酒株式会社
http://www.ezo-beer.com
◯製造者:Caldera Brewing Company
http://www.calderabrewing.com

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・EX NOVO BREWING COMPANYの「ELIOT INDIA PALE ALE」

 この日、飲んだのは、アメリカ・EX NOVO BREWING COMPANYの「ELIOT INDIA PALE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、欅坂46「ガラスを割れ!」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、少し黄色っぽいというか、黄土色系な褐色。アロマは、とてもフレッシュ感のある、ジューシーな柑橘系のホップの香り。この段階で、これぞIPAって感じです。
 飲むと、口当たりは結構マイルドで、ボディーは、しっかりめのライトから、軽めのミドルくらいかな。
 モルト感は軽いのですが、まったりとした飲み口なので、ボリュームがある感じがします。軽やかで、ジューシーなホップのフレーバーを感じ、じわじわと、後からグイグイ効いてくる、ホップの強い苦味を感じます。
 IBU(ホップ成分由来の苦味数値)は65で、結構高め。確かに苦いす。
 アルコール分は6.6%と少し高めで、飲んでると、結構後から、高いアルコール分による温熱感というか、胃の辺りが温かくなってくるのを感じます。
 缶も大きく、1パイント入りなので、量的にも結構飲み応えがありますね。いい感じで、ほろ酔いになってしまいました。

「ELIOT INDIA PALE ALE」
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール分:6.6%
◯IBU:65
○内容量:1 pint(473ml)
◯原産国:アメリカ
◯輸入者:えぞ麦酒株式会社
http://www.ezo-beer.com
◯製造者:EX NOVO BREWING COMPANY
(http://www.exnovobrew.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・Rogue(OREGON BREWING)の「Deadguy Ale」

 この日は、お目当てのビールの樽が開栓されたとの情報を得て、仕事帰りに、一瞬だけ寄り道です。寄り道してまで飲んだのは、アメリカ・Rogue(OREGON BREWING)の「Deadguy Ale」。そういえば、スタイルはボックでしたね。
 グラスに注ぐと、色は、濁りのある、わずかに赤みがかった褐色。アロマは、清涼なホップの香りをやや控えめに感じます。
 飲むと、口当たりは柔らかく、ボディはしっかりめのライトくらい。ほんの少し、少しだけ、デーツか何かを思わせる甘いフレーバーを感じ、モルトの甘味、そして軽めの苦味を感じます。
 アルコール分は6.5%と強めで、飲み応えはありつつも、飲み口は、意外にあっさり。ある意味、危険だけど、飲みやすくて美味いです。
 かなり久しぶりに飲みましたが、美味いですね。つい、昔、初めて飲んだお店とか、いろいろと思い出に耽ってしまいました。

「Deadguy Ale」
◯アルコール分:6.5%
◯原産国:アメリカ
◯製造者: OREGON BREWING CO.
http://www.rogue.com/

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

アメリカ・BREWERY OMMEGANGの「GNOMEGANG BLONDE ALE」

 この日飲んだのは、アメリカ・BREWERY OMMEGANGの「GNOMEGANG BLONDE ALE」。
 ちなみに、この日のビールタイムのBGMは、BAND-MAID「DOMINATION」。

 グラスに注ぐと、色は、濁りがあり、少し澱もある、少しオレンジ色っぽくもある褐色。アロマは、 南国の果物を思わせる、フルーティーな香りです。酵母感もあります。
 飲むと、口当たりは比較的マイルドで 、ボディはしっかりめのライトから、軽めのミドルくらい。フレーバーは、アロマほどフルーティーさは感じられず、どちらかと言うと、酵母感や、アルコール感の方が、印象的です。
 モルトの甘味は感じられますが、それを上回るぐらい、ホップの苦味がしっかり効いています。苦味は強く、後口には、苦味の余韻が結構残ります。
 飲んだ時の液温が低かったせいか、最初はそれほどアルコール感は感じなかったのですが、ゆっくり飲んでいると、さすがに9%だけあって、じわじわと飲み応えを感じてきます。
 苦味が結構強いので、ごくごく飲むようなビールではないのですが、アルコール分が9%もあると、さすがにゆっくり飲まないといけないでしょうね。というわけで、苦味も楽しみつつ、じっくりまったりと飲んだのでした。

「GNOMEGANG BLONDE ALE」
○原材料:麦芽、ホップ
○アルコール分:9.5%
○内容量:12FL.OZ.(355ml)
○原産国:アメリカ
○輸入者:えぞ麦酒株式会社
http://www.ezo-beer.com
○製造者:BREWERY OMMEGANG
(http://www.ommegang.com/)

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ

copyright © 2005 Water Dragon's Diary II all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.